2021年06月14日

「子育てと仕事の両立支援に対する助成活動」 〜保育所・放課後児童クラブへの助成活動〜

1.名称
「子育てと仕事の両立支援に対する助成活動」 〜保育所・放課後児童クラブへの助成活動〜

2.締切期日
2021年6月30日(水)

3.事業内容、対象団体、助成額
●助成について
待機児童問題の解消に向け、保育所または放課後児童クラブの受け皿の拡大・質の向上、および保育所利用者の多様なニーズに対応した事業を推進する上で必要な環境整備に対し、助成を行う。

●助成対象及び助成金額
(1)休日・夜間保育事業、病児・病後児保育事業、
延長保育事業、一時預かり事業等に必要な設備の整備、備品の購入等に係る費用
1施設当たり上限額35万円
(2)放課後児童クラブの受け皿拡大や質の向上に必要な設備の整備、備品の購入等に係る費用
1施設当たり上限額20万円

4.応募資格
(1)休日・夜間保育事業、病児・病後児保育事業、延長保育事業、一時預かり事業等に必要な設備の整備、備品の購入等に係る費用
・以下のすべての条件を満たす事業者
@社会福祉法人・株式会社・特定非営利活動法人等の法人格を有していること
A以下のいずれかの施設を運営していること
a. 認可保育所
b. 地域型保育給付の対象となっている小規模保育施設
c. 地域型保育給付の対象となっている事業所内保育施設
d. 地域型保育給付の対象となっている家庭的保育施設
e.「認可外保育施設指導監督基準」に基づく保育施設
B休日・夜間保育事業、病児・病後児保育事業、延長保育事業、一時預かり事業等を実
施していること
※いずれかの事業実施で応募可
※新たにいずれかの事業を実施する場合、2022年4月末までに実施すること
※新型コロナウイルス感染症の影響で上記事業を取り止めている場合も応募可

(2)放課後児童クラブの受け皿拡大や質の向上に必要な設備の整備、備品の購入等に係る費用
・以下の条件を満たす事業者(法人格の有無を問わない(父母会・地域運営委員会等含む))
・「放課後児童健全育成事業実施要綱」に基づき、市町村からの委託事業・補助事業・
代行事業(指定管理者制度)等の事業形態をとっており、行政からの補助を得て、
放課後児童クラブの運営を行っていること

5.問い合わせ先
生命保険協会「子育てと仕事の両立支援」事務局
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル3階
電話:03-3286-2643

6.詳細情報
下記URL先をご覧ください
https://www.seiho.or.jp/activity/social/support/guideline/
---------------------------------------------------------------------
(スタッフ 野田)
posted by iCASC2 at 09:10| 補助助成

2021年06月07日

ボランティアグループ等が行う事業への助成

1.名称
ボランティアグループ等が行う事業への助成

2.締切期日
2021年6月30日 ※必着(FAXによる送信は不可)

3.事業内容、対象団体、助成額
●助成について
ボランティアグループ等が在宅高齢者または在宅障がい者等のために福祉活動や文化活動を行うために必要な費用または機器、機材、備品等を整備するための費用に対し助成する。(在宅高齢者・在宅障がい者等の家族のための福祉活動や文化活動を含みます。また、社会福祉法人等が行う在宅高齢者等への地域公益事業・生活支援事業(例.生活物品入手支援・配送等)を含みます。)

●対象となる事業または費用
A.在宅高齢者または在宅障がい者等の自助・自立の意欲を引き出し、または鼓舞する等その生活の支援・向上に資する事業・費用
B.在宅高齢者または在宅障がい者等と地域の人々が交流し支え合う、地域共生の仕組みづくり事業・費用(例.認知症カフェ、地域サロン、生活物品入手支援・配送等)
C.在宅高齢者または在宅障がい者等の福祉に関する活動をするために必要な機器、機材、備品等を整備する事業・費用

●助成対象
地域福祉活動を目的とするボランティアグループ及びNPO(法人格の有無は不問)
(在宅高齢者等への地域公益事業・生活支援事業を行う社会福祉法人を含みます。)

●助成金額
1件 10万円〜50万円 合計 1,800万円

4.問い合わせ先
〒143-0016
東京都大田区大森北1-17-4 太陽生命大森ビル
公益財団法人 太陽生命厚生財団 事務局
TEL・FAX:03-6674-1217

5.詳細情報
応募書類など詳細は下記HPをご覧ください。
http://www.taiyolife-zaidan.or.jp/promotion_recruitment/index.html
-------------------------------------------------------------------
(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 10:55| 補助助成

2021年06月04日

第3回 ソニー音楽財団 子ども音楽基金

1.名称
第3回 ソニー音楽財団 子ども音楽基金

2.締切期日
2021年6月1日(火)〜7月9日(金)17:00 必着

3.事業内容、対象団体、助成額
●助成について
公益財団法人ソニー音楽財団では、子どもたちが豊かな感性・すこやかに生きる力をはぐくむためには、音楽を通じた体験や活動が重要であると考えております。先進国でも相対性貧困などに起因する教育格差が社会問題となるなか、地域・環境・経済状況などに左右されることなく音楽に触れることのできる社会であることを目指して、当財団は 2019 年(令和元年)に「ソニー音楽財団 子ども音楽基金」を設立し、これまでに合計 27,813,143 円(延べ 53 団体/新型コロナウイルス被害支援含む)の助成を行いました。
当基金では、子どもたちへの教育を目的とした音楽活動に取り組んでいる団体の活動を支援し、助成を行うことで、子どもたちが心豊かに暮らすことのできる環境づくりをサポートいたします。これはSDGs(持続可能な開発目標/Sustainable Development Goals)で掲げられた「2030 年までに世界が達成すべき 17 の目標」のうちの 4 番目の目標である「質の高い教育をみんなに」に通じるものです。
当財団は、次世代のための教育支援の取り組みを積極的に行い、課題の解消に向けて寄与してまいります。

●対象となる団体およびその活動
・日本国内の、原則として 18 歳未満の子どもを対象に、音楽 *を通じた教育活動に取り組んでいる国内の団体およびその活動。
*ここでいう音楽とは、原則としてクラシック音楽およびそれに準ずるものとします。
・法人格を有する団体。または、法人格を有しないが、活動を実施するための体制が整っている団体(グループ・サークル・実行委員会などを含む)が行う活動。

●助成額
・支給する助成金は、1 団体につき 10 万円〜300 万円(年度毎)とします。
・活動内容や活動規模および申請額に基づき金額を決定します。

4.問い合わせ先
〒102-8353 東京都千代田区六番町 4-5 SME 六番町ビル
公益財団法人ソニー音楽財団 子ども音楽基金 係
Eメール: kok@sonymusic.co.jp
※電話・ファックスでのお問い合わせには対応していません

5.詳細情報
応募書類など詳細は下記HPをご覧ください。
https://www.smf.or.jp/kok/application/
-------------------------------------------------------------------
(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 15:40| 補助助成

地域助け合い基金

1.名称
地域助け合い基金

2.締切期日
常時受付。基金の範囲内で、配分は随時行います。

3.事業内容、対象団体、助成額
●助成について
 新型コロナウイルスの感染拡大により、私たちは当たり前にあった人と人との交流を遮断することが求められました。支援が必要な方の地域における孤立はさらに深刻となり、これまでにも増して助け合い活動が必要という声が全国で挙がっています。こうした状況に様々な工夫で応え、その助け合いを今後につなげて、さらに発展させていくことは明るい未来を拓くために決定的に重要であると考えています。
そのため、必要な資金を全国からのご寄付として募り、助け合い活動を行う皆様へお渡しする助成を行います。ぜひご応募をお待ちしております。

●対象となる活動
対象とする活動
共生社会を推進するための助成として、地域で暮らす人同士の助け合い活動(つながりづくりを目的とした居場所や地域活動を含みます)を対象とし、新たに団体を設立する場合のほか、新たに活動を広げる場合やコロナ禍に対応して特別な助け合い活動を行う場合も含みます。
高齢者、子ども、認知症、障がい、生活困窮の方々、刑余者、外国人、ケアラーの支援他、分野は問いません。ただし、日本国内の活動に限ります。
行政が弱者支援のため助成している費用、他から助成を受けた費用および本来自己負担すべき費用であってそれが可能なものについては、対象となりません。

●助成額
助け合い活動の開始、維持、発展のため具体的に必要とする額。ただし、上限は 15 万円。

●助成の対象
法人格の有無は問いません。個人による活動を含みます。

4.問い合わせ先
公益財団法人さわやか福祉財団
〒105-0011 東京都港区芝公園2−6−8 日本女子会館7階
電話 03(5470)7751 FAX 03(5470)7755
E-mail:mail@sawayakazaidan.or.jp(応募書類の送付先アドレスとは異なりますのでご留意ください)

5.詳細情報
応募書類など詳細は下記HPをご覧ください。
https://www.sawayakazaidan.or.jp/covid19-donate/
-------------------------------------------------------------------
(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 15:39| 補助助成

2021 年度 特定活動助成

1.名称
2021 年度 特定活動助成

2.締切期日
2021年7月30日(金)午後5時必着

3.事業内容、対象団体、助成額
●助成について
近年、国内では地震や豪雨などの自然災害が相次いで発生し、地域の復興や生活再建とともに、被災した人々の心のケアの必要性が指摘されています。
また、少子高齢化・人口減少が進む現代は、高齢者の孤立や、青年・壮年の引きこもり、孤立した育児や介護など特有の課題があり、新型コロナウイルス感染症の発生は状況をさらに深刻化させています。さまざまな困難に直面する人々の話を親身に聴き、心の奥からこぼれてくる思いを受け止める「傾聴ボランティア」が、ますます求められています。
全国で心のケアのための傾聴ボランティア活動をしている団体に助成致します。

●対象
心のケアのための傾聴ボランティアとして活動をしている団体
(自然災害の被災者をはじめコロナ禍で困難な状況にある人等を傾聴)

上記の団体のうち次の二つの条件を満たす団体を対象とします。
 i) 応募に際して、地元社会福祉協議会の推薦を得ること。   
 ii) 団体として、既に一年以上の活動実績があること。  

●助成期間および金額
最長3年間。年50 万円を上限としますが、助成額については活動内容により査定します。
継続助成につきましては、経過報告を重視して決定します。

4.問い合わせ先
公益財団法人ユニベール財団
〒160-0004 東京都新宿区四谷2-14-8 YPCビル5階
Tel. 03-3350-9002  Fax. 03-3350-9008

5.詳細情報
応募書類など詳細は下記HPをご覧ください。
https://www.univers.or.jp/index.php?civilactgrant
-------------------------------------------------------------------
(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 15:38| 補助助成

2021年05月23日

ウィーン・フィル&サントリー音楽復興基金

1.名称
ウィーン・フィル&サントリー音楽復興基金

2.締切期日
2021年7月9日(金)消印有効

3.事業内容、対象団体、助成額
【対象団体】
・2021年11月1日〜2022年10月31日に日本国内で行われるクラシック音楽を主体とす
る演奏活動、音楽普及活動等が対象です。(プロ・アマ・国籍は問いませんので、幅
広くご応募ください。)
・収益金を寄付する目的のチャリティ公演は対象となりません。
・本助成は、立案された企画に対して助成金を援助するものであり、助成金で全活動
を運営することを目的にした企画は、対象となりません。

【助成額】
年間総額1,000万円を予定。

4.問い合わせ先
〒107-6022 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル22階 私書箱509号
サントリー芸術財団「音楽復興祈念賞」事務局

その他不明な点は、事務局まで電話・FAXにて。
電話:03-3582-1355 FAX:03-3582-1350

5.詳細情報
https://www.suntory.co.jp/sfa/fund/prayer/

------------------------------------------------------------------------------------
(スタッフ 野田)
posted by iCASC2 at 09:35| 補助助成

2021年05月15日

Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs

1. 名称
Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs

2. 締切期日
21年7月16日〜2021年7月30日

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
●事業内容
 社会において重要な役割を果たすNPO/NGOが持続発展的に社会変革に取り組めるよう、SDGsの大きな目標である「貧困の解消」に向けて取り組むNPO/NGOを対象に、「海外助成」「国内助成」の2つのプログラムで、組織課題を明らかにする組織診断や、具体的な組織課題の解決、組織運営を改善するための組織基盤強化の取り組みに助成します。

●対象団体
・民間非営利組織であること
・団体設立から3年以上であること
・日本国内に事務所があること
・有給常勤スタッフが1名以上であること

●助成対象事業
 第三者の多様で客観的な視点を取り入れた組織基盤強化の取り組みを助成対象とし、次の2つのコースを設けて応援します。
・「組織診断から始めるコース」
1年目に組織診断によって組織の優先課題と解決の方向性を明らかにした上で組織基盤強化計画を立案し、2年目以降に組織課題の解決や組織運営の改善に取り組むコース
・「組織基盤強化コース」
既に組織の優先課題と解決の方向性が明らかとなっており、立案した組織基盤強化計画に基づいて、1年目から具体的な組織課題の解決や組織運営の改善に取り組むコース

●助成金額
・「組織診断からはじめるコース」:1団体への上限100万円(1年目)
・「組織基盤強化コース」:1団体への上限200万円(毎年)

4. お問い合わせ先
パナソニック株式会社 CSR・社会文化部
〒105-8301 東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル
TEL:03-3574-5665 / 担当:東郷・細村

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
https://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/npo_summary/2021_recruit.html
-----------------------------------------------------------------------------------------
(スタッフ 野田)
posted by iCASC2 at 18:01| 補助助成

2021年 社会福祉事業自動車購入費助成

1.名称
 2021年 社会福祉事業自動車購入費助成 

2.締切期日
 2021年6月1日(火)〜2021年7月9日(金)

3.事業内容、対象団体、助成額
● 事業内容
 「自動車購入費助成」では、障害の有無にかかわらず、すべての人が地域の中でとも
 に支えあいながら暮らすことのできる社会づくりの一助となるべく、自動車を購入す
 る費用を助成

● 対象団体
 ・特定非営利活動法人
 (インターネット申請が可能な団体)
 ・ 主として障害者の福祉活動を行う団体

● 助成額
 自動車購入費 1件120万円まで

4.問い合わせ先
 公益財団法人SOMPO福祉財団
 https://www.sompo-wf.org/contact.html

5.詳細情報
 下記URL先をご覧ください
 https://www.sompo-wf.org/jyosei/jidousya.html

--------------------------------------------------------
(スタッフ 野田)
posted by iCASC2 at 11:32| 補助助成

あしたのまち・くらしづくり活動賞

1.名称
 あしたのまち・くらしづくり活動賞

2.締切期日
 令和3年7月5日(金)

3.事業内容、対象団体、助成額
●対象団体
 地域住民が自主的に結成し運営している地域活動団体、または、地域活動団体と積極的に連携し
 て地域づくりに取り組む企業、商店街、学校等。活動に2年以上取り組み、大きな成果をあげて
 活動している団体。活動範囲については、市区町村地域程度までを範囲に活動している団体を対 
 象。

● 表彰(予定)
 内閣総理大臣賞 1件(賞状・副賞20万円)
 内閣官房長官賞 1件(賞状・副賞10万円)
 総務大臣賞   1件(賞状・副賞10万円)
 主催者賞    5件(賞状・副賞5万円)
 振興奨励賞   20件(賞状)

4.問い合わせ先
 (公財)あしたの日本を創る協会 
 〒113-0033 東京都文京区本郷2−4−7 大成堂ビル4階
 http://www.ashita.or.jp/

------------------------------------------------------------------------------------

(スタッフ 野田)
posted by iCASC2 at 11:29| 補助助成

ゴールドマン・サックス 地域協働型子ども包括支援基金

1.名称
 ゴールドマン・サックス 地域協働型子ども包括支援基金

2.締切期日
 2021年6月7日 (月) まで ※必着

3.事業内容、対象団体、助成額
●事業内容
 <助成タイプA>
 「地域協働型子ども包括支援」を地域特性に即して、継続して実践していくための体
 制構築と組織基盤強化を、3年間にわたり支援することを目的
 <助成タイプB>
 本助成プログラムは、「地域協働型子ども包括支援」を地域特性に即して実践してい
 くために、子どもと地域の中で「出会い・繋がり・支える」のいずれかに繋がる、既 
 存の子ども支援活動の強化や新規支援拡充をサポートすることを目的

●支援内容
 <助成タイプA>
 1団体あたり年間上限600万円(最大2年半で計1800万円を上限)
 地域の中で子どもと出会い・繫がり・支える、包括的な支援の実践的な取り組みを継 
 続して行うための体制構築を、Learning for Allが伴走しながらサポート
 <助成タイプB>
 1団体あたり年間上限200万円(単年度助成)
 申請時に選択した取り組み内容に合わせて、NPO法人Learning for Allが必要に応じて
 サポートを提供
 
●支援対象
 ・NPO法人、一般社団法人、社会福祉法人、公益法人などの非営利組織を対象
 ・子ども支援分野での活動実績が3年以上ある
 ・対象とする地域での活動実績が1年以上ある

4.問い合わせ先
 公益財団法人パブリックリソース財団
 電話:03-5540-6256 (月〜金 10:00〜17:00) FAX:03-5540-1030

5.詳細情報
 応募書類など詳細は下記HPをご覧ください。
 https://www.info.public.or.jp/gs-kodomo-hokatsu-a

-------------------------------------------------------------------
(スタッフ 野田)
posted by iCASC2 at 11:27| 補助助成

2021年05月14日

コロナ禍の住宅支援事業〜持続可能な支援付住宅システム提供の創造〜

1.名称
 コロナ禍の住宅支援事業〜持続可能な支援付住宅システム提供の創造〜

2.締切期日
 2021年4月30日 (金) 〜 6月30日 (水) まで ※必着

3.事業内容、対象団体、助成額
●支援内容
 本事業は、コロナ禍において住まいを失った人に対し、「住まい」と「自立支援」をセットで提供するビジネスモデルを確立することを目的とします。そのために、以下の側面から支援を行います。
 (1)資金助成 居住施設の取得(購入・改修・建替え)に要する費用
 (2)非資金的支援
  1.専門家アドバイザーによる事業推進のための支援
   支援付き住宅の建設及び経営、人的サービスに関する専門的なアドバイザーを派遣し、
  支援付き住宅事業の立ち上げと継続的な事業化を支援します。
  2.企業の職場募金からの寄付による支援
   職場募金用I Tシステムを構築し、企業連携の元、事業期間内に募金キャンペーンを実施し、
  事業終了後も持続可能な資金獲得の環境づくりを支援します。
  3.事業評価支援
   実行団体が行う事前評価、事後評価についての支援を行う。

●支援対象
 生活再建に向けた支援活動の実績が3年以上ある団体で、コロナ禍で失業等により住まいを失った方に住宅を提供している、法人格を持つ非営利組織の団体(NPO法人、社会福祉法人、社団・財団法人など)

●助成額
 社会福祉法改正後の最低基準等に対応するための住居施設の購入・改修・建替えに要する費用に対して、1 団体あたり 5,000 万円〜1 億円を助成します。

4.問い合わせ先
 公益財団法人パブリックリソース財団【資金分配団体】
 事務局(担当:松本、鎌田)
 電話:03-5540-6256 (月〜金 10:00〜17:00) FAX:03-5540-1030
 E-mail:kyumin.corona-kinkyu.jutaku@public.or.jp / URL:http://www.public.or.jp

5.詳細情報
 応募書類など詳細は下記HPをご覧ください。
 https://www.info.public.or.jp/kyumin-corona-kinkyu-jutaku

-------------------------------------------------------------------
(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 10:00| ★新型コロナウィルス関連

2021年05月13日

2021年度(第47回)社会福祉助成金募集要項

1.名称
2021年度(第47回)社会福祉助成金募集要項

2.締切期日
2021年5月17日(月)〜6月30日(水)(6月30日消印のものまで有効)

3.事業内容、対象団体、助成額
●事業内容
丸紅基金は、わが国の福祉の向上に資することを目的として、1974年に丸紅株式会社(以下、「丸紅」)の出捐により設立され、今年度で設立47年目を迎えました。1975年より、全国の社会福祉活動に従事する施設・団体に対し、毎年総額1億円の助成を継続しており、昨年度までの助成累計は、2,705件、46億5,000万円となっています。

●助成の対象
当基金の助成は、わが国における社会福祉事業(福祉施設の運営、福祉活動など)を行う民間の団体が企画する事業案件で、次の条件を具備するものを対象とします。
(1)申込者(実施主体)は、原則として非営利の法人であること
(ただし、法人でない場合でも3年以上の継続的な活動実績があり、組織的な活動を行っている団体は対象とする)
(2)明確な目的を持ち、実施主体、内容、期間が明らかであること
(3)助成決定から1年以内に実施が完了する予定のものであること
(2021年12月から2022年11月末の1年間に、申込案件が実施・完了される事業が対象)
(4)一般的な経費不足の補填でないこと
(5)申込案件に、国や地方公共団体の公的補助がないこと、また他の民間機関からの助成と重複しないこと

●助成金額・件数
助成金総額は1億円を目処とし、50件以上の助成を行います。
助成申込金額は限定しませんが、1件当りの助成金額は200万円を上限とします。

4.問い合わせ先
社会福祉法人 丸紅基金
〒100−8088
東京都千代田区大手町1−4−2
電話 : 03-3282-7591/7592 FAX : 03-3282-9541
E-mail: mkikin@marubeni.com
HP : https://www.marubeni.or.jp/

5.詳細情報
応募書類など詳細は下記HPをご覧ください。
https://www.marubeni.or.jp/topics/entry-70.html
-------------------------------------------------------------------
(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 15:59| 補助助成

ファイザープログラム 心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援

1.名称
ファイザープログラム 心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援

2.締切期日
2021年6月14日(月)〜6月28日(月)【必着】

3.事業内容、対象団体、助成額
●助成対象団体の要件について
下記の要件を満たした団体に限ります(個人は対象となりません)。
@ 民間の非営利団体であること(法人格の種類や有無を問わない)。
A 市民や患者・障がい者が主体的に参加して活動する団体であること。
B 日本国内に活動拠点があり、原則として 2 年以上の活動や研究の実績があること。
C 目的や活動内容が特定の政治・宗教などに偏っておらず、反社会的勢力とは一切関わっていないこと。
*適用法令・医薬品業界内ルール・弊社社内規程などに照らして不適格と判断される場合や、弊社ビジネスへ
有利な影響をもたらす可能性があると判断される場合には、助成対象とはなりません。この点、予めご了承ください。

●助成金額と助成の対象となる費目
1 件あたり助成金額は 50 万円〜 300 万円とし、今年度の助成総額は 1,500 万円を予定しています。
助成の対象となる費目は、プロジェクトの実施に必要な経費で、人件費や事務局諸経費も対象とします。
(詳しくは、「応募企画書作成の手引き」をご確認ください)

4.問い合わせ先
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町 1-4-3 日本橋 MI ビル 1 階
特定非営利活動法人 市民社会創造ファンド ファイザープログラム事務局 担当:山田・坂本
E-mail:pfp@civilfund.org
※お問い合わせについては極力E-mailにてお願いいたします。
TEL:03-5623-5055(月曜日〜金曜日(祝祭日をのぞく)10:00 〜 17:00)

5.詳細情報
応募書類など詳細は下記HPをご覧ください。
https://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/philanthropy/pfizer_program/announce/index.html
-------------------------------------------------------------------
(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 09:53| 補助助成

2021年05月08日

2021年度 社会福祉事業 NPO基盤強化資金助成「住民参加型福祉活動資金助成」

1.名称
2021年度 社会福祉事業
NPO基盤強化資金助成「住民参加型福祉活動資金助成」

2.締切期日
2021年6月1日(火)〜6月15日(火)17時まで

3.事業内容、対象団体、助成額
・公益財団法人SOMPO福祉財団では、福祉および文化の向上に資することを目的に、主として障害児・者、高齢者などを対象として活動するNPOの支援、社会福祉の学術文献表彰、学術研究・文化活動の助成などを実施しています。
・「住民参加型福祉活動資金助成」では、地域における高齢者・障害者・子ども等に関する複合的な生活課題に、地域住民が主体となって、包括的な支援を行なう活動に必要な資金を助成します。

【対象団体】
・5人以上で活動する営利を目的としない団体(法人格の有無は問いません。)
ただし、社会福祉法人は除きます。
・地域における高齢者・障害者・子ども等に関する複合的な生活課題に、地域住民が主体となって、包括的な支援を行なう活動

【助成額】
1団体30万円を上限(総額700万円を予定) 
※ 昨年度よりさらに助成金額の総額を増額しています。
※選考において、申請金額を減額して助成を決定する場合があります。

4.問い合わせ先
公益財団法人SOMPO福祉財団
https://www.sompo-wf.org/jyosei/juminsankagata.html

------------------------------------------------------------------------------------

(スタッフ 野田)
posted by iCASC2 at 19:31| 補助助成

2021年05月01日

第17回 住まいのまちなみコンクール

1.名称
第17回 住まいのまちなみコンクール

2.締切期日
2021年5月1日(土)〜8月31日(火)必着

3.事業内容、対象団体、助成額
●応援対象
30戸以上(※1)の戸建て住宅を中心に構成され、良好な景観が形成されている一体的な住宅地(※2)において、
概ね10年以上(※3)にわたって住民主体で適切な住まいのまちなみの維持管理活動を行っている団体。
※1やむを得ない事情がある場合は概ね20戸以上でも可とします。
※2伝統的建造物群保存地区を除きます。
※3他団体としての活動を継承している場合、通算の年数とします。また、以下に例示するような新しい社会的課題に対応した先進的なまちなみづくりが行われている場合、活動期間は問いません。
(新しい社会的課題[例示])低炭素、健康福祉、防災・防犯、高齢化対応、子育て支援、空家・空地の利活用、住み替え支援、農ある暮らし、など

●応募資格
地域の維持管理活動を行っている団体であること。たとえば町内会、自治会、管理組合、建築協定に基づく運営委員会、地域NPOなどです。
法人格の有無は問いませんが、活動の根拠となる規約などが文書化されていること。

●支援額
50万円(1団体・1年あたり)を3年間、維持管理活動の推進のために支援します。

4.問い合わせ先
一般財団法人住宅生産振興財団内 住まいのまちなみコンクール事務局 担当:遠藤・石川
〒105−0001 東京都港区虎ノ門3-11-15 SVAX TTビル5階
(TEL) 03-5733-6733 (FAX) 03-5733-6736
(e-mail) contest@machinami.or.jp

5.詳細情報
応募書類など詳細は下記HPをご覧ください。
https://www.machinami.or.jp/pages/contest_guideline17.shtml
-------------------------------------------------------------------
(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 16:51| 補助助成

2021年04月28日

居場所を失った人への緊急活動応援助成 第3回公募

1.名称
居場所を失った人への緊急活動応援助成 第3回公募

2.締切期日
2021年5月10日(月)23時59分必着

3.事業内容、対象団体、助成額
●事業内容
新型コロナウイルスの影響により、孤立が加速化し、居場所が失われた人や経済的困難に陥った人たちに対する次のような支援活動(事業)で、新しい生活様式に配慮しながら、多機関連携や協働により展開されるものを対象とします。
○相談支援活動 例:DV/虐待/女性/子ども若者相談支援、その他民間相談支援
○居場所支援活動 例:DV、虐待被害者へのシェルター提供
○居住支援活動 例:居住支援など
○学習支援活動 例:対面やオンラインでの学習支援
○外国ルーツ支援活動 例:外国ルーツの人たちへの支援
○生活支援活動 例:生活必需品の提供など
○食支援活動 例:フードパントリー/バンク
○中間支援活動 例:活動する団体の場づくり/課題把握
○その他緊急支援活動 例:緊急的な相談支援、生活支援(食事・居住)

●対象団体
・社会福祉・地域福祉の推進を目的とする非営利の団体(法人格の有無は不問)
・応募時点で団体が設立されており、助成対象活動(事業)の実施体制が整っていること(活動年数は不問)
・反社会的勢力および反社会的勢力と密接な関わりがある団体でないこと
※反社会的勢力に該当する団体とは、暴力団、暴力団員(暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者を含む。)、暴力団準構成員、暴力団関係企業その他の反社会的勢力が助成対象事業の運営等に関与していると認められる団体をいいます。

●助成額
・1事業あたりの助成上限額は 300 万円とします。
・第 3 回助成総額は 6,000 万円を予定しています。
・公的な補助や他の団体による助成を受けていない活動(事業)を対象とします。
ただし、他の助成を受けていても、経費の明確な区分が行われることを条件に応募できるものとします。
・本助成第 2 回または「外国にルーツがある人々への支援活動応援助成」を受けた団体については、当該助成事業と期間が重複しない場合又は当該助成事業と異なる内容の事業で申請する場合については申請可とします。
・寄付の状況によっては、第 4 回目以降の助成公募を行う可能性があります。

4.問い合わせ先
社会福祉法人 中央共同募金会 基金事業部
居場所を失った人への緊急活動応援助成担当宛
電 話:03-3581-3846
E-mail:kikin-oubo2@c.akaihane.or.jp

5.詳細情報
応募書類など詳細は下記HPをご覧ください。
https://www.akaihane.or.jp/news/18510/

-------------------------------------------------------------------
(スタッフ 魚住)
posted by iCASC2 at 09:49| ★新型コロナウィルス関連

2021年04月25日

Yahoo!基金 2021年度 コロナ禍における困窮者支援活動助成

1.名称
Yahoo!基金 2021年度 コロナ禍における困窮者支援活動助成

2.締切期日
2021年5月20日(木)

3.事業内容、対象団体、助成額
●事業内容
日本国内において新型コロナウイルス感染症の影響により経済的な負担を抱えている人々や、深刻化している暴力による被害(DV、性暴力、性的搾取、児童虐待など)、生活困窮・社会的孤立に関連した活動を行っている団体やプロジェクトに対し、助成を行います。

●助成対象期間
2021年4月1日(木)〜2021年11月30日(火)

●対象団体
以下すべてを満たす団体
・非営利かつ公益に資する活動を行う法人又は任意団体
・日本国内に本拠地をおく団体
・政治・宗教活動を目的としない団体
・反社会的勢力と一切関わりがない団体

●助成額
1団体あたり助成額上限100万円

4.問い合わせ先
下記URL先のお問合せフォームよりお願いいたします。
https://form-business.yahoo.co.jp/claris/enqueteForm?inquiry_type=kikin_josei_inquiry_10141

5.詳細情報
下記URL先をご参照ください。
https://kikin.yahoo.co.jp/support/life.html
----------------------------------------------------------------------
(スタッフ 野田)
posted by iCASC2 at 09:47| ★新型コロナウィルス関連

2021年04月18日

公園・夢プラン大賞2021

1. 名称
公園・夢プラン大賞2021

2. 締切期日
2021年9月30日(水)
3. 事業内容と対象団体と補助・助成
  〜公園で「実現した夢」「やりたい夢」を募集しています!〜

「実現した夢」部門
公園で行われ 皆さんの「夢の実現」となった 素敵なイベントや活動を募集します。

●応募条件
・過去5年間(2017年1月1日以降)に、公園で実現されたイベントや活動とします。
・イベントや活動の主催者は問いませんが、市民が主体となり実施したイベントや活動とします。
・個人・グループ・団体・企業を問わず、どなたでも応募できます。
・自薦・他薦は問いません(他薦の場合は、イベントや活動実施者の了解を得てください)
・過去に「公園・夢プラン大賞」に応募したイベントや活動も応募できます(入賞・入選プランを除く)

「やりたい夢」部門
公園で「やってみたい」「できたらいいな」という楽しいイベントや活動のアイデアを募集します。

●対象団体
・どなたでも応募できます
・応募プランは、実際に公園のイベントとして実現することがあります。
・応募プランの実現に際しては 内容の一部が変更される場合があります。
・指定管理者等、公園管理に携わる方のアイデアも大歓迎です。

4. お問い合わせ先
一般財団法人公園財団 公園管理運営研究所
TEL 03-6674-1188
FAX 03-6674-1190
専用アドレス yumeplan@prfj.or.jp

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
https://yumeplan.prfj.or.jp/index.html

---------------------------------------------------------------------
(スタッフ 野田)
posted by iCASC2 at 15:08| 補助助成

2021年04月10日

2021年度 ビジネスパーソンボランティア活動助成

1.名称
2021年度 ビジネスパーソンボランティア活動助成

2.締切期日
2021年4月1日(水)〜2021年5月25日(月) (当日消印有効)

3.事業内容と対象団体と補助・助成
ビジネスパーソンのボランティア活動を支援することにより、ビジネスパーソンのボランティア活動の振興と社会福祉の向上に寄与することを目的とする。

●テーマ
(1)高齢者福祉に関するボランティア活動
(2) 障がい者福祉に関するボランティア活動
(3) こども(高校生まで)の健全な心を育てる交流ボランティア活動
ただし、少年野球・サッカー等のスポーツ活動や通常のこども会活動は除く。
いずれも目的、計画等が明確な日本国内での無償の活動とする。

●対象団体
社会福祉の推進に役立つボランティア活動を行っているか、または行おうとするビジネスパーソン(会社員、団体職員、公務員、経営者・個人事業主)が80%以上のグループ(NPO法人を含む)。
ただし、過去5年以内に当財団の助成を受けたグループは除く。

●助成金額
1件 原則10万円。 特に内容が優れている場合は20万円限度で助成。
直接ボランティア活動に要する費用とし、グループの事務所家賃、事務用パソコンの購入費用、ボランティアメンバーの飲食費および日当・謝礼は助成の対象としない。

4.お問い合わせ先
〒550-0002 大阪市西区江戸堀1丁目2番1号 大同生命大阪本社ビル内
公益財団法人 大同生命厚生事業団 事務局
TEL(06)6447-7101 FAX(06)6447-7102

5.詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.daido-life-welfare.or.jp/subsidize/volunteer/step2.htm

---------------------------------------------------------------------
(スタッフ 野田)
posted by iCASC2 at 13:25| 補助助成

アジア・市民交流助成

1.名称
アジア・市民交流助成

2.締切期日
2021年4月4月1日〜2021年9月15日

3.事業内容、対象団体、助成額
・事業内容
日本と東南アジア諸国の人々が主体となって実施される、国境を越えた人の移動を伴わない共同事業を対象に、経費の一部を助成します。

・対象団体
 ・日本に活動拠点を置く団体であること。
 ・申請団体名義の国内銀行口座を保持していること。又は助成金の受諾までに開設できること。

・助成額
下記A〜Dの項目について、経費の一部(1案件あたり200万円未満)を助成します。
A 国内旅費(長距離交通費、宿泊費)
B 謝金(翻訳、通訳、講演)
C 会場・機材使用料
D 広報費・資料作成費
E 運営管理費(上限10%)

4.問い合わせ先
独立行政法人 国際交流基金
アジアセンター 文化事業第2チーム アジア・市民交流助成担当
電話:03-5369-6025
Eメール:jf-toiawase@jpf.go.jp

5.詳細情報
https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/people-to-people/
--------------------------------------------------------------------
(スタッフ 木股)
posted by iCASC2 at 09:45| 補助助成