2017年04月23日

2017年度 下期芸術文化助成

1. 名称
2017年度 下期芸術文化助成

2. 締切期日
2017年4月3日〜2017年5月1日

3. 対象団体と事業内容と補助・助成
(1) 団体 法人格(公益、NPO、非営利、営利)を持つ団体または2名以上の個人のグループ。

●事業内容 (国内・海外)
【美術】
自治体・美術館・ギャラリー・学校・企業・任意団体等が開催する展覧会やアートイベント。2名以上で実施するグループ展。団体が企画する図録、研究書等の出版。
【音楽】
自治体・劇場・楽団・学校・企業・任意団体等が開催するコンサートや音楽祭。2名以上で実施するコンサート。団体が企画するCD、DVD、研究書等の刊行。

(2) 個人 企画の申請者および実施者が本人のみであり且つ助成金を申請者のみが使用する場合。

●事業内容 (国内・海外)
【美術】
自治体・美術館・ギャラリー・学校・企業・任意団体等が企画する展覧会やアートイベントへの個人での参加(出品)。個展やアートイベントの開催、アーティスト・イン・レジデンスへの参加。
【音楽】
自治体・劇場・楽団・学校・企業・任意団体等が企画するコンサートや音楽祭への個人での参加。リサイタルの開催、コンクールへの参加。

奨学助成金  教育機関または個人の指導者の下での学業・研修・調査研究。

●助成金額
1件あたりの上限額  なし

4. お問い合わせ先
103-8011 東京都中央区日本橋一丁目9番1号 (野村證券本社ビル旧館4階)
公益財団法人野村財団
TEL 03-3271-2330
FAX 03-3281-8522

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
https://www.nomurafoundation.or.jp/category/culture

-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。
posted by iCASC2 at 14:39| 補助助成

2017年04月22日

平成29年度 花・みどり提供事業への参加募集

1. 名称

平成29年度 花・みどり提供事業への参加募集

2. 締切期日

5月12日(金)【必着】

(花・みどり提供事業 平成29年5月12日(金)必着)
(ユニバーサルデザイン施設 平成29年5月22日(月)必着)

(※それぞれ締切期日が異なりますのでご注意下さい)

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
 省管理の大型プランターを募集します!

(1)都市環境・生活環境へのニーズが多様化する今日 都市緑化にも質の高さが求められています。このようななか 誰もが利用しやすいみどりと潤いのあるまちづくりをめざして 
  安全性・機能性・デザイン性に優れたユニバーサルデザイン施設の開発と公共団体等への提供を通じた普及を進めてまいりました。

(2)また 東日本大震災を受けた 当機構としての支援の一環として 平成23年度より東日本大震災被災地への花・みどりの提供事業を実施すると共に 昨年度から提供対象を激甚災害の指定地  にも 拡大しています。

(3)本事業の趣旨をご理解いただき 申込要項・参加申込書様式をご参照のうえ 製品提案にご参加くださいますようご案内お願い申し上げます。

 『ユニバーサルデザイン施設開発・普及事業』

ユニバーサルデザインに基づく施設の開発・提供を通じて 都市緑化空間の利用を推進すること。

 『花・みどり提供事業』

被災地への花・みどりの提供を通じて 潤いのあるまちづくりに役立つ都市景観を創出すること。

●助成金額

花・みどり提供事募集区分

省管理・大型プランター 1基あたり10万円
パーティション型 1基あたり5万円

4. お問い合わせ先

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-2-4 田村ビル2階
公益財団法人都市緑化機構 研究部 【担当 手代木(てしろぎ)】
TEL 03-5216-7191
FAX 03-5216-7195
e-mail  fp01ug_address_aturbangreen.or.jp

(※スパムメール対策のため @マークは画像になっています。ご利用の際は手入力してください)

5. 詳細情報

ホームページをご参照ください。
https://urbangreen.or.jp/info-grant/parksitetu/h29_hanamidoriteikyojigyo

-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ長尾)
posted by iCASC2 at 10:59| 補助助成

2017年04月19日

2017年度 ボーイング社 助成金応募団体募集

1. 名称
2017年度 ボーイング社 助成金応募団体募集

2. 締切期日
2017年4月1日〜2017年4月28日

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
 ボーイング社は世界各国で数々の地域社会活動プロジェクトを遂行すると同時に 各国のコミュニティーニーズに応える斬新でインパクトの強いプログラムを求めています。
 日本でも2017年度助成金を支援する該当団体を募集しています。詳細に従い直接ボーイング ジャパンへご申請ください。

●事業内容 (教育、健康福祉、環境)

●対象団体
NPO、ボランティア団体、公益法人、その他

●助成金額
7万ドル〜10万ドル(支払い時のレートによって異なります)

4. お問い合わせ先
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル20階
ボーイング ジャパン (GCC担当者 田中久美子)
TEL 03-5223-1234(代表)

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.boeing.jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AF-%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%8F%E3%83%B3/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A6%E3%81%AE%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E8%B2%A2%E7%8C%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95/2017-boeing-charity-grants.page

-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ長尾)
posted by iCASC2 at 16:58| 補助助成

2017年04月17日

2017年度 どんどこ助成プログラム(子どものための児童館とNPOの協働事業)

1. 名称
2017年度 どんどこ助成プログラム(子どものための児童館とNPOの協働事業)

2. 締切期日
2017年4月1日〜2017年5月8日

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
『一緒にやると「どんどこ」広がる コドモのミカタ』
(1)健全育成環境をつくるために「地域ぐるみで共に支え育ちあう」仕組みを 多様な団体との「連携」や「協働」でつくることが期待されています。
(2)プロジェクトでは 行政の縦割りを超えて地域の課題に主体的に取り組んできたNPOと 子どもの拠点として活動してきた児童館との連携によって 
  子どもが地域の課題に触れる機会を提供します。
(3)子どもの自発的な活動により 周囲の大人も変わっていきます。新たな子どものミカタ(見方、味方)を発見してみませんか。

 プロジェクトの趣旨に賛同して協働事業を行いたい児童館を募集します。NPOとの協働経験は問いません。
 また地域のNPOとのつながりがなくても応募いただけます。新規事業を企画しても既存事業をバージョンアップする形でも結構です。
 児童館「だけ」NPO「だけ」でプログラムを実施するのではなく 多様な団体と協働してみたい!という思いのある児童館をお待ちしています。

●対象団体
協働相手となる「NPO」は市民活動団体であれば法人格の有無を問いません。NPOが運営している児童館も応募いただけますが 自団体は協働相手にできません。

●サポート
プログラム運営の相談対応のために 採択案件ごとに必要に応じて日本NPOセンターが事業サポーターを配置します。

●助成金額 1件の上限 20万円

4. お問い合わせ先
●〒100-0004 東京都千代田区大手町 2-2-1 新大手町ビル 245
特定非営利活動法人 日本NPOセンター(担当 吉田)
TEL 03-3510-0855

●〒150-0002 東京都渋谷区渋谷 2-12-15日本薬学会ビル7F
一般財団法人 児童健全育成推進財団(事業部どんどこプロジェクト担当) 
TEL 03-3486-5141

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.jnpoc.ne.jp/?p=12746

-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ安田)
posted by iCASC2 at 16:28| 補助助成

2017年04月14日

(第1回)パタゴニア環境助成金プログラム

1. 名称
(第1回)パタゴニア環境助成金プログラム

2. 締切期日
2017年1月1日〜2017年4月30日

3.事業内容と対象団体と補助・助成
(1)具体的な環境保護活動にのみ助成を行います。
(2)私たちの助成金は市民のサポートによる強い基盤を創りだしているグループにフォーカスしています。

●下記のようなグループに助成します。
1.非営利活動を行っているグループ
2.常に行動を起こしているグループ
3.広く一般の人々を巻き込み 支持を得ているグループ
4.問題の根本の原因を見極め その原因に働きかけているグループ
5.明確な目標と活動対象を持っているグループ

●助成金額 1件の上限額 700,000円

4. お問い合わせ先
〒244-0805 神奈川県横浜市戸塚区川上町91-1 BELISTA タワー東戸塚4階
パタゴニア カスタマーサービス
0800-8887-447 (フリーコール・通話料無料)
045-435-6100 (携帯電話・IP電話サービスをご利用の場合)
営業時間 9:00〜17:00

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.patagonia.jp/grant-guidelines.html
-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ長尾)
posted by iCASC2 at 10:23| 補助助成

2017年04月12日

平成29年度(第2回) 地域リーダー・若者交流助成【締切:2017年5月1日(月)】

1. 名称
平成29年度(第2回) 地域リーダー・若者交流助成

2. 締切期日
2017年5月1日(月)

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
(1)国際的な知的交流・対話の担い手となる若い世代の育成を目的とします。
(2)地域社会に根ざした活動を行うグループやNPO団体の事業

●助成金
または青年や学生の団体が実施する国際的な対話型事業に対して経費の一部を助成します。

4. お問合せ先と詳細情報
独立行政法人国際交流基金

ホームページをご参照ください。
http://www.jpf.go.jp/j/program/intel.html#intel_3%22%22

-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ木全)
posted by iCASC2 at 10:30| 補助助成

2017年04月10日

2017年度 24時間テレビ特別仕様福祉車両の贈呈【締切:2017年5月19日】

1. 名称

2017年度 24時間テレビ特別仕様福祉車両の贈呈


2. 締切期日

2017年5月19日(必着)


3. 事業内容と対象団体と補助・助成

(1)第1回より贈呈を続けてきた福祉車両。昨年までの贈呈台数は 10,648台となりました。
  24時間テレビチャリティー委員会では 毎年車両メーカーと贈呈車両の研究、改良を続けています。

(2)2013年からは従来、贈呈を行ってきた車いす移送車両や訪問入浴車に加え、就労支援や訪問介護など
  団体のニーズに応えることができるオーダーメイドの車両「福祉サポート車」の贈呈も行っています。


4.【宛 先】 〒105-7444 東京都港区東新橋1-6-1 日本テレビ「24時間テレビ」
 ※福祉車両・電動車いす申し込みの場合… 福祉車両係 宛
 ※福祉サポート車申し込みの場合… 福祉サポート車係 宛


5. 詳細情報

ホームページをご参照ください。
http://www.24hourtv.or.jp/welfare/detail.html
-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ長尾)
posted by iCASC2 at 16:13| 補助助成

2017年04月08日

2017年度 助成認定制度【申請受付は年4回(1月20日 4月20日 7月20日 10月20日)】

1. 名称
2017年度 助成認定制度

2. 締切期日
申請受付は年4回(1月20日 4月20日 7月20日 10月20日)

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
『支援者は寄付しやすく、芸術団体は寄付を集めやすく』

(1)1994年より芸術・文化活動等への民間寄付を税制面から促進する目的で「助成認定制度」を運営しています。
(2)企業や個人が 公益社団法人である協議会の助成活動に対して寄付を行うことで 税制優遇が受けられる制度です。
(3)制度を利用するには 芸術・文化活動をする団体・個人が活動ごとに申請を行い 「助成認定」を受ける必要があります。申請資格で対象となるか確認の上、所定の申請手続きを進めてください。
(4)協議会から認定を受けた活動に対する寄付金は その同額を 認定活動を行う団体・個人に「助成金」として交付します。
(5)公益社団法人である企業メセナ協議会への寄付金は 税制優遇(寄付金控除*)の対象となります。寄付金1件あたりの取扱い額は1,000円からです。

●「寄付金控除」
●法人の場合 一般寄付金の損金算入限度額とは別枠で、寄付金の合計額と特別損金算入限度額とのいずれか少ない金額の範囲内で損金算入
●個人の場合 年間の寄付合計額が2,000円を超える場合、特定寄付金として、一定の金額を税額控除または所得控除優遇内容については協議会ウェブサイト「企業メセナ協議会への寄付」または国税庁のホームページをご覧ください。

●事業内容
芸術文化の普及向上に資する活動 および芸術・文化による社会創造に寄与する活動。
活動開始日が申請締切から3ヶ月以降の活動。
海外における活動の場合 活動主体の事務所機能が日本国内にあること。
事業費総額が3,000万円以下 または当該活動に対する寄付金総額が 1,000万円以下であること。

●対象団体
・公益を目的とした法人で、芸術・文化活動を行うもの
 (一般財団法人、一般社団法人、特定非営利活動法人)
 
・公益を目的とした任意団体で 規約などを有し 代表者の定めがあり 芸術・文化活動を行うもの
 (法人格を持たない劇団やオーケストラ、公演・展示などの実行委員会)
・芸術・文化活動を行う個人の場合は その活動の公益性が認められるもの

●助成金額
1件の上限額 なし

4.お問い合わせ先
〒108-0014 東京都港区芝5-3-2 アイセ芝ビル8階
公益社団法人企業メセナ協議会 事務局
TEL 03-5439-4520
FAX 03-5439-4521
営業時間 9:30〜17:30(月〜金)

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
https://culfun.mecenat.or.jp/collect/grant/point.html
posted by iCASC2 at 11:58| 補助助成

2017年04月07日

平成29年度 (第28回) 事業助成・ボランティア活動助成【締切:】

1. 名称
平成29年度 (第28回) 事業助成・ボランティア活動助成

2. 締切期日
2017年3月10日〜2017年4月30日

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
・在宅ケア推進に資する事を目的とした事業に対し 助成を行い、もって国民医療・福祉の向上に寄与するものです。
・基本的には 在宅での医療機器・福祉用具を使用しての事業です。
・在宅ケア等に関する創意工夫を生かした自発的な事業又は先駆的、実験的なモデル事業であって 普及の可能性の有るものに対し助成を行います。
・臨床や地域で従事している職員及び福祉機器・医療機器の事業者の個人あるいはグループを対象とします。

●事業助成
1. 在宅療養者への医療・看護・介護サービス実施事業
2. 高齢者や障害者(児)の在宅ケア推進関連事業
3. 認知症患者、難病患者、がん末期患者、精神障害者、被虐待者の在宅医療・看護・介護支援強化に関する事業 

●ボランティア活動助成
在宅ケアの推進に資する事を目的として 高齢者や障害者(児)を対象として
公益のために活動しているボランティア団体に対して助成いたします。

●助成金額
1件の上限額  500,000円

4. お問い合わせ先
〒163−1102 東京都新宿区西新宿六丁目22番1号 新宿スクエアタワー2階
公益財団法人フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団
TEL 03−6741−5550
FAX 03−6741−5551
URL http://www.fbm-zaidan.or.jp

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.fbm-zaidan.or.jp/Guide_00.html

※詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。

-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ安田)
posted by iCASC2 at 08:54| 補助助成

2017年04月04日

子ども思いの森 生きるちからファンド 2017【締切:2017年4月23日(日)申請書類必着】

1.名称
子ども思いの森 生きるちからファンド 2017

2.締切期日
2017年4月23日(日)申請書類必着

3.事業内容と対象団体と補助・助成
子どもたちの生きる力を育むための各種事業を支援します。

(1) 考えるちから
自分の目で見て 感じて 判断して 考える。
その繰り返しが新鮮な発想やひらめきを生み 未来を拓く思考力や創造力を育みます。

(2) 伝えるちから
言葉で 絵で 動きで そして 心で。
色々な伝え方を知り その力に磨きをかければ 自分の可能性は無限に広がります。

(3) 繋がるちから
心と心で繋がった仲間は一生の宝物です。
相手への思いやりから広がる繋がりの和。その絶大なパワーは世界を動かします。


●対象団体
ファンドの掲げる目的に則した活動を行っている個人又は団体

●助成金額 1事業 30万円

4.ご連絡先
〒420-0031 静岡県静岡市葵区呉服町1-3-14 YS静岡呉服町ビル7F
有限会社池田屋 子ども思いの森事業部 (担当 寺本・柏木)
TEL 054-266-3790(月-金 10:00-17:00 ※祝日を除く)
E-mail info@kodomoomoinomori.jp

5.詳細情報
ホームページをご覧ください。
http://kodomoomoinomori.jp/

-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ木全)
posted by iCASC2 at 12:23| 補助助成

2017年04月01日

第31回 人間力大賞概要【締切:2017年5月31日(水)】

1. 名称
第31回 人間力大賞概要

2. 締切期日
2017年2月1日〜2017年5月31日
【仮エントリー受付期間 2017年2月1日(水)から4月30日(日)】
【本エントリー受付期間 2017年4月1日(土)から5月31日(水)】

3. 事業内容と対象団体と補助・情報
●エントリー対象者
20歳から40歳(1977年〜1997年生まれ)までの国内外問わず、科学技術・医療・福祉・文化芸術・国際交流・国際協力・環境・スポーツ・教育・まちづくり・災害復興等の活動を積極果敢に実践している人間力あふれる光り輝く傑出した若者。

●補助・助成
グランプリ  1名 副賞100万円(活動資金)
準グランプリ 2名 副賞30万円 (活動資金)
入賞     7名 副賞10万円(活動資金)
奨励賞 若干名(後援省庁ならびに協力各企業)


4. お問い合わせ先
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-14-3
公益社団法人 日本青年会議所 地域再興グループ 人間力褒賞委員会 (副委員長 中沢 匠)
TEL 03-3234-5601
携帯 080-4164-2700
メール ningenryoku31@gmail.com
公益社団法人日本青年会議所ホームページ http://www.jaycee.or.jp/
人間力大賞ホームページ http://nippon-saiko.jp/ningenryokutaisyo/


5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://nippon-saiko.jp/ningenryokutaisyo/

-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ木全)
posted by iCASC2 at 19:01| 補助助成

2017年03月31日

第15回(平成29年度)「配食用小型電気自動車寄贈事業」【締切:2017年6月9日(金)】

1. 名称

第15回(平成29年度)「配食用小型電気自動車寄贈事業」


2. 締切期日

2017年2月1日〜2017年6月9日


3. 事業内容と対象団体と補助・助成

1.高齢化社会を迎え 地域住民による主体的な福祉活動の重要性が一段と高まっています。

2.高齢者を対象とした配食サービスは 声掛けを通じた友愛活動を兼ねていることから 極めて意義深いものがあります。

3.みずほ教育福祉財団では 高齢者を対象とした福祉活動を支援するため みずほフィナンシャルグループ役職員からの募金を主な原資として
高齢者向けに配食サービスを行っている民間グループに対して配食用小型電気自動車の寄贈を行います。


●対象団体
高齢者を主な対象とし 1年以上継続して 週1回以上 調理・家庭への配食・友愛サービスを一貫して行っている非営利の民間グループで 
法人(NPO、公益団体、公益法人)・任意団体を問いません。

●助成金額 100万円(配食用小型電気自動車 1台分)
 10台分(10グループ)


4. お問い合わせ先

1. 都道府県・指定都市社会福祉協議会、または市区町村社会福祉協議会
2. 全国老人給食協力会 事務局
TEL 03-5427-2547
FAX 03−5427-2548
E-mail info@mow.jp


5. 詳細情報

●応募要領・申請書は 当財団のホームページ(http://www.mizuho-ewf.or.jp)から
PDF 形式でダウンロードできます。(平成29年3月末掲載予定)


ホームページをご参照ください。
http://www.mizuho-ewf.or.jp/appli2.html
-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ長尾)
posted by iCASC2 at 10:20| 補助助成

2017年03月30日

2017年度(第47回)毎日社会福祉顕彰【締切:2017年5月31日(水)】

1. 名称
2017年度(第47回)毎日社会福祉顕彰

2. 締切期日
2017年3月1日〜2017年5月31日

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
全国の社会福祉関係者および団体の中から とくに優れた功績をあげ 社会福祉の発展向上に貢献している個人あるいは団体を顕彰し 新しい福祉国家の形成と進展に寄与する。

『顕彰の対象』

(1)『学 術』
社会福祉全般あるいは児童、高齢者、心身障害者の分野について優れた研究論文・資料を作成した個人または団体。

(2)『技 術』
社会福祉全般あるいは児童、高齢者、心身障害者の分野で、独創的な科学技術、プロセスを導入し 効果をあげた個人または団体。

(3)『創 意』
社会福祉施設の改善、整備、あるいは福祉活動についての指導、育成養護の実務面において 独創的な発想、創意、工夫を取り入れ 業績をあげた個人または団体。

(4)『奉 仕』
長年にわたって国際福祉、地域福祉または福祉施設、団体、援護を要する個人に対し 奉仕活動を続け 将来もこれを継続して行う意志の強い個人または団体。

(5)『勤 勉』
社会福祉施設に長年(30年以上)にわたって勤続し その使命に献身、勉励し 顕著な成績をあげた個人。

(6)『その他』
新しい福祉の分野、時代のニーズに応える福祉活動をしている個人または団体。
その他 上記のどの項目にも該当しないが 社会福祉の分野で顕彰に値する功績をあげ または貢献をした個人または団体。

●補助・助成
表彰件数 3件(個人または団体)
賞牌と賞金 賞金は総額300万円(1件100万円)

4. お問い合わせ先
〒100-8051 東京都千代田区一ツ橋1の1の1 毎日新聞東京社会事業団
TEL(03)3213-2674
FAX(03)3213-6744

〒530-8251 大阪市北区梅田3の4の5 毎日新聞大阪社会事業団
TEL(06)6346-1180
FAX(06)6346-8681

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.mainichi.co.jp/shakaijigyo/

※詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ木全)
posted by iCASC2 at 17:05| 補助助成

平成29年度 施設整備等助成【締切:申請窓口毎に異なります】

1. 名称
平成29年度 施設整備等助成

2. 締切期日
助成制度実施団体にお問い合わせください。
(申請の受付期間は申請窓口毎に異なりますので 申請する施設の所在する各都道府県の馬主協会又は共同募金会にお問合せ下さい)

3. 対象団体と事業内容と補助・助成
(1)社会福祉法人
(2)社会福祉事業を行っている公益財団法人、公益社団法人
(3)社会福祉事業を行っている特定非営利活動(NPO)法人
(所在地の社会福祉協議会の推薦を受ける必要があります)
    
●事業内容
(1)備品等の購入
(2)施設の設置、増改築及び各種修繕工事等

●助成金額
1件の上限額 なし

4. お問い合わせ先
中央競馬馬主社会福祉財団
TEL 03(5472)5581
FAX 03(5472)5584

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.jra-umanushi-hukushi.or.jp/29-jyosei

※詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ木全)
posted by iCASC2 at 10:08| 補助助成

2017年03月24日

平成29年度 キリン・子ども「力」応援事業 公募助成/中学生以上向け【締切:4月28日(金)(当日消印有効)】

1. 名称
平成29年度 キリン・子ども「力」応援事業 公募助成 【中学生以上向け】

2. 締切期日
平成29年3月22日(水)〜4月28日(金)(当日消印有効)

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
平成20年度からキリン・子ども「力」応援事業として 子どもたちがコミュニケーション力や表現力をつけるための活動など子どもの健全育成につながる活動を公募により支援してきました。

子どもたちが健全に成長していくことを願い「子どもたち自らが主体となって計画・実施する活動」を助成します。

親などの大人が主体となり 子どもの健全な成長を願う"子育て"とは異なり 子どもたち自らが"主体"となることから 

大人ではなく子ども自身を申込者とさせていただきます。

●対象団体
18歳以下のメンバーが中心となって活動する4人以上のグループ。
(既にあるグループでも今回の計画のために新たに結成するグループでも構いません)

●助成金額
1団体の上限額 15万円

4. お問合せ先
公益財団法人 キリン福祉財団 (鎌田または山形 宛)
TEL 03-6837-7013
FAX 03-5343-1093
Eメール fukushizaidan@kirin.co.jp

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.kirinholdings.co.jp/foundation/h29koubo/kodomo.html


posted by iCASC2 at 12:52| Comment(0) | 補助助成

第34回(平成29年度)老後を豊かにするボランティア活動資金【締切:2017年5月31日(水)】

1. 名称
第34回(平成29年度)老後を豊かにするボランティア活動資金

2. 締切期日
2017年2月1日〜2017年5月31日

3. 事業内容と対象団体と補助・助成

高齢化社会を迎え 高齢者が住みなれた街で安心して生活するための 地域住民・ボランティアによる主体的かつ活発な福祉活動に対するニーズが一段と高まっています。地域に根ざしたボランティアグループで 高齢者を主な対象とする活動およびスタッフの中核が高齢者である活動の支援を目的として 継続的に使用される用具・機器類の 取得資金を助成します。

(1)高齢者を対象とした生活支援サービス
(2)高齢者による 地域環境改善等につながる活動
(3)高齢者と多世代との交流を図る活動
(4)レクリエーションを通じて高齢者の生活を豊かにする活動

●助成金額
1件の上限額  100,000円

4. お問い合わせ先

みずほ教育福祉財団 福祉事業部
TEL 03-3596-4532
FAX 03-3596-3574
E-mail FJP36105@nifty.com


※詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ星野)
posted by iCASC2 at 12:50| Comment(0) | 補助助成

2017年03月22日

平成29年度 未来のみなとづくり助成【締切:2017年04月14日(金)】

1. 名称
平成29年度 未来のみなとづくり助成

2. 締切期日
2017年03月01日(水)〜2017年04月14日(金)

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
「環境教育に係る港や海辺の活動」について その費用(定額以内)を助成することにより 環境と調和した港湾・海域の形成を図るものです。

●港や海辺の活動
港や海辺を活動の拠点とする活動に対して助成をいたします。
(1)環境教育活動
(2)環境保全・再生活動
(3)自然体験活動

●対象団体
港や海辺を活動の拠点とする特定非営利活動法人 もしくは、それに準じた任意団体

●助成金額
1件の上限額 400,000円

4. お問合せ先と詳細情報
(一財)みなと総合研究財団
ホームページをご参照ください。
http://www.wave.or.jp/doc/2017/2017_josei.html

※詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ木全)
posted by iCASC2 at 09:13| Comment(0) | 補助助成

2017年03月21日

平成29年度 地域福祉振興助成【締切:2017年4月20日必着】

1. 名称
平成29年度 地域福祉振興助成

2. 締切期日
2017年3月13日〜2017年4月20日必着

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
障がい者を支援する福祉活動 ボランティア活動に取り組む団体
    
●助成金額 1件 100万円(上限)

4. お問い合わせ先
公益財団法人木口福祉財団 事務局 
TEL 0797-21-5150
FAX 0797-35-5261
Eメール josei@kiguchi.or.jp

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://kiguchi.or.jp/jyoseijigyou/jyosei_program/

※詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ安田)
posted by iCASC2 at 09:07| Comment(0) | 補助助成

2017年03月19日

平成29年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業の公募【締切:平成29年3月31日(金)17時必着】

1. 名称
平成29年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業の公募

2. 締切期日 
平成29年3月31日(金)17時必着

3. 事業内容と対象団体と補助・助成

1.地域における課題解決や地域活性化の上で重要な役割を果たしているNPO等の活動、中間支援組織の体制強化や地域における協力・連携体制の整備等を促進し 協働取組を実証するための「地域活性化に向けた協働取組の加速化事業」を実施しています。

2.地域における民間団体、企業、教育機関、地方公共団体等の異なる主体による協働取組を実証するとともに 地方環境パートナーシップオフィス(地方EPO)に設置する「地方支援事務局」の助言等を受けつつ 協働での取組を加速化していく上での過程や様々な手法及び留意事項等を明らかにして 今後 協働取組を行おうとする者の参考資料として共有することを目的としています。

3.地域を対象とした地方事業(8事業)について協働取組の進行状況に合わせ AタイプとBタイプに分けて応募します。
  該当するテーマについて低炭素社会・循環型社会・自然共生社会・その他に該当するものを選んでください。

●対象団体
ア 環境関係の活動を行う団体(NPO法人、一般社団法人、一般財団法人)
イ 地域で環境保全に係る事業を行う協議会
ウ その他法人で 国との請負契約者となりうる者

4.お問い合わせ先
●中部地方環境事務所環境対策課(TEL 053-955-2134)
●ご連絡先
環境省総合環境政策局環境経済課民間活動支援室
(代表 03-3581-3351)
(直通 03-3406-5181)
室長 永見 靖(内6240)
主査 松本 和也(03-3406-5181)

5.詳細情報
ホームページをご参照ください。
https://www.env.go.jp/press/103620.html

※詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ木全)
posted by iCASC2 at 10:17| Comment(0) | 補助助成

2017年03月18日

平成29年度 富士フイルム・グリーンファンド【締切:2017年5月8日 当日消印有効】

1. 名称
平成29年度 富士フイルム・グリーンファンド

2. 締切期日
2017年5月8日 当日消印有効

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
自然環境保全もしくは自然とのふれあい活動

 1.営利を目的としない活動
 2.活動が行われるフィールドは 日本国内であるもの。
 3.活動助成は 活動フィールドができる限り申請者(申請団体)によって既に確保されている等、活動フィールドの基盤がしっかりしているもの。
 4.個人もしくは団体申請において活動の実績があるもの。
 5.個人による申請は、助成金の使途が助成の趣旨に沿って適確・厳正であり、助成金の使途において本人あるいは親族等、特別な関係のある者に利益を与えないもの。
 6.団体による申請は、代表者または管理者の定めのある団体で 役員その他の機関の構成 選任方法 その他事業の運営に重要な事項が特定の者 あるいは特別の関係者等の意志に従わずに 決定・運営されている団体。また 特定の者等に特別の利益を与えていない団体。

●助成金額
「活動・研究助成」あわせて総額850万円
8件程度(1件の上限はなし)

4. お問合せ先
〒130-8606 東京都墨田区江東橋3-3-7
(一財)自然環境研究センター内
公益信託 富士フイルム・グリーンファンド事務局
TEL 03-6659-6310
FAX 03-6659-6320

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.jwrc.or.jp/shintaku/1.htm

※詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(マネージャー星野)
posted by iCASC2 at 09:54| Comment(0) | 補助助成