2015年11月30日

平成28年度 第1回 国内映画祭等の活動助成【締切:12月2日(水)】

1. 名称
平成28年度 第1回 国内映画祭等の活動助成

2. 締切期日
2015年11月26日(木)〜12月2日(水)当日消印有効

3. 対象団体と事業内容と補助・助成
A.国内映画祭
●対象団体
 映画祭を開催することを主たる目的とする我が国の団体で (1)(2)のいずれかに該当し 『実績要件』を満たすこと。
(1)法人格を有する団体
(2)法人格を有しないが 1〜4の要件をすべて満たしている団体
 1 定款に類する規約等を有し、次のA〜Cについて明記されていること
 2 団体の意思を決定し、執行する組織が確立されていること
 3 自ら経理し、監査する等会計組織を有すること
 4 団体活動の本拠としての事務所を有すること

●実績要件
 過去に 日本国内において開催される映画祭を自ら主催した実績を有する団体。

●事業内容
 助成の対象となる者が自ら主催して我が国において行う映画祭で かつ原則として 以下の条件をすべて満たしていること
 1.定期的(毎年・隔年)に開催されているもので、有料で公開するものであること
 2.映画祭として3日間以上連続して行われるものであること
 3.上映作品に日本映画が含まれていること
 4.開催地の地方公共団体等の公的機関の支援(財政面以外の支援も含む)を受けるものであること

B.日本映画上映活動
●対象団体
 映画の上映活動または製作活動を主たる目的とする我が国の団体で(1)(2)のいずれかに該当し 『実績要件』を満たすこと。
(1)法人格を有する団体
(2)法人格を有しないが1〜4の要件をすべて満たしている団体
 1 定款に類する規約等を有し 次の2〜4について明記されていること
 2 団体の意思を決定し、執行する組織が確立されていること
 3 自ら経理し、監査する等会計組織を有すること
 4 団体活動の本拠としての事務所を有すること

●実績要件
 過去に 日本国内において開催される広く一般に開かれた有料の上映会(映画館またはホールにおいて 原則として1年間に延べ3日間以上)を自ら主催した実績を有する団体 または被災地等における上映会を自ら主催した実績を有する団体。

●事業内容
 助成の対象となる者が自ら主催して我が国において行う≪特色ある上映活動≫で かつ原則として 以下の条件をすべて満たしていること
 1.映画館またはホール(公民館等を含む)において 有料で公開するものであること
 2.開催地の地方公共団体等の公的機関の支援(財政面以外の支援も含む)を受けるものであること
 3.日本映画の上映を主体とした活動であること

●助成金額
 助成対象経費の2分の1以内 かつ自己負担金と同額以下の額
 ※助成対象経費の詳細はHP参照
 ※交付を受けようとする助成金の要望額は20万円以上であること

4. お問合せ先
日本芸術文化振興会 基金部 企画調査課 映像芸術係
〒102-8656 東京都千代田区隼町4-1
TEL 03-3265-6312  Fax 03-3265-7474
E-mail eizo@ntj.jac.go.jp

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.ntj.jac.go.jp/kikin/grant/applicant/download03.html


※詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 安田)
posted by iCASC2 at 10:25| Comment(0) | 補助助成

2015年11月27日

第1回 国際交流基金 アジア・市民交流助成

第1回 国際交流基金 アジア・市民交流助成

1. 名称:第1回 国際交流基金 アジア・市民交流助成

2. 締切期日:12月1日(火)必着

3. 対象団体と事業内容と補助・助成
日本国内の非営利団体
●活動内容
日本とアジア諸国の一般市民同士の相互理解や友好親善の促進を目的に 日本国内又は ASEAN10か国(インドネシア カンボジア シンガポール タイ フィリピン ブルネイ ベトナム マレーシア ミャンマー ラオス)で実施される国際的な文化行事や会議 市民レベルの各種交流事業。日本からの参加者があれば 2か国間の交流事業でも 又は多国間の交流事業でも対象とする。

●助成金額
1件、1年度あたり150万円を上限 

4. お問合せ先
国際交流基金アジアセンター
文化事業チーム アジア・市民交流助成係
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-1
TEL 03-5369-6025 FAX 03-5369-6036
E-mail:jfac-grant@jpf.go.jp

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.jpf.go.jp/j/program/ac.html#ac_2

※詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 川野)
posted by iCASC2 at 18:17| Comment(0) | 補助助成

2016年度 環境市民活動助成のご案内

2016年度 環境市民活動助成のご案内

一般財団法人 セブン-イレブン記念財団

応募期間:2015年 11月1日(日)〜2015年 12月10日(木)

お問合せ先:〒102-8455 東京都千代田区二番町8番地8
      TEL:03-6238-3872  FAX:03-3261-2513
   (電話受付時間9:30〜17:00 ※土・日曜日を除く)

URL:http://www.7midori.org

CCF20151127_0004.jpg

CCF20151127_0003.jpg

CCF20151127_0001.jpg

CCF20151127_0005.jpg
posted by iCASC2 at 17:40| Comment(0) | 補助助成

2015年11月26日

2016年度 アサヒグループ芸術文化財団 助成募集

2016年度 アサヒグループ芸術文化財団 助成募集

1. 名称:2016年度 アサヒグループ芸術文化財団 助成募集

2. 締切期日:平成27年11月30日(月)当日消印有効


3. 事業内容と対象団体と補助・助成
美術、音楽、舞台芸術の3部門における個人及び芸術団体の優れた意義を有する芸術活動ならびに国際交流事業。
・美術部門
・音楽部門
・舞台芸術部門
●助成金額
1件あたり 上限100万円

4. お問い合わせ先と応募
〒130-8602 東京都墨田区吾妻橋1-23-1
公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団
TEL 03-5608-5202  FAX 03-5608-5201
(土日 祝日を除く9:00〜17:30)
http://www.asahigroup-foundation.com/art/

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.asahigroup-foundation.com/art/support/guides.html

※詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 川野)
posted by iCASC2 at 10:19| Comment(0) | 補助助成

平成28年度「きれいな川と暮らそう」基金 募集

平成28年度「きれいな川と暮らそう」基金 募集

1. 名称:平成28年度「きれいな川と暮らそう」基金 募集

2. 締切期日:11月30日(月)当日消印有効

3. 対象団体と事業内容と補助・助成
学校および市民団体(NPO、NGO、サークル)
●事業内容
  水資源確保・河川美化清掃・水質保全などの水環境保全活動
●助成金額
  1団体あたり50万円を上限

4. お問合せ先
日本河川協会 「きれいな川と暮らそう」基金 事務局
  〒102−0083 東京都千代田区麹町2-6-5  麹町E・C・Kビル3F
    TEL 03-3238-9771  Fax 03-3288-2426
    E-mail kikin@japanriver.or.jp

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.japanriver.or.jp/kireinakawa/

※詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 川野)
posted by iCASC2 at 10:13| Comment(0) | 補助助成

2015年11月21日

平成28年度戦略的芸術文化創造推進事業【締切:2015年12月4日】

1. 名称
平成28年度戦略的芸術文化創造推進事業

2. 締切期日
2015年11月27日〜2015年12月4日

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
本事業では 我が国の芸術文化の振興における以下の(i)から(vii)に示す課題について それを解決するための取組を募集します。
(i) 実演芸術の世界水準への向上と世界へのアピールが求められており それを解決するための取組。
(ii) 地方や離島・へき地において優れた実演芸術を鑑賞機会する機会が求められており それを解決するための取組。
(iii)芸術団体の経営基盤等の強化が求められており それを解決するための取組(実践的な取組を含む調査研究)。
(iv) 高齢者,子育て中の保護者等の文化芸術活動の充実が求められており それを解決するための取組。
(v) 青少年に多様な経験を提供する機会が求められており それを解決するための取組。
(vi) 実演芸術に関わる女性の活躍を推進することが求められており それを解決するための取組(調査研究を含む)。
(vii)障害者の優れた芸術作品の普及の促進が求められており,それを解決するための取組。

●対象団体
※条件については募集要項参照ください。

●助成金額
1件の上限額  なし

4. お問い合わせ先
〒141-8657 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル3階
株式会社JTBコミュニケーションズ グローバルMICE局内
戦略的芸術文化創造推進事業事業事務局
TEL 080-5908-3241(10:00〜18:00)

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.bunka.go.jp/shinsei_boshu/kobo/h28_senryakuteki_suishin.html


※詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 安田)
posted by iCASC2 at 08:51| Comment(0) | 補助助成

第17回 社会貢献基金助成【締切:2016年2月29日】

1. 名称
第17回 社会貢献基金助成

2. 締切期日
2016年2月29日 【必着】

3. 対象団体と事業内容と補助・助成
下記の条件を満たす、非営利組織(財団法人、社団法人、社会福祉法人、NPO法人、その他任意団体、市民ボランティアグループ)又は大学、研究機関(個人も可)
(※個人資格による申請については 研究助成分野以外は対象外)
1.定款に準ずる規約を有し 自ら経理し 監査することができる会計機能を有すること
2.団体等の主たる事務所(又は準ずる所)を日本国内に有すること
3.団体等の意志を決定し 今回申請する活動を執行する体制が確立していること
4.団体の活動実績(今回申請する活動又は類似した活動)を3年以上有し 今回申請する活動のニーズが高く今後も継続性が期待できること
5.申請する事業に対し 他の民間団体等からの助成を除く 自己資金を保有すること

●事業内容
研究助成事業
テーマ「婚礼(結婚式)、葬儀(お葬式)など儀式文化の調査研究」
1. 高齢者福祉事業
2. 障害者福祉事業
3.児童福祉事業
4.環境・文化財保全事業
5.国際協力・交流事業

●助成金額
総額1,000万円
1件あたり 上限200万円
研究助成は上限100万円

4. お問合せ・書類提出先
全日本冠婚葬祭互助協会 社会貢献基金助成 運営事務局
〒105−0004
東京都港区新橋1−18−16 日本生命新橋ビル9F
TEL 03−3596−0061 (メールでのお問い合わせ不可)

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.zengokyo.or.jp/social/promotion/01.html

※詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 安田)
posted by iCASC2 at 08:47| Comment(0) | 補助助成

平成28年度ヤマト福祉財団 障がい者給料増額支援助成金ステップアップ助成金【締切:11月30日(月)】

1. 名称
平成28年度 ヤマト福祉財団 障がい者給料増額支援助成金 ステップアップ助成金 募集

2. 締切期日
10月1日(木)〜11月30日(月)当日消印有効

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
「ステップアップ助成金」
 ステップアップ助成金は 障がい者の給料増額に努力し 全国平均以上の給料支給実績がある施設・事業所に対し さらに多くの給料を支払うための事業資金として上限200万円を助成します。

募集内容
1.助成金額 上限200万円
2.助成件数 25件程度
3.助成対象事業
 ・障がい者の給料増額に効果的な事業、設備に限ります
 ・現在ある備品等の代替費用および材料費等などの消耗品は対象外

応募要件:
1.厚生労働省が発表した平成25年度全国平均工賃額14437円以上を支給していること
 ※年間給料総支給額÷(期末在籍数×12ヶ月)
  年間給料総支給額÷(期末定員数×12ヶ月)
 どちらかで試算した月額平均給料が14437円以上支給していれば可

2.平成26年4月から1年間の給料支給実績がない事業所・施設は対象外

3. 助成対象となる事業所・施設
  就労継続支援A型事業所・就労継続支援B型事業所・福祉工場、
  地域活動支援センター・生活介護事業所

4. お問合せ先
公益財団法人ヤマト福祉財団 助成金事務局
〒104-0061 東京都中央区銀座2-12-18 ヤマト銀座ビル7階
TEL 03-3248-0691 FAX 03-3542-5165

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.yamato-fukushi.jp/works/subsidy/

※詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 安田)
posted by iCASC2 at 08:46| Comment(0) | 補助助成

2015年11月17日

2015年 あいち・なごや 子どもとつくる基金

1.名称
2015年あいち・なごや 子どもとつくる基金 

2.趣旨・目的
「あいち・なごや子どもとつくる基金」は、愛知の未来を担う子どもの悩みや不安を解消し、ひとりでも多くの子どもの笑顔の花を咲かせるために、みんなで寄付を集める(“志金”を持ち寄る)しくみとして設置されました。2014年度の募集からリニューアルし、「3年継続助成」を原則としています。今年度は東海3県の飲食店のみなさんにご協力いただき、「カンパイチャリティキャンペーン(※)」を2015年12月から2016年3月まで実施することに伴い、「子どもの貧困」など、深刻化する子どもの問題解決に取り組む団体を募集します。
http://aichi-community.jp/kikins/9865
※本キャンペーンは、期間内に参加店が提供する「カンパイチャリティメニュー」を注文すると、販売額の一部が「あいち・なごや子どもとつくる基金」へのチャリティ(寄付)になるシステムです。あいち・なごやの『子ども』の問題解決を目指して、消費者が公正かつ持続可能な社会の形成に積極的に参画する「消費者市民社会」の普及に、ママのボランティアスタッフ「ママボノ」と一緒に挑んでいます。

3.申請受付期間
2015年11月16日(月)〜2016年1月22日(金)17時必着

4.募集説明会
本助成先募集に関して、説明会を開催します。
下記の日程をご確認の上、参加を希望される方は事前にお申し込みください。
<「岡崎」会場>
●日時:2015年12月14日(月)19:00〜20:30
●場所:岡崎市図書館交流プラザ・りぶら 会議室103
(愛知県岡崎市康生通西4-71)
http://www.city.okazaki.aichi.jp/libra/805/p014008.html
●共催:NPO法人岡崎まち育てセンター・りた
<「名古屋」会場>
●日時:2015年12月19日(土)9:30〜11:00
●会場:公益財団法人あいちコミュニティ財団 事務所
(愛知県名古屋市東区代官町39-18 日本陶磁器センタービル5F)
http://aichi-community.jp/inquiry
<「半田」会場>
●日時:2016年1月8日(金)19:00〜20:30
●場所:半田市市民交流センター 市民交流スペース
(愛知県半田市広小路町90 クラシティ半田3階)
http://www.clacity.com/access/index.html
●協力:はんだまちづくりひろば
【各会場共通】
●定員:15名
●参加費:無料
●申込方法(申込〆切:各募集説明会開催日の2日前)
E-mailの件名を「あいち・なごや子どもとつくる基金・助成先募集説明会参加希望」として、下記<参加申込フォーム>に必要事項をご記入の上、E-mailかFAXで当財団事務局までお申し込みください。
<参加申込フォーム>
・お名前(ふりがな):
・ご所属(団体名など):
・希望される募集説明会の日時:
・緊急連絡先(携帯電話など):
・当日知りたいことなど:

5.個別相談会
本助成先募集に関して、個別相談会を開催します。下記の日程をご確認の上、参加を希望される方は事前にお申し込みください。
●日時:2016年1月12日(火)〜1月15日(金)10:00〜20:00
●会場:公益財団法人あいちコミュニティ財団 事務所
(愛知県名古屋市東区代官町39-18 日本陶磁器センタービル5F)
http://aichi-community.jp/inquiry
●時間:1回1時間以内
●申込方法(申込〆切:各個別相談会開催日の2日前)
E-mailの件名を「あいち・なごや子どもとつくる基金・個別相談会参加希望」として、下記<参加申込フォーム>に必要事項をご記入の上、E-mailかFAXで当財団事務局までお申し込みください。
<参加申込フォーム>
・お名前(ふりがな):
・ご所属(団体名など):
・希望される個別相談会の日時:
・緊急連絡先(携帯電話など):
・当日知りたいことなど:

6.対象団体
下記のすべてに該当する団体が対象となります。
(1)愛知県内に事務所を置く市民公益活動団体(NPO法人・社団法人・財団法人・社会福祉法人・任意団体など、法人格の有無は不問)
(2)「募集説明会」(※1)もしくは「個別相談会」のどちらかに参加している団体(※2)
※1:募集説明会への遅刻(開始15分以降)は参加とみなされません。
※2:昨年度開催した本プログラムの「募集説明会」「個別相談会」に参加した団体は、今年度の参加を免除します。
(3)子ども(主として0歳〜18歳)や子育て支援に関する事業を継続的に実施している団体
(4)以下のいずれにも該当しない団体
・個人的な活動や趣味的なサークルなどの団体
・政治活動や宗教活動を主たる目的とする団体
・暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団をいう。以下同じ)又は暴力団若しくはその構成員の統制下にある団体(以下「暴力団等」という。)、その他法令、公序良俗等に違反する団体
(5)公益コミュニティサイト「CANPAN」に団体登録し、情報開示レベル★5つを取得している団体(※3)
※3:2016年1月29日(金)までに★5つを取得していることが条件となります。
(6)情報公開、取り組みへの取材、成果報告書の提出・公表、成果報告会への参加に同意する団体(※4)
※4:公表内容・範囲、方法については、事前に確認の上、プライバシー等の配慮をしたものとします。

7.助成対象事業
以下のいずれにも該当しない事業で、前項の「5.対象団体」が実施する愛知県内の「深刻化する子どもの問題解決に当事者が挑む事業」を対象とします。
<対象とならない事業>
・営利を目的とする活動
・個人的な活動や趣味的なサークル活動
・政治活動や宗教活動を目的とする活動
・暴力団等と関係のある活動、その他法令、公序良俗等に違反する活動

●ホップ(助成事業期間:2016年4月1日〜7月31日)
「あいちの課題深掘りファンド」2016年度助成先とともに、「課題&先行事例の可視化」に取り組みます。
1.助成先が受けられるサポート
(1)「集合研修」「中間報告会」の実施
(2)ボランティアスタッフ「モグラー」(※)の派遣(1団体あたり4名程度を想定)
※本基金の助成先が挑む課題の深掘りをサポートするボランティアスタッフの呼称です。
(3)「アドバイザー」のサポート
一般社団法人地域問題研究所の研究スタッフがアドバイザーとして参画し、必要に応じたアドバイスを行う予定です。
(4)『あいちの課題深掘りBOOK』2015への掲載
『あいちの課題深掘りBOOK』は、当財団の助成先が解決に挑む地域課題等を紹介した、当財団の年次報告書です。本助成事業で深掘りした地域課題は、1団体あたり4ページの「特集」として掲載します。
(5)あいち「見える化」ウェブ(※)への掲載
※愛知県内のざまざまな地域課題を知り、その解決に挑むNPOへの寄付を促すWebサイトです。
http://mieruka.aichi-community.jp/
2.助成金額
(1)1件あたりの上限は10万円(申請額は万円単位、端数切り捨て)
申請いただいた調査・研究に関する事業の執行に関わるものであれば、助成金の使途に制限はありません。
(2)助成金交付時期と方法
助成金は「助成事業計画書」提出後、原則2016年4月末までにご指定の口座へ振り込みます。なお、事業終了後の精算額が助成額より下回った場合、差額を返還していただきます。
3.助成先が実施すること
(1)2016年4月2日(土)に開催する「集合研修」に参加すること
(2)2016年5月15日(日)に開催する「中間報告会」に参加すること
(3)ボランティアスタッフ「モグラー」や「アドバイザー」とともに、地域課題を深く追求し(深掘りし)、『あいちの課題深掘りBOOK』2015にまとめること
(4)2016年7月末までに「ステップ」に向けた8月〜12月までの計画とKPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標)を設定すること
(5)定期的(月1回程度)に活動状況等をWebサイトやブログに掲載し、SNSで拡散すること(※)
※当財団のWebサイトに、各団体のブログ等を見ることができる専用ページを作成します。
(6)事業実施期間終了後1ヶ月以内に、助成事業における「成果報告書」を当財団へ提出すること
(7)本助成事業に取り組んだボランティアスタッフ等との「振り返り会」に参加すること(開催予定は2016年8月)

●ステップ(助成事業期間:2016年8月1日〜2017年9月30日)
「ホップ」で可視化された「課題」と「先行事例」をもとに、解決策(助成事業)の検討や実験、ブラッシュアップを行います。
1.助成先が受けられるサポート
(1)「仮想理事会(解決策検討会議)」の実施(1回2時間を想定/2016年10月〜11月)
当財団役員や評議員がその場だけの仮想理事となり、解決策について検討します。
(2)「助成事業」の実験(2017年1月〜6月)
仮想理事会で検討した解決策(助成事業)に半年間取り組みます。
(3)「仮想理事会(解決策ブラッシュアップ会議)」の実施(1回2時間を想定/2017年7月〜8月)
半年間の解決策の実験後、当財団役員や評議員が再びその場だけの仮想理事となり、解決策をさらにブラッシュアップします。
2.助成金額
(1)1件あたりの上限は50万円(※)を想定(申請額は万円単位、端数切り捨て)
申請いただいた事業の執行に関わるものであれば、助成金の使途に制限はありません。
※2016年12月31日までに集まった寄付総額に応じて助成します。
(2)助成金交付時期と方法
助成金は2017年1月末までにご指定の口座へ振り込みます。なお、事業終了後の精算額が助成額より下回った場合、差額を返還していただきます。
3.助成金額の決定方法
(1)2016年12月に選考委員長と協議の上、決定します。
(2)ヒアリングでは、「助成事業申請書」「CANPANで開示されている情報」「インターネットなどで公開されている情報」なども確認した上で、選考委員の合議(※)により助成金額を決定します。
※選考委員会の判断により、助成額が申請額から変更(増減額)されることもあります。
4.助成先が実施すること
(1)毎月の取り組みをまとめたマンスリーレポートを提出すること(前月分を翌月10日までに提出)
(2)2016年12月9日(金)までに、助成事業申請書を提出すること
(3)定期的(月1回程度)に活動状況等をWebサイトやブログに掲載し、SNSで拡散すること(※)
※当財団のWebサイトに、各団体のブログ等を見ることができる専用ページを作成します。
(4)2017年8月26日(金)までに解決策をブラッシュアップし、事業指定プログラム「ミエルカ」2017の助成事業申請書を当財団へ提出すること

●ジャンプ(寄付募集への挑戦期間:2017年10月1日〜2018年3月31日)
⇒助成事業実施期間は「2018年4月1日(日)〜2019年3月31日(日)」
事業指定プログラム「ミエルカ」2017を通して、解決策の実施に必要な「お金」や「人」を集めます。
1.助成先が受けられるサポート
(1)寄付の受付・決済
(2)広報やPRのサポート
(3)「集合研修」の実施
(4)ボランティアスタッフ「フレンドレイザー」(※)の派遣(1団体あたり4名程度を想定)
※事業指定プログラム「ミエルカ」に参加するNPOの“志金”調達を応援するボランティアスタッフの呼称です。
2.申請額(助成限度額)
申請額(助成限度額)の上限に定めはありませんが、下限は原則、50万円を想定しています。補助率のような制限もなく、実施事業にかかる費用の100%を申請可能です。また、申請いただいた事業の執行に関わるものであれば助成金の使途に制限はありません。助成される金額は、実際に集まった寄付金額から当財団の運営費を引いたものになります(※)。
※寄付募集額は、申請額に当財団の運営費等を加えた額となります。
※助成金は寄付募集期間後、集まった寄付金から当財団運営費を除いた金額を助成します。
3.選考について
(1)当財団の事務局スタッフとボランティアスタッフ「フレンドレイザー」が、「一次選考」として書類選考を行います。「最終選考」では、当財団が設置する選考委員会でヒアリング選考を行い、結果をメールまたは文書で通知します。
※本プログラムは3年間の継続助成を前提としていますが、本選考の結果、「ジャンプ(寄付募集への挑戦期間)」に進めないこともあります。
(2)申請〆切後、一次(書類)選考前に事務局で申請書を確認し、2017年9月上旬までに事務局スタッフの感想を各申請団体へフィードバックします。このフィードバックを受けて、申請書を再提出していただくことも可能です。
(3)選考では「助成事業申請書」「CANPANで開示されている情報」「インターネットなどで公開されている情報」などを確認した上で、選考基準をもとに、選考委員の合議により採択の可否を決定します。
4.助成先が実施すること
(1)集合研修やイベントに参加すること
(2)定期的(週1回程度)に活動状況や寄付総額等をWebサイトやブログに掲載し、SNSで拡散すること
(3)寄付のお願いやお礼状を作成すること
(4)寄付募集期間終了後3週間以内に、「宣言書」「助成金交付申請書」「寄付募集に関するアンケート」「助成事業計画書」を当財団へ提出すること
(5)事業実施期間終了後1ヶ月以内に、助成対象事業全体に関する「成果報告書」を当財団へ提出すること
(6)「助成事業中間報告会」に参加し、報告すること(2016年10月頃に開催予定)

9.お問い合わせ・申請先
公益財団法人あいちコミュニティ財団 事務局
担当:佐藤、玉置、長谷川
E-mail: office@aichi-community.jp
tel: 052-936-5101
fax: 052-982-9089
〒461-0002
愛知県名古屋市東区代官町39-18
日本陶磁器センタービル5F 5-D号室
NPO法人中部リサイクル運動市民の会内


10.詳細情報
詳しくは、ホームページを御参照ください。
http://aichi-community.jp/

※詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。

20151117子どもとつくる基金表.jpg
20151117子どもとつくる基金裏.jpg

-----------------------------------------------------------------
あいちコミュニティ財団からの情報提供です。(スタッフ 安田知里)
posted by iCASC2 at 17:25| Comment(0) | 補助助成

2015年11月13日

東洋ゴムグループ環境保護基金助成団体募集

東洋ゴムグループ環境保護基金 助成団体募集

1. 名称:東洋ゴムグループ環境保護基金 助成団体募集

2. 締切期日:10月1日(木)〜11月30日(月)当日消印有効

3. 対象団体と事業内容と補助・助成
生物多様性の保全や環境問題等に取り組む団体活動で 助成が必要と認められる団体。

●事業内容
イベント・啓発活動、環境教育・体験学習、里山整備、河川環境整備、地域環境整備、生態系保護、リサイクル、研究等、その他環境に係る団体活動

●助成金額 1団体 原則 100万円以下

4. お問合せ先
公益財団法人 大阪コミュニティ財団 事務局(山本・勝山・中川)
〒540-0029 大阪市中央区本町橋2-8 大阪商工会議所5階
TEL 06-6944-6260 FAX 06-6944-6261

詳細情報
ホームページをご参照ください。
●東洋ゴム工業(株)
 E-mail  info@osaka-community.or.jp
 http://www.toyo-rubber.co.jp/eco/stakeholders/application/

●大阪コミュニティ財団
http://www.osaka-community.or.jp/contents/grant/grant_guide.htm

※詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 川野)
posted by iCASC2 at 13:29| Comment(0) | 補助助成