2016年01月24日

2016年度東日本大震災の被災地支援事業の助成先を募集(復興支援)

2016年度東日本大震災の被災地支援事業の助成先を募集(復興支援)

1. 名称:2016年度東日本大震災の被災地支援事業の助成先を募集(復興支援)

2. 締切期日:2015年12月1日〜2016年1月31日

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
当事業団は東日本大地震の被災地支援のため助成金制度を設けています。2016年度も継続して行う予定です。
16年度の支援対象は「こども」「障害者」「高齢者」への支援事業を展開している団体にしたいと考えています。

●対象団体
復興のため活動している団体で 上記テーマに関し 16年度に新たな事業展開を予定している あるいは現在事業展開しているがさらに活動を活発化させたいと考えている団体がありましたら自薦・推薦を問いませんのでご連絡ください。

●助成金額
1件の上限額 2,000,000円

4. お問い合わせ先
〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1
社会福祉法人 読売光と愛の事業団
TEL 03-3217-3473 FAX 03-3217-3474

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.yomiuri-hikari.or.jp/work/report/hisaichishien.htm#001201

※詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 川野)
posted by iCASC2 at 15:46| Comment(0) | 補助助成

2016年01月23日

第24回「共に生きる」ファンド募集(東日本大震災被災者支援)

第24回「共に生きる」ファンド募集(東日本大震災被災者支援)

1. 名称:第24回「共に生きる」ファンド募集(東日本大震災被災者支援)

2. 締切期日:2016年2月2日〜2016年2月9日

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
東日本大震災で被災された方々や被災地域の復興までの支援活動全般(行政との連携を含む) 。被災地における活動だけでなく 全国にある被災者の避難先、原子力発電所事故に伴う住民の避難先における活動も対象とします。
●対象団体
応募時点で法人格を取得済の非営利法人であること(任意のボランティアグループや団体等は含みません)。
独立した理事会及び事務局が存在していること。
活動報告に必要な経理を実施できる団体であること。
「共に生きる」ファンドに応募するにあたり組織としての合意・決定を行っていること。
被災地において 地元の非営利法人が支援活動を行うことを優先的にサポートします。

●助成金額
1回の助成上限額
【JPF「共に生きる」ファンドの助成を受けたことがない場合】
1. 非営利団体で法人登記から1年未満の団体は原則1事業あたり100万円まで。
2. 法人登記から1年以上経過しているが前年度の支出実績が 50万円未満の団体は1事業あたり100 万円まで。
3. 前年度の支出実績が 50 万円以上、200 万円未満の団体は 1事業あたり 500 万円まで。
4. 前年度の支出実績が 200 万円以上の団体は原則1事業あたり 1,000 万円まで。
【JPF「共に生きる」ファンドの助成を受けたことがある場合】
原則1事業 1,000 万円まで。

4. お問い合わせ先
特定非営利活動法人 ジャパン・プラットフォーム 事務局国内事業部(震災担当)
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-6-5 麹町GN安田ビル 4F
E-mail  proposal@japanplatform.org   FAX  03-6261-4753
お問い合わせは電子メールまたはファックスにてお願いたします。
5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://tohoku.japanplatform.org/tomoniikiru/

※詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 川野)
posted by iCASC2 at 17:29| Comment(0) | 補助助成

2016年01月18日

2016年度国際交流事業一般公募助成【締切:2016年1月29日(金)】

1. 名称
2016年度国際交流事業一般公募助成

2. 締切期日
2015年12月1日(火)〜2016年1月29日(金)

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
国際的なシンポジウムへの支援や子ども絵画の交流など国際理解・国際交流の推進につながるような活動を通じ、国際相互理解を深める事業に取組む団体

●助成金額
申請区分により異なる
1.一般団体(NPOなど) 50〜100万円程度
2.学生団体       30〜50万円程度
(※事業費用の不足分を助成)

4. お問い合わせ先
公益財団法人 三菱 UFJ 国際財団 事務局
〒105-0014 東京都港区芝 2-4-3
TEL 03-5730-0336  FAX 03-5232-0310

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.mitsubishi-ufj-foundation.jp/anken-ichiran_2015_2.html

※詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 安田)
posted by iCASC2 at 09:14| Comment(0) | 補助助成

ソーシャルデザインアワード2016【締切:2016年1月31日】

1. 名称
ソーシャルデザインアワード2016

2. 締切期日
2015年10月5日〜2016年1月31日

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
「社会をより良くするためのしくみ」=「ソーシャルデザイン」
ソーシャルデザインアワードは「社会をよりよくするためのしくみ」を広く募集するコンペティションです。

「ソーシャルデザイン」とは 今この瞬間 社会に関わっている私たち一人ひとりが これからの社会をよりよく より幸せな社会へしていくために 何らかのアクションを起こし アイデアにかたちを与えていくこと。そうして生まれたモノゴトの持続可能な「しくみ」をつくっていくことです。

「ソーシャルデザインアワード2016」では このような「ソーシャルデザイン」の考え方・思考に基づいたプロジェクト、プランニングや実施過程で生まれた商品、プロダクトのプロトタイプ、アート作品、WEBやアプリ またはそれらを内包する実施計画、事業・企画全体までを含めた 幅広い内容を、募集対象とします。

● 賞
入選賞1万円(各部門20点)
入選者の中から各賞を決定いたします。
1.グランプリ 50万円(1本)※1
2.アート賞 10万円(1本)※2
3.プロダクト賞 10万円(1本)※3
4.プロジェクト賞 10万円(1本)※4
5.オーディエンス賞 3万円+Pen年間購読権(1本)※5
6. 協賛社特別賞(IDÉE 賞・J-WAVE賞)
※1総合的に最も優れている作品
※2アートの視点で優れている作品
※3プロダクトデザインの視点で優れている作品
※4プロジェクトの視点で優れている作品
※5来場者投票で得票が高い作品

●対象団体
16歳以上の方は どなたでもご応募いただけます。プロ・アマは、問いません。
※個人、グループ、法人、学校など、特に問いません。
※応募書類提出時点で16歳以上の方
※国籍は問いません。

4. お問い合わせ先
応募に関するお問合せは電話または E-MAILにて「ソーシャルデザインアワード 2016」事務局までお願い致します。

E-MAIL info@socialdesign-award.jp
TEL 03-5777-1424 
2015年10月5日(月)〜2016年1月29日(金)平日11:00〜18:00

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.konicaminolta.jp/plaza/social-design-award_2016/index.html


※詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 安田)
posted by iCASC2 at 09:13| Comment(0) | 補助助成

2016年01月16日

2016年度(第11回) アステラス・スターライトパートナー患者会助成

2016年度(第11回) 
アステラス・スターライトパートナー患者会助成

1. 名称:2016年度(第11回) アステラス・スターライトパートナー患者会助成

2. 締切期日:2015年11月2日〜2016年1月29日

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
1.会の自立や育成につながる活動
・医療講演会や勉強会、疾患啓発イベントの開催
・相談会や交流会の開催
・患者会や患者家族会の役割や活動がわかりやすく紹介できる冊子の作成
・(定期刊行物などの会報誌は除く)
・疾患など実態調査
・緊急時や災害に対する会の取組み

2. 会の役員やリーダー・会員などの人材育成が期待できる活動
・リーダー研修やピアサポート研修等の自主開催
(ex.アステラス主催ピアサポート研修参加や会でのピア研修自主開催)
・研修用資材の自主作成
・他団体が開催する研修会やイベントへの参加
・役員・リーダー研修への派遣費用
※行政、医療機関や医療関係者が主催・運営する企画やイベントへの助成金は対象外とします。
●対象団体
・患者または患者家族の会、患者会の連合組織 
・医療用医薬品製造販売業公正取引協議会の公正競争規約に抵触しない団体であること
・営利・政治・思想および宗教活動を目的としていない団体であること
・患者団体との関係のアステラス透明性ポリシーに基づく情報公開に同意できる団体であること
・日本国内に活動拠点がある団体であること
・医療関係者※1が役員※2に就任していない団体であること
●助成金額
助成金総額  8,500,000円   1件の上限額  500,000円

4. お問い合わせ先
スターライトパートナー事務局
〒103-8411 東京都中央区日本橋本町2-5-1
アステラス製薬 総務部
TEL 03-3244-5110、FAX 03-5201-6611
E-mail star-light@jp.astellas.com
月曜〜木曜日 9:00〜17:00
金曜日    9:00〜16:00 (土日・祝日・会社休日を除く)

5.詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.astellas.com/jp/csr/social/patient/koubo.html

※詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 川野)

posted by iCASC2 at 09:58| Comment(0) | 補助助成

2016年01月15日

平成28年度東北の未来をつくる女性と子ども応援プロジェクト

平成28年度東北の未来をつくる女性と子ども応援プロジェクト

1. 名称 :平成28年度東北の未来をつくる女性と子ども応援プロジェクト

2. 締切期日:2015年12月17日〜2016年1月29日

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
岩手県・宮城県・福島県をはじめとする被災地の、女性と子どもを対象とした支援活動を実施する団体 もしくは新たなチャレンジを目指している女性グループ(法人格の有無は問いません)の中で 次の3つの「活動カテゴリー」に区分される活動を行っている団体を募集します。
応募申請書に 最も適する「活動カテゴリー番号」を1つだけ記入してください。

1.子どもの教育・体験活動・心のケアに資する支援活動
2.輝く女性の新たなチャレンジ及びその支援活動
3.その他、特別に助成を必要とされる事業

●助成金額
助成総額 11,500,000円

4. お問い合わせ先
本助成についてのご質問はメールのみで受け付けますので 以下までお問合せください。
担当 株式会社フヨウサキナ 企画本部 辻林
E-mail mirai-tohoku@saqina.jp

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://saqina.jp/news/post_94.html

※詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 川野)
posted by iCASC2 at 15:29| Comment(0) | 補助助成

地域活動団体への助成「生活学校助成」

地域活動団体への助成「生活学校助成」

1. 名称:地域活動団体への助成「生活学校助成」

2. 締切期日:2016年1月29日(金)必着

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
近所の一人暮らしのお年寄りや子どもたちの見守り ごみの収集や資源リサイクル活動など 身近な地域や暮らしの課題について 実践活動を通じて解決に取り組む地域活動団体を対象とします。
●助成金額
6万円(初年度3万円 2年目3万円)

4. お問い合わせ先
公益財団法人あしたの日本を創る協会 生活学校担当
〒106−0031 東京都港区西麻布3-24-20 交通安全教育センタービル4階
TEL 03-5772-7201  FAX 03-5772-7202
E-mail ashita@ashita.or.jp

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.ashita.or.jp/sg2.htm

※詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 川野)
posted by iCASC2 at 15:21| Comment(0) | 補助助成

平成28年度「地域の伝統文化保存維持費用助成」

平成28年度「地域の伝統文化保存維持費用助成」

1. 名称:平成28年度「地域の伝統文化保存維持費用助成」

2. 締切期日:平成28年1月29日(金)(当日消印有効)

3. 対象団体と事業内容と補助・助成
古来各地に伝わる「民俗芸能」ならびに「民俗技術」の継承 とくに後継者育成のための諸活動に努力をしている個人または団体
●助成金額 
【民俗芸能は1件の上限70万円】 【民俗技術は1件の上限40万円】

4. お問合せ先
公益財団法人 明治安田クオリティオブライフ文化財団
TEL (03)3349-6194   FAX (03)3345-6388

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.meijiyasuda-qol-bunka.or.jp

※詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 川野)
posted by iCASC2 at 15:16| Comment(0) | 補助助成

東海地域NGO活動助成金募集

東海地域NGO活動助成金募集

1. 名称:東海地域NGO活動助成金募集

2. 締切期日:1/8(金)〜1/26(火)必着

3.事業内容と対象団体と補助・助成                                
東海地域を拠点に活動するNGO団体の活動を支援し その発展に寄与することを目的に 2009年1月に設立されたものです。
●対象団体
愛知、岐阜、三重、静岡県内に活動拠点があるNGO団体で 申請時において設立後3年以上経過し 継続的な活動実績がある団体。
法人格の有無は問いませんが 民主的で開かれた組織運営がなされていること。
●助成金額
1件あたり20万円 助成総額100万円を上限。

4. 応募書類提出先、お問い合わせ先
〒460-0004 愛知県名古屋市中区新栄町2丁目3番地 YWCAビル7階 
特定非営利活動法人 名古屋NGOセンター事務局(担当 村山)
TEL FAX 052-228-8109  e-mail  info@nangoc.org
(火〜土曜日の13時から17時まで 祝日を除く)

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.nangoc.org/information/ngo18126.php

※詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 川野)
posted by iCASC2 at 15:12| Comment(0) | 補助助成

2016年01月12日

一般助成(福祉)【締切:2016年1月21日】

1. 名称
一般助成(福祉)

2. 締切期日
2015年12月1日〜2016年1月21日

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
一般助成区分
事業・活動 70万円
(1)身体障害などの理由により困難な状況にある幼児・若年者の順調な育成・教育の支援
(2)社会的、家庭的事情により一般の教育施設での教育を受けられないものに対する教育の支援
(3)市民、特に若年者の健全な社会的生活に必要な各種の啓蒙活動や支援
(4)障害者・老齢者・各種施設居住者の諸活動の支援
(5)障害者・老年者・更正施設の人たちに対する芸術的慰問

研究(事業・活動の各項目に関する研究)
【大学院生】 30万円
※大学院生(個人)による研究(原則として修士・博士論文)
【一 般】 50万円
※個人またはグループによる研究(原則として学生以外)

設備・備品 150万円
※学校やその他の教育施設における身障者の学習を援助する機器や備品の購入
※事業・活動の各項目に関連して必要な備品の購入や施設の整備

会議参加 30万円
※事業・活動の各項目に関連する海外での会議・シンポジュームへの参加

会議開催 50万円
※事業・活動の各項目に関連する会議・シンポジュームの国内での開催

●対象団体
実際に日本国内で活動あるいは研究に従事している団体ないし個人・グループ。
団体・グループとは、実際の活動を2人以上で行っていること。
活動の拠点となる事務所(代表者宅でも可)が確立していること。
法人である必要はないが、組織と代表責任者及び会計責任者が確立していること。
原則的に1年以内に終了する事業・研究を対象とする。
当会が公示する助成金に関する注意要項を厳守できるもの。

4. お問い合わせ先
(公財)倶進会
※ ご質問がある方は メール もしくはFAXにてお問合せ下さいますようお願い致します。
e-mail mail@gushinkai.com
FAX 03-5366-5040

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.gushinkai.com/jyosei/


※詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 安田)
posted by iCASC2 at 16:50| Comment(0) | 補助助成