2018年08月18日

平成31年度 花博記念協会助成金

1. 名称
平成31年度 花博記念協会助成金

2.平成30年8月1日(水)〜平成30年9月14日(金)(当日消印有効)

3.事業内容と対象団体と補助・助成
国際花と緑の博覧会の「自然と人間との共生」という理念の継承発展または普及啓発に資する事業であって、生命の象徴としての「花と緑」に関連する広汎な分野おいて、科学技術または文化の発展または交流に寄与するもを対象としています。
事業区分
(1) 調査研究
植物や鳥、昆虫などの生き物の分布、生態、分類などに関する調査研究
生活文化の中に取り入れられた植物と人間に関する調査研究
国内外の日本庭園や花卉園芸品種などに関する調査研究
上記のような調査研究等の成果に関する講演会、シンポジウム、出版など
先進的、効果的な都市緑化に関する技術開発
緑化樹木や花卉の品質向上、生産・流通に関する技術開発
(2) 活動・行催事
ア. 活動
植物や鳥、昆虫など生き物の保全、育成に関する活動
市民による花と緑の地域づくりに関して、全国的にも好例となるような活動
イ. 行催事
花と緑の効果的な普及啓発につながるイベント
自然環境の保全、育成に関するセミナー、シンポジウム、事業の成果に関する出版など
(3) 復興活動支援
東日本大震災及び熊本地震の被災地である、青森、岩手、宮城、福島、茨城、千葉、熊本、大分の各県における仮設住宅の周辺や公共的な空間などにおける花や緑を活用した復興活動で次のもの
花や緑の苗木の植栽
花壇やプランターなどの整備や栽培指導
切り花や寄せ植え等の多様な花育活動
花や緑に関する専門家の派遣
その他、花や緑を活用した復興活動
応募対象者
(1)公益・一般財団法人、公益・一般社団法人
(2)特定非営利活動法人(NPO)
(3)人格なき社団のうち非収益団体であって代表者の定めがあるもの。
(研究グループ、実行委員会、活動クラブ、友の会、ボランティア団体など。)
助成金額及び助成率は、事業区分に応じて次のとおりです。
・調査研究:一件当たり100万円以内で、2分の1以内
・活動・行催事:一件当たり50万円以内で、2分の1以内
・復興活動支援:一件当たり50万円以内で、5分の4以内

4.お問合せ先
公益財団法人国際花と緑の博覧会記念協会 企画事業部第1課
〒538-0036 大阪市鶴見区緑地公園2-136
TEL:06-6915-4516  FAX:06-6915-4524
E-mail:clover@expo-cosmos.or.jp
@を半角に変換してメールをお送りください。

5.詳細情報
http://www.expo-cosmos.or.jp/main/zyosei/log/31/invitation.html
http://www.expo-cosmos.or.jp/main/zyosei/log/31/pdf/ouboyoukou-31.pdf

--------------------------------------------------------------------
(スタッフ 松嶋)
posted by iCASC2 at 17:05| 補助助成

夏休み地球市民作文コンクール

1.名称
夏休み地球市民作文コンクール

2.締切期日
2018年8月1日(火)〜8月31日(金)

3.事業内容と対象団体と補助・助成
 ECOは持続可能な地球のために、5つの地球市民運動を展開しています。
貧困、戦争、環境破壊などのない社会を実現する為に、一人ひとりが人間性を回復し、調和の感覚に目覚めた地球愛・地球人精神をもつ人材育成、および心と体の健康と幸せを回復した、生活・教育・文化の普及を通して社会と人類と地球に貢献していく運動を実施しています。
応募資格
小学1年生から何歳の方でもご応募いただけます。
募集内容
わたしの地球市民運動
「地球市民運動」の5つの分野を参考に、自由なテーマでお書きください。
〈例〉
@人間性回復
・人間性を回復するために何をすればよいか
A健康
・「地球市民1分運動」を1日10回、21日間続けた感想
B自然環境
・友達を誘って一緒にクリーンアップ活動した感想
・災害支援活動をした感想
・植物を育てた感想
C教育
・「自信」を育てるために行っていること
D文化・アート
・未来に残したい景色、暮らし

地球市民最優秀賞 (1点)賞状・図書カード 5000円
地球市民優秀賞  (3点)賞状・図書カード3000円
地球市民奨励賞  (10点)賞状・書籍「人生120年の選択」

4.お問合せ先
愛知県名古屋市東区徳川一丁目901番地サンエース徳川4階
メール info@earthcitizen.jp
電話 052-933-7115

5.詳細情報
https://earthcitizen.jp/essay-contests/

--------------------------------------------------------------------
一般社団法人 Earth Citizens Organizationからの情報提供です。
posted by iCASC2 at 09:48| 補助助成

2018年08月17日

【募集延長】元気シニア応援団体に対する助成活動

1.名称
元気シニア応援団体に対する助成活動

2.募集期日
2018年7月2日(月)〜9月7日(金)<当日消印有効>
※今般の平成30年7月豪雨を受け、募集期間を9月7日(金)まで延長されました。

3.事業内容、対象団体・事業について
●事業内容
生命保険協会は、社会公共の福祉増進に努めるとともに、広く国民生活の安定に貢献
したいと考えております。
この活動はその一環として、地域社会において、高齢者を対象にした健康管理・増
進、自立支援、生きがいづくり等の
活動に取り組んでいる民間非営利の団体、ボランティアグループ、特定非営利活動法
人(NPO法人)等(以下「団体」という)
に対し、資金の助成を行うことで、高齢者が健やかで心豊かに生活できる地域社会の
環境整備に寄与し、
地域福祉の一層の推進を図るものです。

●対象団体
日本国内において、高齢者を対象にした健康管理・増進、自立支援、生きがいづくり
等の活動を行っている、
下記の要件をすべて満たす団体とします。
(1)助成申請時点で1年以上の活動実績を有し、少なくとも月1回以上の定例活動
日を定め継続して運営していること
(2)下部組織への支援または物品の貸出し等のみを行う団体でないこと
(3)団体の設立趣旨や活動内容が特定の政党、宗教等に偏っていないこと
※法人格を有する団体は特定非営利活動法人(NPO法人)、一般社団法人および一般
財団法人のみ対象とします。
※団体名が途中で変更されていても、主な活動内容を変更していなければ名称変更前
の活動期間も、
活動実績として含めて構いません。

●対象事業
(1)助成対象団体が行い、次の要件をすべて満たす活動とします。
@高齢者を対象にした健康管理・増進、自立支援、生きがいづくり等を行う活動
A構成員だけでなく、地域の高齢者等の参加が可能な活動
B日本国内で行う活動
※なお、申請いただく活動は、従来から継続している活動(継続活動)、従来から継
続している活動を
発展させて行う活動(発展活動)、新たに開始する活動(新規活動)のいずれでも構
いません。

●助成金額
1団体あたり上限額12万円(助成総額最大500万円)

●助成金の活用期間
2019年4月〜2020年3月

4.宛先・問い合わせ
生命保険協会広報部内「元気シニア応援活動」事務局
〒100-0005
東京都千代田区丸の内3丁目4番1号新国際ビル3階
電話 03―3286―2643
FAX 03―3286―2730

5.詳細情報
http://www.seiho.or.jp/

--------------------------------------------------------------------
(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 17:24| 補助助成

2018年度 社会福祉事業 NPO基盤強化資金助成

1.名称
2018年度 社会福祉事業 NPO基盤強化資金助成

2.締切期日
2018年9月3日(月)〜10月12日(金)

3.事業内容と対象団体と補助・助成
●対象団体
<1>募集地域
東日本地区(以下の都道府県)
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・東京都・神奈川県・
埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県・山梨県・新潟県・長野県・富山県・石川県・福井県・愛知県・岐阜県・静岡県・三重県
<2>助成対象者
特定非営利活動法人・社会福祉法人
<3>助成対象事業
社会福祉に関する活動を行う団体を対象とし、原則として2020年3月末までに完了する事業が対象です。

●助成内容
団体の基盤強化に結びつく事業に必要な費用
組織の強化に必要な費用
事業活動の強化のために行う、新規事業、あるいは既存事業の拡充・サービス向上に必要な費用

●助成上限金額
1団体50万円を上限とします。 (総額1,000万円を予定)
※選考において、申請金額を減額して助成決定する場合があります。

4.お問い合わせ先
〒160-8338 東京都新宿区西新宿1−26−1
公益財団法人損保ジャパン日本興亜福祉財団 事務局
TEL 03-3349-9570
FAX 03-5322-5257

5.詳細情報
ホームページをご覧ください。
http://www.sjnkwf.org/jyosei/kibankyouka.html

---------------------------------------------------------------------
公益財団法人損保ジャパン日本興亜福祉財団からの情報提供です。(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 17:20| 補助助成

第14回TOTO水環境基金

1. 名称
第14回 TOTO水環境基金

2. 締切期日
2018年 10月20日  ※当日消印有効

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
 地域の水とくらしの関係を見直し、再生することを目指した創造的な取り組みを支援します。
これにより、地域で暮らす人たちがともに水とくらしの多様な関係を学び、これからの水とくらし
の望ましい関係を考え、それぞれの地域の特徴を活かした、新しい文化を創り出す契機となるこ
とを期待します。

●助成対象
地域の水環境や生物多様性の保全・再生につながる実践活動
スタートアップ・ステップアップをめざす市民団体の活動

●助成期間
2019年4月1日〜2022年3月31日(最長)
※計画に応じて助成期間(1〜3年)を設定いただけます。

●助成金額
1件あたり、上限80万円/年×最長3年(最大240万円)。
申請された活動内容・予算内容を精査の上、助成金額を決定します。

4. お問い合わせ先
TOTO株式会社
総務部総務第二グループ
担当:津田、原
〒802-8601 北九州市小倉北区中島2-1-1
TEL:093-951-2224/FAX:093-951-2718

5. 詳細情報
ホームページをご覧ください。
https://jp.toto.com/company/csr/environment/mizukikin/index.htm

---------------------------------------------------------------------
TOTO株式会社からの情報提供です。(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 17:08| 補助助成

子供の未来応援基金

1. 名称
子供の未来応援基金

2. 締切期日
2018年9月21日(金)17時まで

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
貧困の状況にある子供たちの抱える困難やニーズは様々であり、貧困の連鎖を解消するためには、制度等の枠を越えて、一人ひとりの困難に寄り添ったきめ細かな支援を弾力的に行うことが必要です。
草の根で支援活動を行うNPO法人等の運営基盤の強化や、掘り起こしを行い、社会全体で子供の貧困対策を進める環境を整備することを目的に、NPO法人等への支援金の交付を行います。

●支援対象団体
@公益法人(公益社団法人又は公益財団法人)
ANPO法人(特定非営利活動法人)
B一般法人(一般社団法人又は一般財団法人)
Cその他ボランティア団体、町内会など
 非営利かつ公益に資する活動を行う法人又は任意団体

●支援対象事業
子供の貧困対策のための事業
(2019年4月1日から2020年3月31日まで)

●支援金額等
上限金額・・・・500万円
対象経費・・・・支援事業を実施するために真に必要な経費
(ただし、支援2回目の法人等は300万円又は前回の交付額の7割のいずれか高い額、
支援3回目の法人等は300万円 )

4.お問い合わせ先
独立行政法人 福祉医療機構NPOリソースセンター NPO支援課
電話:03-3438-4756
月曜〜金曜 9:00〜17:00( 祝祭日除く)
(なお、つながりにくい場合は03-3438-9942におかけください。)
FAX:03-3438-0218

5. 詳細情報
詳しくは、独立行政法人福祉医療機構ホームページ内をご覧ください。
http://www.wam.go.jp/hp/cat/kodomomiraikikin/
「子供の未来応援基金」ページ内「未来応援ネットワーク事業」欄へ

基金公募チラシ.jpg

基金公募チラシ2.jpg


-------------------------------------------------------------------------
子育て支援課からの情報提供です。(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 15:59| 補助助成

2018年08月10日

お金をまわそう基金 助成先団体募集

1.名称
お金をまわそう基金 助成先団体募集

2.締切期日
2018年8月1日(水)〜 2018年9月28日(金)

3.事業内容、対象団体、助成額
●事業趣旨
寄付の文化を高め、広く社会を巻き込むことでより良い世の中を創る。理念ある団体の活動を想いある個人・法人へ伝え支援できる仕組みをつくろうという考えでお金をまわそう基金が生まれました。より良い社会にしようというすばらしい理念のもと活動に勤しむ団体とその活動を応援する人たちをつないで、日本全国に寄付の文化をどんどん広めていく。想いとお金を100%届けられる寄付のポータルサイトと言えるかもしれません。公益財団法人お金をまわそう基金は社会を変える仕事をする人たち・団体のみなさまからの助成申請をお待ちしております。

●対象団体
任意団体を除く非営利団体が行う非営利活動・公益事業のうち、当財団が対象とする分野で活動している団体です。

●助成額
助成事業に対する限度額は、当財団が募集する期間において、助成対象となる事業を行う上で直接必要となる経費を限度とします。
経費については、団体等の運営に恒常的に発生する費用(管理費にあたる一部の人件費など)は当財団の助成対象としておりませんが、収益事業がなく公益目的事業の割合が大きい場合は対象とします。しかし飲食代などの会議費等は対象となりません。

4.問い合わせ先
公益財団法人 お金をまわそう基金 事務局
〒102-0082 東京都千代田区一番町29番地2
TEL:03-6380-9864(平日10時〜17時)
FAX:03-6380-9865
e-mail:info@okane-kikin.org

5.詳細情報
ホームページをご参照ください
公式HP:https://okane-kikin.org/
募集要項:https://www.tvac.or.jp/res/attach/daily/44162_1.pdf

-------------------------------------------------------------------------
(スタッフ 野田)
posted by iCASC2 at 18:22| 補助助成

2018年08月08日

2018年度 スミセイ コミュニティスポーツ推進助成プログラム

1. 名称
2018年度 スミセイ コミュニティスポーツ推進助成プログラム

2. 締切期日
2019年9月10日〜2018年10月10日

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
一般課題・・・ 地域の暮らしの中で一人ひとりの健康問題の解決につながる先駆的で独創的なコミュニティスポーツの実践
特定課題・・・ 心身の障がいや長期療養などにより社会参加に困難を抱える人々を中心としたコミュニティスポーツの実践

4.助成種別
第1種助成 特定の地域を拠点として独自のコミュニティスポーツに取り組むもの
第2種助成 地域や分野の複数の団体が協力してチームを作りコミュニティスポーツの発展と展開に取り組むもの

●対象団体
・民間の非営利団体(法人格の種類や有無を問わない)、あるいは、民間の非営利団体を含む複数の主体によるチームであること
・日本国内に活動拠点があり、原則として2年以上の団体運営と活動実績があること(チームの場合は構成団体の一つにおいてこの要件を満たしていること)
・団体またはチームの目的や活動が政治・宗教などに偏っておらず 反社会的勢力とは一切関わっていないこと
(個人は対象になりません。 また 助成対象となる団体は スポーツ分野に限りません)

●助成金額
第1種助成 1件  50万円以下、14件程度
第2種助成 1件 200万円以下、4件程度

4.お問い合わせ先
公益財団法人住友生命健康財団 事務局(担当 谷利 天野)
〒160-0003 東京都新宿区本塩町8-2 住友生命四谷ビル6階  
TEL 03-5925-8660
FAX 03-3352-2021
mail sports@am.sumitomolife.co.jp

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.skzaidan.or.jp/

CCI20180808_0002.jpg

CCI20180808_0003.jpg

-------------------------------------------------------------------------

公益財団法人住友生命健康財団事務局からの情報提供です。(スタッフ 安田 )
posted by iCASC2 at 15:50| 補助助成

2018年08月05日

第6回「エクセレントNPO大賞」

1.名称 
第6回「エクセレントNPO大賞」

2.締切期日
2018年7月31日(火)〜 9月14日(金)必着

3.事業内容と対象団体と補助・助成
本賞は、NPO活動の質の向上をめざして努力している団体を、評価を通じて社会に“見える化”し、良質な支援が集まる好循環を生み出すことが目的です。
また、応募されたすべての団体の自己評価書(応募用紙)に対してフィードバック・レター(自己評価に対するコメント)をお送りしています。

〇対象団体
社会貢献を目的にした市民による民間非営利組織(法人格の種類や法人格の有無は不問)

〇賞の構成
・エクセレントNPO大賞
部門賞受賞者から選出されます。
賞状、賞金30万円(部門賞賞金50万円にプラス)、毎日新聞特集記事で紹介

・部門賞
市 民 賞:    賞状、賞金50万円
課題解決力賞: 賞状、賞金50万円
組 織 力 賞:  賞状、賞金50万円

4.お問合せ先
「エクセレントNPO」をめざそう市民会議(言論NPO内)
事務所所在地 東京都中央区湊1丁目1番12号 HSB鐵砲洲4階 言論NPO内
電話番号 03‐6262‐8772(平日9時30分〜17時30分受付)
FAX番号 03‐6262‐8773(24時間受付)
E-mail enpo@genron-npo.net

5.詳細情報
http://www.excellent-npo.net/

-------------------------------------------------------------------------
(スタッフ 木全)
posted by iCASC2 at 12:04| 補助助成

2018年 花王・みんなの森づくり活動助成

1.名称 
2018年 花王・みんなの森づくり活動助成

2.締切期日
2018年8月1日〜2018年10月14日 ※当日消印有効

3.事業内容と対象団体と補助・助成
本助成は、次の世代の子どもたちに緑豊かな環境を継承することを目的に、市民による緑を守り育てる活動を支援するものとして2000年から実施しています。

緑や自然との触れ合いは、子どもたちの豊かな心を育み、人々に安らぎを与えてくれます。より良い環境を引き継いでいくためには、緑豊かな環境づくりと、それを育む人づくりの両面、そしてそれらの活動を長期的に続けていくことが大切であると考えます。

本助成では、持続可能な森づくり活動、緑を守り育てる人づくり活動、花と緑のコミュニティづくり活動、植生回復等生物多様性に資する活動等、身近な緑を守り育てる様々な活動に取組むNPOや市民活動団体を3年間にわたり支援してまいります。

対象団体
国内で身近な緑を守り育てる活動(持続可能な森づくり活動、緑を守り育てる人づくり活動、花と緑のコミュニティづくり活動、植生回復等生物多様性に資する活動、等)に取組む団体(NPO,市民活動団体,自治会等)

森づくり活動と環境教育活動に要する費用を対象として、
1・2年目各50万円、3年目25万円を上限に助成
15〜20 団体を採択予定

4.お問合せ先
公益財団法人 都市緑化機構
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-2-4田村ビル2階
TEL 03-5216-7191(代表) FAX 03-5216-7195
e-mail :midori.infoug_address_aturbangreen.or.jp

5.詳細情報
https://urbangreen.or.jp/info-grant/kao/minmori2018_boshu

--------------------------------------------------------------------
(スタッフ 松嶋)
posted by iCASC2 at 11:57| 補助助成