2019年04月27日

Panasonic NPO/NGO サポートファンド for SDGs

1.名称
Panasonic NPO/NGO サポートファンド for SDGs

2.締切期日
2019年7月16日(火)〜7月31日(水)必着

3.事業内容・対象団体・助成額
【助成対象内容】
第三者の多様で客観的な視点を取り入れた組織基盤強化の取り組みを助成対象とし、次の2つのコースを設けて応援します。
(1)組織診断から始めるコース
1年目に組織診断によって組織の優先課題と解決の方向性を明らかにした上で組織基盤強化計画を立案し、2年目以降に組織課題の解決や組織運営の改善に取り組むコース
(2)組織基盤強化コース
既に組織の優先課題と解決の方向性が明らかとなっており、立案した組織基盤強化計画に基づいて、一年目から具体の組織課題の解決や組織運営の改善に取り組むコース

【対象団体】
・海外助成
 新興国・途上国内で貧困の解消、または貧困と関連のある問題の解消に向けて取り組むNGO
・国内助成
 日本国内の貧困の解消、または貧困と関連のある問題解消に向けて取り組むNPO
・両方共通
 日本国内に事務所、団体設立から3年以上である、有給常勤スタッフ1名以上であること

【助成金額】
「組織診断からはじめるコース」:1団体への上限100万円(1年目)
「組織基盤強化コース」:1団体への上限200万円(毎年)
4.問い合わせ先
・海外助成
 海外助成 協働事務局 
 認定特定非営利活動法人 国際協力NGOセンター(JANIC)
 〒169-0051 東京都新宿区西早稲田 2-3-18 アバコビル 5階
 TEL: 03-5292-2911 FAX: 03-5292-2912
 E-mail; pnsf-sdgs@janic.org
 担当: 伊藤・塚原

・国内助成
 国内助成 協働事務局
 認定特定非営利活動法人 市民社会創造ファンド
 〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町 1-4-3 日本橋 MIビル1階
 TEL: 03-5623-5055 FAX: 03-4523-5057
 E-mail: supprot-f@civilfund.org
 担当: 坂本・霜田

5.詳細情報
https://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/npo_summary.html
---------------------------------------------------------
(スタッフ 岩田)
posted by iCASC2 at 10:26| 補助助成

2019年04月20日

2019年度福祉車両【(公社)24時間テレビチャリティー委員会】

1.名称
2019年度福祉車両【(公社)24時間テレビチャリティー委員会】

2.締切期日
2019年5月20日 (月) 必着

3.事業内容・対象団体
<事業内容>
▼ 24時間テレビ特別仕様福祉車両
第1回より贈呈を続けてきた福祉車両。昨年までの贈呈台数は、11,049台となりました。24時間テレビチャリティー委員会では、毎年車両メーカーと贈呈車両の研究、改良を続けています。2013年からは従来、贈呈を行ってきた車いす移送車両や訪問入浴車に加え、就労支援や訪問介護など団体のニーズに応えることができるオーダーメイドの車両「福祉サポート車」の贈呈も行っています。

▼ 第42回福祉車両ラインナップ
・リフト付きバス
 リモコン操作で昇降するリフトによって、車いすに乗ったまま乗り降りができます。
・スロープ付き自動車
 スロープと、リモコンで操作する電動ウインチベルトのサポートによって、車いすに乗ったまま乗り降りができます。
・訪問入浴車
 浴槽やボイラーなどを搭載した車両です。訪問入浴サービスにご活用いただけます。
・電動車いす
 充電式バッテリを搭載し、手元レバーまたはハンドルの操作によって電動で走行できる車いすです。

<対象団体>
・リフト付きバス
 社会福祉法人(社協以外)、社会福祉協議会、NPO法人、地方公共団体、医療法人、(一般・公益)社団法人・財団法人
 学校法人、任意団体(非法人)、ボランティア団体…など
 ※株式会社、有限会社などの営利を目的とする企業・団体は申込できません
・訪問入浴車
 上記団体のうち、介護保険制度の入浴事業認定団体であること
 又は、自治体が訪問入浴サービスを認定している団体
・電動車いす
 上記団体ならびに個人(身体障害者認定、または要支援1認定を受けている方)

4.問い合わせ先
〒105-7444 東京都港区東新橋1-6-1 日本テレビ「24時間テレビ」
 ※福祉車両・電動車いす申し込みの場合… 福祉車両係 宛
 ※福祉サポート車申し込みの場合… 福祉サポート車係 宛

5.詳細情報
下記URL先をご覧ください
http://www.24hourtv.or.jp/welfare/detail.html

---------------------------------------------------------------------
(スタッフ 野田)
posted by iCASC2 at 20:44| 補助助成

2019年04月17日

ボランティアグループ等が行う事業への助成【公益財団法人太陽生命厚生財団】

1.名称
ボランティアグループ等が行う事業への助成【公益財団法人太陽生命厚生財団】

2.締切期日
2019年6月末日 郵送による必着(FAXによる送信は不可)

3.事業内容、対象団体、助成額
●事業内容●
ボランティアグループ等が在宅高齢者または在宅障がい者等のために福祉活動や文化活動を行うために必要な費用または機器、機材、備品等を整備するための費用に対し助成する。
(在宅高齢者・在宅障がい者等の家族のための福祉活動や文化活動を含みます。また、社会福祉法人等が行う在宅高齢者等への地域公益事業・生活支援事業(例:生活物品入手支援・配送等)を含みます。)

1)対象となる事業または費用
A.在宅高齢者または在宅障がい者等の自助・自立の意欲を引き出し、または鼓舞する等その生活の支援に資する事業・費用
B.在宅高齢者または在宅障がい者等と地域の人々が交流し支え合う地域共生の仕組みづくり事業・費用
 (例:認知症カフェ、地域サロン、生活物品入手支援・配送等)
C.在宅高齢者または在宅障がい者等の福祉に関する事業をするために必要な機器、機材、備品等を整備する事業・費用

●対象団体●
地域福祉活動を目的とするボランティアグループおよびNPO(法人格の有無は不問)
(在宅高齢者等への地域公益事業・生活支援事業を行う社会福祉法人を含みます。)

●助成額●
1件 10万円〜50万円  合計 2,000万円

4.問い合わせ先
公益財団法人太陽生命厚生財団 事務局
〒143-0016 東京都大田区大森北1-17-4 太陽生命大森ビル
TEL・FAX 03-6674-1217

5.詳細情報
下記URL先をご覧ください
http://www.taiyolife-zaidan.or.jp/promotion_recruitment/index.html

---------------------------------------------------------------------
(スタッフ 野田)
posted by iCASC2 at 09:24| 補助助成