2019年06月30日

2020年度社会的・文化的諸活動助成

1.名称
2020年度社会的・文化的諸活動助成

2.締切期日
2019年7月8日(月)〜7月11日(木) 必着

3.事業内容、対象団体、助成額
●事業内容
KDDI財団は、情報通信技術を活用して社会に貢献する事業や、各国の人々とのコミュニケーション、相互理解を促進するような社会的・文化的な諸活動に大して助成・援助金を支給しています。
法人格の有無は問わず、発足間もない団体の活動や小規模で地道な活動などを重視しています。また、青少年を対象とした活動にも力点を置いています。
●対象
・情報化社会の動向に即し、ICT を通じて社会、教育、環境等の課題解決に貢献する各種の非営利団体(NPO)・非政府組織(NGO)の活動、「草の根」活動。
・ICT を通じての地域社会の国際化の促進、ならびに開発途上国における教育、文化、生活支援等に関する活動。
・ICT の普及・発展あるいは国際間の相互理解促進に寄与する活動や事業。(たとえば、イベント、講演会、ボランティア活動)
ただし、通信事業者や地方自治体等の本来業務に該当するものは対象外とします。
●助成額
1件あたり100万円まで

4.問い合わせ先
公益財団法人KDDI財団 助成業務部
〒102-8460 東京都千代田区飯田橋3-10-10 ガーデンエアタワー6F
E-mail :grant@kddi-foundation.or.jp
*お問合せはEメールでお受けいたします。
(電話でのお問合せはご遠慮願います。)
U R L :http://www.kddi-foundation.or.jp/

5.詳細情報
下記URL先をご参照ください
HP: http://www.kddi-foundation.or.jp/support/social/
pdf: http://www.kddi-foundation.or.jp/support/application_guide2020.pdf

(野田)
posted by iCASC2 at 11:56| 補助助成

国際交流基金地球市民賞

1.名称
国際交流基金地球市民賞

2.締切期日
2019年6月11日(火)〜2019年8月13日(火)

3.対象活動、対象団体、助成金
●対象活動
・文化・芸術による地域づくりの推進
 日本と海外をつなぐ文化・芸術の交流を通じて、豊かで活気のある地域やコミュニティをつくる活動など。
・多様な文化の共生の推進
 外国人の多様な文化(言語教育を含む)を理解、尊重し、ともに豊かで活気のある地域やコミュニティを築いていこうとする活動など。
・市民連携・国際相互理解の推進
 共通の関心や問題意識を通じ、日本と海外の市民同士の連携や相互理解を進める活動など。
●対象団体
・公益性の高い国際文化交流活動を行っている日本国内の団体。
※団体の法人格は問いませんが、地方自治体は対象としません。
●助成金
授賞件数 3件以内
授賞内容 正賞(賞状)と副賞(1件200万円)

4.問い合わせ先
国際交流基金 コミュニケーションセンター 地球市民賞事務局
TEL: 03-5369-6044
FAX: 03-5369-6075
Email: chikyushimin@jpf.go.jp
メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。

5.詳細情報
下記URL先をご参照ください
https://www.jpf.go.jp/j/about/citizen/guideline/index.html

(野田)
posted by iCASC2 at 11:38| 補助助成

2019年06月23日

日本財団ソーシャルイノベーションアワード2019

1.名称
日本財団ソーシャルイノベーションアワード2019

2.締切期日
2019年6月17日(月)〜2019年7月12日(金)

3.対象事業、対象団体、助成額
●対象事業●
主に日本が抱える社会課題に挑戦し、今回のアワードを契機に新たな価値が創出されることが期待される事業。事業は萌芽期にあるものとし、投資家等から大規模な資金調達を既に実施していない事業に限る。なお、既存商品・サービスの運転資金に充当するための応募は、原則として認めない。
●対象団体●
全ての法人および団体(営利、非営利を問わない)。任意団体も可。個人での応募は認めない。
●助成額●
最優秀賞:1,000万円(1件)
優秀賞:500万円(1件)
活動奨励金の支給にあたっては当財団の所定の手続きに従うものとします。

4.問い合わせ先
日本財団ソーシャルイノベーションアワード2019 運営事務局(平日10:00〜18:00)
電話:0120-133-083
メールアドレス:info@social-innovation-award2019.jp
※メールにてお問い合わせの際は、件名を「日本財団ソーシャルイノベーションアワード2019」としてください。
※携帯電話のアドレスをご利用の場合、ドメイン @social-innovation-award2019.jp が受信可能な設定にしていただきますようお願い申し上げます。

5.詳細情報
下記URL先をご参照ください
https://www.nippon-foundation.or.jp/what/projects/sif/recruitment

(野田)
posted by iCASC2 at 10:41| 補助助成

2019年06月12日

東海ろうきん愛黄ハート未来応援寄付金 <子どもの健全育成><就労支援>を応援

東海労働金庫の社会貢献商品に拠る寄付金を活用して
愛知県内の市民活動を応援します。
★費目の制限がない ★応募書類がシンプル・・・が特徴。
未来につながる皆さんの活動のご応募をお待ちしています!

●---------------------------------------------●
東海ろうきん愛黄ハート未来応援寄付金 
<子どもの健全育成><就労支援>を応援
●---------------------------------------------●

●寄付金額 1件あたり上限15万円。2テーマで計4件。
●募集期間 2019年6月10日(月)〜7月4日(木)17時必着

●応募要項&応募書類は、下記からダウンロードしてください。
http://www.vns.or.jp/
E-mailによる送付を標準とします。詳細は応募要項をご参照。
宛先:roukin@vns.or.jp

●---2つのテーマに関わる多様な取り組みが対象---●
<子どもの健全育成(例)>
・・・外国籍の子どもの支援、障がいを持つ子どもの活動
地域ぐるみの子育て支援、子ども対象の環境教育など
<就労支援(例)>
・・・病気を抱える人の就労継続、介護と仕事の両立支援
就労に困る人の支援、職場のLGBTの理解促進など
<対象となる期間> 2019年8月8日〜2020年1月31日

●対象団体
愛知県内に事務所を置き、県内で主に活動する市民活動団体
(その他の条件は応募要項をご覧ください)

●応募書類
【様式1】申請者の情報  【様式2】申請対象活動の情報
【添付書類】A:定款または規約 B:直近年度の事業報告・会計書類

●選考方法
第1次選考は応募書類による書類審査です。選考に通った団体は
8月1日(木)午後に、東海労金本店(名古屋市)で行うヒアリング
審査にお越しいただきます。 8月上旬に最終結果を通知。

問合せ:ボランタリーネイバーズ(担当/三島・遠山)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズ
〒 461-0005 名古屋市東区東桜2-18-3-702
TEL 052-979-6446(電話受付 平日10時〜18時)
Email:vns@vns.or.jp URL: http://www.vns.or.jp/
事務局ブログ:http://blog.canpan.info/vns/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
-------------------------------------------------------------------------
特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズさんからの情報提供がありました。(スタッフ 今福)
posted by iCASC2 at 14:27| 補助助成

2019年06月09日

市民ファンド推進プログラム

1.名称
市民ファンド推進プログラム

2.締切期日
2019 年 6 ⽉ 17 ⽇(⽉)〜 7 ⽉ 1 ⽇(⽉)【必着】

3.事業内容、対象団体、助成額
●対象となる取組
・市⺠ファンド/コミュニティ財団およびそれに準ずる組織内基⾦が、助成プログラムを開発し、運営し、評価し、⾒直す⼒を⾼める取り組みを応援します。
・具体の取り組みは、以下の@〜Cのような区分を想定していますが、それぞれの市⺠ファンド/コミュニティ財団の問題意識やビジョン、戦略に基づき、何れの段階の取り組み(複数段階に係るものも可)も応援します。
@助成プログラムの開発
A助成プログラムの運営
B助成プログラムの評価
C助成プログラムの⾒直し
●対象団体
・下記の全てに該当する「市⺠ファンド/コミュニティ財団およびそれに準ずる組織内基⾦」を対象とします。
(1) 独⽴した組織として設⽴されているか⺠間の⾮営利組織内に設置されていること
(2) 助成事業を担当する有給常勤スタッフが 1 名以上いること(週3⽇以上勤務、出向者等も可)
(3) ⽬的や活動内容が特定の政治・宗教に偏っておらず、反社会的勢⼒とは⼀切関わりがないこと
*市⺠ファンド/コミュニティ財団に準ずる組織内基⾦とは、⺠間の⾮営利組織内に設置・運営している市⺠ファンドや基⾦を⾔います。
●助成額
・助成⾦額は 1 件あたり上限 200 万円。助成総額は 650 万円で 4〜5 件程度の助成を予定しています。
・助成期間は 2019 年 10 ⽉ 1 ⽇〜2020 年 9 ⽉ 30 ⽇の 1 年間です。
・助成⾦の対象となる費⽬は応募事業の実施に必要な費⽤とし、特に助成プログラムの開発、運営、評価、⾒直しに関わる⼈材(プログラムオフィサー)の⼈件費、育成費を重視します。

4.お問い合わせ先
〒103-0012
東京都中央区⽇本橋堀留町 1-4-3 ⽇本橋 MI ビル 1 階
特定⾮営利活動法⼈市⺠社会創造ファンド
市⺠ファンド推進プログラム事務局(担当:坂本・⼭⽥)
TEL:03-5623-5055(祝祭⽇を除く⽉曜⽇〜⾦曜⽇ 10:00〜17:00)
Email:ksakamoto@civilfund.org(坂本)/ eyamada@civilfund.org(⼭⽥)

5.詳細情報
下記URL先をご参照ください
http://www.civilfund.org/grant/image/shiminfund_2019youkou.pdf

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(スタッフ 岩田)
posted by iCASC2 at 11:11| 補助助成

公益財団法人 全国税理士共栄会文化財団 助成募集《地域文化の振興をめざして》

1.名称
公益財団法人 全国税理士共栄会文化財団 助成募集《地域文化の振興をめざして》

2.締切期日
2019 年 6 月 1 日〜10 月 31 日(当日消印まで有効)

3.事業内容と対象団体と補助・助成
一人ひとりが暮らす地域社会の文化は、人々にとって生きる自信や誇りを与えるものであり、その主体性を確立していく必要があります。特に心のふるさとを求めて地域文化の再認識が現在各地で求められているところです。本財団はこのような考え方のなかから、地域文化の活動に対し助成を行うものです。

● 助成対象
・芸術活動分野
地域における音楽・舞踊・演劇等の芸術活動及びそれらの人材の育成などに努力している個人または団体 
・伝統芸能分野
地域における伝統芸能の保存及び後継者の育成を図るための活動などに努力している個人または団体
・伝統工芸技術分野
地域における伝統工芸技術の保存及び後継者の育成を図るための活動などに努力している個人または団体
・食文化分野
地域における食文化に関わる技能及び技法、並びに継承者の育成等を図るための活動などに努力している個人または団体

● 助成金額
1 件につき原則として 50 万円を限度とし、応募内容を審査の上、具体的な助成額を決定
いたします。 

4.問合せ
〒141-0032 東京都品川区大崎1丁目11番8号 日本税理士会館4階
TEL:03(5740)8331 / FAX:03(5740)8333
Mail: cata@zenzeikyo.com

5.詳細情報
http://www.zenzeikyo.com/assist/index.html
(募集要領)
http://www.zenzeikyo.com/assist/r1_boshu.pdf

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(スタッフ 岩田)
posted by iCASC2 at 11:08| 補助助成

2019年06月04日

公益信託 大成建設自然・歴史環境基金

1.名称
公益信託 大成建設自然・歴史環境基金

2.締切期日
2019年7月31日(水)必着

3.事業内容、対象団体、助成額
●助成対象
国内ならびに開発途上国の自然・歴史環境の保全活用にかかわる活動や研究。
●助成要件
国内に拠点を置き、自然・歴史環境の保全活用のために、活動や研究を行う非営利団体(個人による申請は不可)で適正な運営、会計処理、情報公開を行っていることが要件です。
なお、大学の研究室が応募する場合には、地域社会等と連携した活動であることも要件となります。
また、助成を受けた場合、「助成活動・研究報告書」および「助成金収支報告書」を助成金が振込まれた年の翌々年の1月末までに提出すること。なお、団体の機関誌・報告書・ホームページに「公益信託大成建設自然・歴史環境基金2019年度助成金による」と明記するとともに、当該活動の成果をホームページ等に可能な限り掲載すること。
●助成額
1)助成金総額:1,500万円程度、助成件数:30件程度。
2)助成対象事業の期間:原則として助成金振込日より1年間。

4.お問い合わせ先
〒103−8670 東京都中央区八重洲1−2−1
みずほ信託銀行株式会社 リテール・事業法人業務部 福祉信託係
『公益信託 大成建設自然・歴史環境基金』 事務局
電話 03−3274−9210・FAX 03−3274−9504
E-mail: koueki.tb@mizuhotb.co.jp

5.詳細情報
下記URL先をご覧ください
https://www.taisei.co.jp/about_us/society/kikin/html/gist.html

---------------------------------------------------------------------
(スタッフ 野田)
posted by iCASC2 at 10:32| 補助助成

2019年06月03日

ソニー音楽財団 子ども音楽基金

1.名称 
ソニー音楽財団 子ども音楽基金

2.締切期日
2019 年 5 月 29 日(水)〜6 月 28 日(金)必着

3.事業内容、対象団体、助成額
●事業内容
当基金では、子どもたちへの教育を目的とした音楽活動に取り組んでいる団体の活動を支援し、助成を行うことで、子どもたちが心豊かに暮らすことのできる環境づくりをサポートいたします。
●対象団体
・ 日本国内の、原則として 18 歳未満の子どもを対象に、音楽を通じた教育活動に取り組んでいる国内の団体およびその活動。
(ここでいう音楽とは、原則としてクラシック音楽およびそれに準ずるものとします。)
・ 法人格を有する団体。または、法人格を有しないが、活動を実施するための体制が整っいる団体(グループ・サークル・実行委員会などを含む。)が行う活動。
●助成額
・支給する助成金は、1 団体につき 10 万円〜300 万円(年度毎)とします。
・活動内容や活動規模および申請額に基づき金額を決定します。

4.問い合わせ
〒102-8353 
東京都千代田区六番町4-5 SME六番町ビル
公益財団法人ソニー音楽財団 「子ども音楽基金係」

Email: smf@sonymusic.co.jp
件名に「子ども音楽基金係」と明記の上、Eメールにてお問い合わせください。
※電話・ファックスでのお問い合わせには対応していません。

5.詳細情報
下記URL先をご覧ください
http://www.smf.or.jp/kok/

---------------------------------------------------------------------
(スタッフ 野田)
posted by iCASC2 at 09:40| 補助助成

2019年度「子育てと仕事の両立支援に対する助成活動」

1.名称
2019年度「子育てと仕事の両立支援に対する助成活動」

2.締切期日
2019年5月15日(水)〜6月28日(金)<当日消印有効>

3.事業内容、助成対象、助成額
●事業内容
待機児童問題の解消に向け、保育所または放課後児童クラブの受け皿の拡大・質の向上、および保育所利用者の多様なニーズに対応した事業を推進する上で必要な環境整備に対し、助成を行う。
●助成対象
(1)休日・夜間保育事業、病児・病後児保育事業、延長保育事業、一時預かり保育事業等に必要な設備の整備、備品の購入等に係る費用
 ◎助成対象: 以下の条件をすべて満たす事業者
  @社会福祉法人・株式会社・特定非営利活動法人等の法人格を有していること
  A以下のいずれかの施設を運営していること
  a. 認可保育所
  b. 地域型保育給付の対象となっている小規模保育施設
  c. 地域型保育給付の対象となっている事業所内保育施設
  d. 地域型保育給付の対象となっている家庭的保育施設
  e.「認可外保育施設指導監督基準」に基づく保育施設
  B休日・夜間保育事業、病児・病後児保育事業、延長保育事業、一時預かり保育事業等を実施していること
  ※いずれかの事業実施で応募可
  ※新たにいずれかの事業を実施する場合、2020年4月末までに実施するこ

(2)放課後児童クラブの受け皿拡大や質の向上に必要な設備の整備、備品の購入等に係る費用
 ◎助成対象: 以下の条件を満たす事業者(法人格の有無を問わない(父母会・地域運営委員会等含む))
 ・「放課後児童健全育成事業実施要綱」に基づき、市町村からの委託事業・補助事業・代行事業(指定管理者制度)等の事業形態をとっており、
  行政からの補助を得て、放課後児童クラブの運営を行っていること

●助成額
(1)1施設当たり上限額35万円(助成金総額 最大700万円)
(2)1施設当たり上限額20万円(助成金総額 最大700万円)

4.問い合わせ先
生命保険協会「子育てと仕事の両立支援」事務局
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル3階
【電話:03-3286-2643 FAX:03-3286-2730】

5.詳細情報
下記URL先をご覧ください
https://www.seiho.or.jp/info/news/2019/20190515_2.html

---------------------------------------------------------------------
(スタッフ 野田)
posted by iCASC2 at 09:39| 補助助成

ファイザープログラム 〜心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援

1.名称 
ファイザープログラム
〜心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援

2.締切期日
2019年6月3日(月)〜6月17日(月)【必着】

3.事業内容、対象団体、補助・助成について
◎事業内容
このプログラムは、ヘルスケアを重視した社会の実現に向けて、「心とからだのヘルスケア」の領域で活躍する市民団体や患者団体・障がい者団体による、「健やかなコミュニティ」づくりへの試みを支援することを目的としています。主に「中堅世代」を対象とした市民活動や市民研究のさらなる発展を応援しています。

◎対象団体
下記の要件を満たした団体に限ります(個人は対象となりません)。
@ 民間の非営利団体であること(法人格の種類や有無を問わない)。
A 市民や患者・障がい者が主体的に参加して活動する団体であること。
B 日本国内に活動拠点があり、原則として 2 年以上の活動や研究の実績があること。
C 目的や活動内容が特定の政治・宗教などに偏っておらず、反社会的勢力とは一切関わっていないこと。

◎補助・助成
1 件あたり 50 万円〜300 万円。今年度の総額は 1,500 万円です。

4.問合せ先
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-4-3 日本橋 MI ビル 1 階
特定非営利活動法人市民社会創造ファンドファイザープログラム事務局 (担当:山田・坂本)
TEL:03-5623-5055(月曜日〜金曜日(祝祭日をのぞく)10:00〜17:00)
FAX:03-5623-5057
Email:pfp@civilfund.org
5.詳細情報
https://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/philanthropy/pfizer_program/announce/index.html

---------------------------------------------------------------------
(スタッフ 魚住)
posted by iCASC2 at 09:38| 補助助成