2020年10月10日

地域助け合い基金

1. 名称
地域助け合い基金

2. 締切期日
常時受付。基金の範囲内で、配分は随時行います。

3. 事業内容と対象団体、補助・助成
●趣旨
新型コロナウイルスの感染拡大により、私たちは当たり前にあった人と人との交流を遮断することが求められました。支援が必要な方の地域における孤立はさらに深刻となり、これまでにも増して助け合い活動が必要という声が全国で挙がっています。こうした状況に様々な工夫で応え、その助け合いを今後につなげて、さらに発展させていくことは明るい未来を拓くために決定的に重要であると考えています。
 そのため、必要な資金を全国からのご寄付として募り、助け合い活動を行う皆様へお渡しする助成を行います。ぜひご応募をお待ちしております。
●対象とする活動
共生社会を推進するための助成として、地域で暮らす人同士の助け合い活動(つながりづくりを目的とした居場所や地域活動を含みます)を対象とし、新たに団体を設立する場合のほか、新たに活動を広げる場合やコロナ禍に対応して特別な助け合い活動を行う場合も含みます。
高齢者、子ども、認知症、障がい、生活困窮の方々、刑余者、外国人、ケアラーの支援他、分野は問いません。ただし、日本国内の活動に限ります。
行政が弱者支援のため助成している費用、他から助成を受けた費用および本来自己負担すべき費用であってそれが可能なものについては、対象となりません。
※ 法人格の有無は問いません。個人による活動を含みます。
●助成金額
助け合い活動の開始、維持、発展のため具体的に必要とする額。ただし、上限は15万円
※助成回数は助成基金を幅広く活用していただくため、原則1回。ただし、やむを得ない時は2回。
●応募方法
ホームページから申請書、誓約書をダウンロードし、添付資料を用意。
@メール
申込書をパソコンで作成入力する場合は、指定のWord形式のままファイルをメールでご送信ください。
※「添付資料」はPDF形式のファイルでご送信ください。
※題名は「基金応募・応募者 ○○○○」としてください。
【メール送付先】
公益財団法人さわやか福祉財団「地域助け合い基金窓口」
メール送付先:tasukea...@sawayakazaidan.or.jp
A郵送
郵送申請をご希望の場合は、必ず事前にその旨を電話でご連絡ください。
封筒表面に「基金応募」とご記入ください。
【郵送送付先】
〒105-0011
東京都港区芝公園2−6−8 日本女子会館7階
公益財団法人さわやか福祉財団「地域助け合い基金窓口」
● 選考のポイント
地域共生社会に資する活動であることを確認させていただきます。
なお、応募書類の内容によっては、さらに確認をさせていただいたり、配分に際して条件を付ける場合があります。

4. 問い合わせ先
公益財団法人さわやか福祉財団  
 〒105-0011
 東京都港区芝公園2−6−8 日本女子会館7階
 電話 03(5470)7751 FAX 03(5470)7755
 E-mail:ma...@sawayakazaidan.or.jp(応募書類のご送付先アドレスとは異なりますのでご注意ください)

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
https://www.sawayakazaidan.or.jp/covid19-donate/?fbclid=IwAR1WRE9RSAiBGMgxYyRJ6fezfa_Tc1ya0Ku8GGuIIrt2uTCihoWlMUiQdXY

---------------------------------------------------------------------
(スタッフ 山田)
posted by iCASC2 at 19:37| 補助助成

2021年度 助成事業(通常募集)

1. 名称
2021年度 助成事業(通常募集)


2. 締切期日
2020年10月1日(木)11:00〜2020年10月30日(金)17:00
※10月30日(金)17:00までに送信ボタンを押し、「申請受付メール」を受け取った事業が対象となります。


3. 事業内容と対象団体、補助・助成
●趣旨
日本財団は、ボートレースの売上を主な財源に活動している民間の助成財団です。社会が複雑化し、様々な課題に直面するなか、行政による施策や公的サービスだけでは支援の手が行き届かない問題がたくさんあります。わたしたちは、このような問題を解決するため、いろいろな組織を巻き込んで、新しい仕組みを生み出し、「みんながみんなを支える社会」を目指して、助成事業に取り組んでいます。

●対象団体
日本国内にて次の法人格を取得している団体:一般財団法人、一般社団法人、公益財団法人、公益社団法人、社会福祉法人、NPO 法人(特定非営利活動法人)、ボランティア団体など非営利活動・公益事業を行う団体
※対象事業「A社会福祉、教育、文化などの事業」について、ボランティア団体などからの申請は2021年4月以降に募集します。

●対象事業
@海や船に関する事業
 (1)海と船の研究
 (2)海をささえる人づくり
 (3)海の安全・環境をまもる
 (4)海と身近にふれあう
 (5)海洋教育の推進
A社会福祉、教育、文化などの事業
 (1)あなたのまちづくり(つながり、支えあう地域社会)
 (2)みんなのいのち(一人ひとりを大事にする地域社会)
 (3)子ども・若者の未来(人を育み、未来にわたす地域社会)
 (4)豊かな文化(豊かな文化を培う地域社会)
 (5)withコロナ時代の社会を変える、支える(コロナ危機を乗り越えるための社会のあり方を実践する取り組み)
※2021年4月1日以降に開始し、2022年3月31日までに完了することを原則とします。

● 対象経費
対象となる経費は、助成事業の実施に必要な経費とします。

●助成金額
@海や船に関する事業
 ・財団・社団・社福・NPO法人:助成金額:事業規模に見合う適正な金額
補助率:80%以内
 ・ボランティア団体など:助成金額:上限200万円
補助率:80%以内
A社会福祉、教育、文化などの事業
 ・財団・社団・社福・NPO法人:助成金額:事業規模に見合う適正な金額
補助率:80%以内
 ・ボランティア団体など:募集なし
 ※2021年4月以降に募集します。
※定時の事業費総額は1万円未満切り上げとし、助成金額は1万円単位で決定します。

●申請方法
@Googleアカウントの取得
(既に取得済み、使用中のアカウントがある団体は、新規アカウントの取得は必要ありません)
A申請の準備
申請補助資料(Excel)をダウンロードし作成する。
Googleフォームでの申請時に添付を求められますので、必ずダウンロードし作成してください。
B申請 ※インターネットによる申請のみ

●審査のポイント
組織(申請団体)、事業の目的、事業内容・計画について、以下の視点に基づき総合的に判断します。
(1)組織(申請団体)について【信頼性】
 情報公開を適切に行っているか、または外部機関による組織評価を受けているか
(2)事業の目的(目指す状態)について【社会的インパクト】
 取り組む社会課題が明確かつ、成果の波及効果が大きいか
 【モデルの構築】
  先駆的な取り組みか、またはユニークな手法により今後他のモデルとなりえるか
 【革新性】
  旧来のしくみを変えていくか
(3)事業内容・計画について
 【計画性】
  事業の目標が目的に沿って明確に設定されているか
  目標を実現するための事業計画・資金計画が適正かつ合理的であるか
 【連携とその効果】
  多様な関係者を巻き込み、事業の社会的意義を高めるとともに効果的に実施する工夫があるか
 【広報計画】
  効果的な情報発信や広報の工夫がされているか
 【成果測定】
  計画段階で成果の測定指標を設け、今後の展開や改善に向けた成果測定に積極的に取り組むか
 【継続・発展性】
  助成終了後においても自主財源にて同事業を継続、発展させる具体的計画があるか


4. 問い合わせ先
@申請操作に関するお問い合わせ先
日本財団申請コールセンター
 電話:0120-993-400、【助成申請】申請操作に関するお問合せフォーム
 ※設置期間:2020年10月1日(木)〜2020年10月30日(金)、平日9:00〜17:00

A助成事業についてのご相談
(1)助成金申請に関するお問い合わせ
 国内事業審査チーム:お問い合わせフォーム
(2)日本財団からの助成金を受け、現在進行中の事業に関するお問い合わせ
 国内事業審査チーム:お問い合わせフォーム


5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
https://www.nippon-foundation.or.jp/grant_application/programs/common

---------------------------------------------------------------------
(スタッフ 山田)
posted by iCASC2 at 16:23| 補助助成

マツダ・移動支援団体応援プログラム

1. 名称
マツダ・移動支援団体応援プログラム

2. 締切期日
2020年10月19日(月)〜 10月23日(金)※必着

3. 事業内容と対象団体、補助・助成
●趣旨
「マツダ・移動支援団体応援プログラム」は、国内で車を利用して住民の移動支援を行う民間非営利団体の取り組みを応援するものです。
実施にあたっては、マツダ株式会社が国内販売店にてお車を購入されたお客様、整備・点検などを受けられたお客様に、販売店の対応・サービスに対するご意見・ご要望をお聞きする「お客様の声をお聞かせください」をウェブ実施し、対象期間中のご回答1件につき50円の寄付活動を実施しております。
その寄付の一部を特定非営利活動法人日本NPOセンターが受け、民間非営利団体へ助成を行います。
●対象団体
日本国内で車を利用した住民の移動支援を主な活動とする民間の非営利団体

●助成対象となる取り組み
以下の(1)(2)(3)のいずれかに該当するものとします。
(1)担い手育成に伴う環境整備
(講習会開催に伴う費用・スタッフの受講費用・オンライン環境整備等)
(2)安全な送迎を行うための車両環境整備
(間仕切り・消毒・フェイスシールド・非接触体温計等)
(3)自然災害の被災地で住民の生活再建に伴う移動支援
(支援車両の輸送費・レンタル費用・修繕費等)
※(1)〜(3)とも車両購入費用・法定点検費用・保険料は除く

●助成金額
1団体につき、20万円以内  ※助成総額は550万円を予定しています。

●助成期間
2020年11月〜2021年2月末日

●応募方法
所定の応募書類(申請書・予算書)をEメールにてお送りください。
申請書(word形式)
予算書(excel形式)
※パソコンによる入力、作成をお願いします。印字は黒色でお願いします。
※選考は応募用紙のみで行います。参考資料などの送付は不要です。

●応募書類送付先
移動支援団体応援プログラム 事務局 idou@jnpoc.ne.jp


4. 問い合わせ先
特定非営利活動法人日本NPOセンター(担当:千代木)
メールアドレス: idou@jnpoc.ne.jp
※原則メール


5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
https://www.jnpoc.ne.jp/?p=21157

---------------------------------------------------------------------
(スタッフ 山田)
posted by iCASC2 at 16:13| 補助助成