2021年04月28日

居場所を失った人への緊急活動応援助成 第3回公募

1.名称
居場所を失った人への緊急活動応援助成 第3回公募

2.締切期日
2021年5月10日(月)23時59分必着

3.事業内容、対象団体、助成額
●事業内容
新型コロナウイルスの影響により、孤立が加速化し、居場所が失われた人や経済的困難に陥った人たちに対する次のような支援活動(事業)で、新しい生活様式に配慮しながら、多機関連携や協働により展開されるものを対象とします。
○相談支援活動 例:DV/虐待/女性/子ども若者相談支援、その他民間相談支援
○居場所支援活動 例:DV、虐待被害者へのシェルター提供
○居住支援活動 例:居住支援など
○学習支援活動 例:対面やオンラインでの学習支援
○外国ルーツ支援活動 例:外国ルーツの人たちへの支援
○生活支援活動 例:生活必需品の提供など
○食支援活動 例:フードパントリー/バンク
○中間支援活動 例:活動する団体の場づくり/課題把握
○その他緊急支援活動 例:緊急的な相談支援、生活支援(食事・居住)

●対象団体
・社会福祉・地域福祉の推進を目的とする非営利の団体(法人格の有無は不問)
・応募時点で団体が設立されており、助成対象活動(事業)の実施体制が整っていること(活動年数は不問)
・反社会的勢力および反社会的勢力と密接な関わりがある団体でないこと
※反社会的勢力に該当する団体とは、暴力団、暴力団員(暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者を含む。)、暴力団準構成員、暴力団関係企業その他の反社会的勢力が助成対象事業の運営等に関与していると認められる団体をいいます。

●助成額
・1事業あたりの助成上限額は 300 万円とします。
・第 3 回助成総額は 6,000 万円を予定しています。
・公的な補助や他の団体による助成を受けていない活動(事業)を対象とします。
ただし、他の助成を受けていても、経費の明確な区分が行われることを条件に応募できるものとします。
・本助成第 2 回または「外国にルーツがある人々への支援活動応援助成」を受けた団体については、当該助成事業と期間が重複しない場合又は当該助成事業と異なる内容の事業で申請する場合については申請可とします。
・寄付の状況によっては、第 4 回目以降の助成公募を行う可能性があります。

4.問い合わせ先
社会福祉法人 中央共同募金会 基金事業部
居場所を失った人への緊急活動応援助成担当宛
電 話:03-3581-3846
E-mail:kikin-oubo2@c.akaihane.or.jp

5.詳細情報
応募書類など詳細は下記HPをご覧ください。
https://www.akaihane.or.jp/news/18510/

-------------------------------------------------------------------
(スタッフ 魚住)
posted by iCASC2 at 09:49| ★新型コロナウィルス関連

2021年04月25日

Yahoo!基金 2021年度 コロナ禍における困窮者支援活動助成

1.名称
Yahoo!基金 2021年度 コロナ禍における困窮者支援活動助成

2.締切期日
2021年5月20日(木)

3.事業内容、対象団体、助成額
●事業内容
日本国内において新型コロナウイルス感染症の影響により経済的な負担を抱えている人々や、深刻化している暴力による被害(DV、性暴力、性的搾取、児童虐待など)、生活困窮・社会的孤立に関連した活動を行っている団体やプロジェクトに対し、助成を行います。

●助成対象期間
2021年4月1日(木)〜2021年11月30日(火)

●対象団体
以下すべてを満たす団体
・非営利かつ公益に資する活動を行う法人又は任意団体
・日本国内に本拠地をおく団体
・政治・宗教活動を目的としない団体
・反社会的勢力と一切関わりがない団体

●助成額
1団体あたり助成額上限100万円

4.問い合わせ先
下記URL先のお問合せフォームよりお願いいたします。
https://form-business.yahoo.co.jp/claris/enqueteForm?inquiry_type=kikin_josei_inquiry_10141

5.詳細情報
下記URL先をご参照ください。
https://kikin.yahoo.co.jp/support/life.html
----------------------------------------------------------------------
(スタッフ 野田)
posted by iCASC2 at 09:47| ★新型コロナウィルス関連

2021年04月18日

公園・夢プラン大賞2021

1. 名称
公園・夢プラン大賞2021

2. 締切期日
2021年9月30日(水)
3. 事業内容と対象団体と補助・助成
  〜公園で「実現した夢」「やりたい夢」を募集しています!〜

「実現した夢」部門
公園で行われ 皆さんの「夢の実現」となった 素敵なイベントや活動を募集します。

●応募条件
・過去5年間(2017年1月1日以降)に、公園で実現されたイベントや活動とします。
・イベントや活動の主催者は問いませんが、市民が主体となり実施したイベントや活動とします。
・個人・グループ・団体・企業を問わず、どなたでも応募できます。
・自薦・他薦は問いません(他薦の場合は、イベントや活動実施者の了解を得てください)
・過去に「公園・夢プラン大賞」に応募したイベントや活動も応募できます(入賞・入選プランを除く)

「やりたい夢」部門
公園で「やってみたい」「できたらいいな」という楽しいイベントや活動のアイデアを募集します。

●対象団体
・どなたでも応募できます
・応募プランは、実際に公園のイベントとして実現することがあります。
・応募プランの実現に際しては 内容の一部が変更される場合があります。
・指定管理者等、公園管理に携わる方のアイデアも大歓迎です。

4. お問い合わせ先
一般財団法人公園財団 公園管理運営研究所
TEL 03-6674-1188
FAX 03-6674-1190
専用アドレス yumeplan@prfj.or.jp

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
https://yumeplan.prfj.or.jp/index.html

---------------------------------------------------------------------
(スタッフ 野田)
posted by iCASC2 at 15:08| 補助助成

2021年04月10日

2021年度 ビジネスパーソンボランティア活動助成

1.名称
2021年度 ビジネスパーソンボランティア活動助成

2.締切期日
2021年4月1日(水)〜2021年5月25日(月) (当日消印有効)

3.事業内容と対象団体と補助・助成
ビジネスパーソンのボランティア活動を支援することにより、ビジネスパーソンのボランティア活動の振興と社会福祉の向上に寄与することを目的とする。

●テーマ
(1)高齢者福祉に関するボランティア活動
(2) 障がい者福祉に関するボランティア活動
(3) こども(高校生まで)の健全な心を育てる交流ボランティア活動
ただし、少年野球・サッカー等のスポーツ活動や通常のこども会活動は除く。
いずれも目的、計画等が明確な日本国内での無償の活動とする。

●対象団体
社会福祉の推進に役立つボランティア活動を行っているか、または行おうとするビジネスパーソン(会社員、団体職員、公務員、経営者・個人事業主)が80%以上のグループ(NPO法人を含む)。
ただし、過去5年以内に当財団の助成を受けたグループは除く。

●助成金額
1件 原則10万円。 特に内容が優れている場合は20万円限度で助成。
直接ボランティア活動に要する費用とし、グループの事務所家賃、事務用パソコンの購入費用、ボランティアメンバーの飲食費および日当・謝礼は助成の対象としない。

4.お問い合わせ先
〒550-0002 大阪市西区江戸堀1丁目2番1号 大同生命大阪本社ビル内
公益財団法人 大同生命厚生事業団 事務局
TEL(06)6447-7101 FAX(06)6447-7102

5.詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.daido-life-welfare.or.jp/subsidize/volunteer/step2.htm

---------------------------------------------------------------------
(スタッフ 野田)
posted by iCASC2 at 13:25| 補助助成

アジア・市民交流助成

1.名称
アジア・市民交流助成

2.締切期日
2021年4月4月1日〜2021年9月15日

3.事業内容、対象団体、助成額
・事業内容
日本と東南アジア諸国の人々が主体となって実施される、国境を越えた人の移動を伴わない共同事業を対象に、経費の一部を助成します。

・対象団体
 ・日本に活動拠点を置く団体であること。
 ・申請団体名義の国内銀行口座を保持していること。又は助成金の受諾までに開設できること。

・助成額
下記A〜Dの項目について、経費の一部(1案件あたり200万円未満)を助成します。
A 国内旅費(長距離交通費、宿泊費)
B 謝金(翻訳、通訳、講演)
C 会場・機材使用料
D 広報費・資料作成費
E 運営管理費(上限10%)

4.問い合わせ先
独立行政法人 国際交流基金
アジアセンター 文化事業第2チーム アジア・市民交流助成担当
電話:03-5369-6025
Eメール:jf-toiawase@jpf.go.jp

5.詳細情報
https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/people-to-people/
--------------------------------------------------------------------
(スタッフ 木股)
posted by iCASC2 at 09:45| 補助助成

2021年04月04日

公益財団法人 野村財団助成金

1.名称
2021年度下期 募集要項

2.締切期日
2021年4月30日(金)17時 (日本時間)

*上記締切時間を過ぎて当財団に届いたものは受理いたしません。

*Eメール、ファックス、持参による提出は受理いたしません。

3.事業内容、対象団体、助成額

 ● 対象団体
・助成対象となる活動を国内(日本)で実施する団体
・若手芸術家の育成を目的とする活動。
・芸術文化の国際交流を目的とする活動。

 ● 助成額
・応募された企画の規模、 内容等を勘案して、個々に決定

4.問い合わせ先
 ● 問い合わせフォーム
 公益財団法人 野村財団
https://www.nomurafoundation.or.jp/inq/

5.詳細情報
https://www.nomurafoundation.or.jp/culture/cu_koubo/music.html

(木股)

---------------------------------------------
posted by iCASC2 at 11:01| 補助助成

2021年04月02日

ニッポンハム食の未来財団

1.名称
ニッポンハム食の未来財団

2.締切期日
2021年4月1日〜2021年4月22日

3.事業内容、対象団体、助成額

●助成内容
この助成は、団体(民間企業を含む)及びグループによって行われる食物アレルギーの問題解決を目指す活動を支援することで、食物アレルギーに関係する環境改善を進めることを目的とします。
本助成の目的を達成するため、以下の対象領域を設定する。

@食物アレルギー対応食品の開発や普及のための調査研究
A食物アレルギーに関する啓発イベントの開催
B食物アレルギーに関する啓発物(冊子、その他)の制作及び普及
C食物アレルギーに関する災害時対策
D食物アレルギーに関する研究会・講演会・シンポジウム等の開催
Eその他、食物アレルギーに関する啓発に役立つ活動

※具体的な活動を対象とします。団体そのものに対する賛助金、協賛金、年会費等は対象となりません。
※非営利的な目的で行われる公益性の高い活動を対象としています。
※書籍等の出版(印刷)を目的とする申請課題は、制作物の内容を判断するための情報(例.プロトタイプや原稿)の提出を必須とします。

●助成団体
国内の法人及び団体を対象とします。法人格や公的機関か民間かは問いませんが、科学に基づいた正確な知識を元にした応募を促すため、推薦人(医師、管理栄養士、小児アレルギーエデュケーター、食物アレルギー管理栄養士等)を必須とします。

※反社会的勢力とは一切関わっていないこと、また、活動内容が政治、宗教、思想に偏っていないことを要件とします。

●助成額
助成金総額:
1件あたりの上限額: なし

4.問い合わせ先
〒305-0047 茨城県つくば市千現2-1-6
つくば研究支援センターA-24

公益財団法人ニッポンハム食の未来財団 団体活動支援助成事務局
担当 沖浦・小泉
TEL:029-893-4466、FAX:029-893-4360
URL:https://www.miraizaidan.or.jp
E-mail:in...@miraizaidan.or.jp

5.詳細情報
https://www.miraizaidan.or.jp/general_public/grants/2021/01.html

(木股)



---------------------------------------------
posted by iCASC2 at 18:46| 補助助成

新型コロナウイルス対応支援助成〈2021年度随時募集 資金分配団体の公募〉

1.名称
新型コロナウイルス対応支援助成〈2021年度随時募集〉

2.締切期日
3月5日(金)以降随時受付
採択状況ならびに随時公募の終了時期に関する情報は、JANPIAのHPにて告知します

3.事業内容、対象団体、助成額
(1)助成対象事業
コロナ対応支援枠による助成が対象とする事業は、社会課題の解決をめざす民間公益活動を行う団体
(実行団体となる団体)が実施する事業であり、以下「優先的に解決すべき社会の諸課題」の解決につなが
る事業を対象とします。
「優先的に解決すべき社会の諸課題」
1)子ども及び若者の支援に係る活動
@ 経済的困窮など、家庭内に課題を抱える子どもの支援
A 日常生活や成長に困難を抱える子どもと若者の育成支援
B 社会的課題の解決を担う若者の能力開発支援
2)日常生活又は社会生活を営む上での困難を有する者の支援に係る活動
@ 働くことが困難な人への支援
A 社会的孤立や差別の解消に向けた支援
3)地域社会における活力の低下その他の社会的に困難な状況に直面している地域の支援に係る活動
@ 地域の働く場づくりの支援
A 安心・安全に暮らせるコミュニティづくりへの支援

(2)資金分配団体として申請できる資格要件
・実行団体に対して助成を行う団体(法人格の有無や法人の種類は問いません。ただし、事業を適確かつ
公正に実施できるようJANPIAが規定するガバナンス・コンプライアンス体制等を備えていることが必要で
す。)
・団体としてのガバナンス・コンプライアンスの体制面で、特定の企業・団体等から独立をした団体であること
・過去に助成事業(民間公益活動を行う団体への資金的援助)の実績があり、資金分配団体として適切に業
務を遂行できる団体であることが求められます。

(3) 助成額・助成期間
@ コロナ対応支援枠による資金分配団体への助成総額は2021年度を通じて、総額40億円を目途(予定)
とします。
A 1資金分配団体あたりの助成額、および1実行団体あたりの助成額は、過年度採択の資金分配団体や
実行団体の事業規模も参考に、選定申請団体が申請する事業計画・資金計画等の内容や事業実施体
制並びに収支規模等を総合的に勘案し決定します。
B 助成期間(実行団体の事業実施期間)は、1 年間を超えないものとします。

4.問い合わせ先
一般財団法人日本民間公益活動連携機構事業部 (JANPIA)
住所:東京都千代田区内幸町2丁目2番3号 日比谷国際ビル 314 号室
お問い合わせフォームはこちらから(2021 年 3 月 5 日現在)。
https://www.janpia.or.jp/koubo/app/index.php
JANPIA WEBサイト
https://www.janpia.or.jp/
新型コロナウイルス対応支援助成〈2021年度随時募集〉サイト
https://www.janpia.or.jp/koubo/2021/corona.html

--------------------------------------------------------------------
(スタッフ 宇佐美)
posted by iCASC2 at 09:16| ★新型コロナウィルス関連