2022年12月02日

2023年度 赤い羽根福祉基金( 中央共同募金会 )

1.名称
2023年度 赤い羽根福祉基金( 中央共同募金会 )

2.締切期日
2022年1月11日(水)必着

3.事業内容、対象団体、助成額
●助成の趣旨
現代においては、社会構造の変化や新型感染症の影響に伴い、子どもから高齢者まで、多くの人々がそれぞれ課題を抱えながら暮らしています。 赤い羽根福祉基金では、2016 年度より誰もが支え・支えられる社会をつくることを目的として、公的な支援制度やサービスでは対応できない福祉課題の解決に向けて、先駆的・モデル的で、今後全国または広域的な広がりが期待できる活動を資金面から応援しています。 2023年度は、幅広い福祉活動を応援する「一般助成」と、「生きづらさを抱える若者の未来創出活動応援助成」を実施します。特に、「生きづらさを抱える若者の未来創出活動応援助成」では、若者の孤立を防止し、希望を持って生き抜ける社会の実現をめざす活動の普及を促進します。

●対象団体
・社会福祉・地域福祉の推進を目的とする非営利の団体(法人格の有無は不問)
・応募時点で団体が設立されており、助成対象活動(事業)の実施体制が整っていること
(活動年数は不問)
・複数の団体が連携・協働して実施する活動(コンソーシアム)も対象とします。その場合は、代表団体(助成手続きを行う団体)を1団体選定のうえご応募ください。
・特定の宗教や政治思想を広めることを目的とする団体、反社会的勢力および反社会的勢力 と密接な関わりがある団体でないこと
※反社会的勢力に該当する団体とは、暴力団、暴力団員(暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者を含む。)、暴力団準構成員、暴力団関係企業その他の反社会的勢力が助成対象事業の運営等に関与していると認められる団体をいいます

●助成と支援の内容
@生きづらさを抱える若者の未来創出活動応援助成
l 助成対象活動(事業)
10 代後半からおおむね 30 歳までの生きづらさを抱えた若者が前向きに生きていけるよう支援することを目的とした、以下のいずれかに該当すること
T.安心できる居場所がない若者に対し、オンラインや対面での居場所を開設または運営する事業・活動
U.自ら声をあげられない若者にアウトリーチし、孤立を防止することを目的とした事業・活動
V.社会経験の少ない若者の自立に向けて、学習や就労の機会を作ったり、自立をめざすための住居等を提供することを目的とした事業・活動
W.地域で若者と共に生きる仕組みをつくるための調査・研究をする事業・活動
X.若者に対する支援を行う団体のネットワークを作るための事業
Y.その他、若者が希望を持って生きるために必要と認められる事業・活動
A 一般助成
l 助成対象活動(事業)
生活上の困難に直面する人々、権利を侵害されている人々、何らかの生きづらさを抱えている人々を支援することを目的とした、以下のいずれかに該当すること
T.直接的な支援事業・活動
U.支援事業・活動の基盤づくり、ネットワークづくり
V.支援事業・活動を充実・発展させるための調査・研究事業

●応募方法
応募締切日までに、下記いずれかの web 応募フォームに必要事項を入力して送信して ください。その後、以下 A〜I までの提出書類をメールで送信してください。(郵送での応募は受け付けません)
応募書@とAは、下記サイトよりダウンロードのうえご記入ください。
■web 応募フォーム
「生きづらさを抱える若者の未来創出活動応援助成」
URL: https://tayori.com/f/akaihane-kikin-2023-1/
「一般助成」
URL: https://tayori.com/f/akaihane-kikin-2023-2/

4.問い合わせ先
社会福祉法人 中央共同募金会 基金事業部
赤い羽根福祉基金助成担当宛
電 話:03-3581-3846
E-mail:kikin-oubo@c.akaihane.or.jp

5.詳細情報
https://www.akaihane.or.jp/subsidies/sub-kikin/30283/
-------------------------------------------------------------------
(スタッフ 野田)
posted by iCASC2 at 19:02| 補助助成