2018年01月11日

平成30年度 戦略的芸術文化創造推進事業(一次募集)

1. 名称
平成30年度 戦略的芸術文化創造推進事業(一次募集)

2. 締切期日
2018年1月9日(火)〜2018年1月17日(水)

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
(1)2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会は「スポーツの祭典」であると同時に,「文化の祭典」である。
「文化芸術の振興に関する基本的な方針(第4次基本方針)」においても 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を我が国の文化財や伝統等の価値観を世界に発信するとともに文化芸術が生み出す社会への波及効果を生かして諸課題を乗り越え 成熟社会に適合した新たな社会モデルの構築につなげていくまたとない機会ととらえている。

(2)本事業は この機会を活かし,2020年以降へレガシーを創出するため 国が文化芸術の振興における課題を示し それを解決するための取組を公募,実施することにより 我が国の文化芸術の水準向上と鑑賞機会の充実を図るとともに 文化による国家ブランドの構築と社会的・経済的価値の創出に貢献することを目的とする。


●事業企画
本事業では,我が国の芸術文化の振興における以下の(i)から(iii)に示す課題について,それを解決するための取組を募集します。(詳細は,公募要領を参照してください。)

(i) 我が国の文化芸術による国家ブランドの構築と社会的・経済的価値の創出や国際発信力を高めるための新たな展開に関する取組
(ii) 地方や離島・へき地において,優れた文化芸術活動を鑑賞・参画する機会を創出する取組
(iii)我が国の有形・無形の文化資源を発掘・活用し,観光,産業,教育,国際交流などにおける施策との有機的な連携により,新たな価値を創出する取組


●対象団体

文化芸術に関して相当の知識を有する団体で,下記(1)から(4)の要件を全て満たす法人格を有する団体又は法人格を持つ団体を中核とする実行委員会。
(1)定款,寄附行為又はこれらに類する規約等を有すること
(2)団体等の意思を決定し,執行する組織が確立されていること
(3)自ら経理し,監査する等会計組織を有すること
(4)団体等の活動の本拠としての事務所を有すること

●助成金額 (1件あたりの上限額 なし)

4. お問い合わせ先

○課題(@)(A)
〒105-8335 東京都港区芝3−23−1 セレスティン芝三井ビルディング
株式会社 JTB コミュニケーションデザイン
戦略的芸術文化創造推進事業事務局
TEL 080−5908−3241(10時から18時)

○課題(B)
〒100−8959 東京都千代田区霞が関3−2−2
文化庁長官官房政策課文化プログラム推進室
TEL 03−5253−4111(内線3108)(10時から18時)


5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.bunka.go.jp/shinsei_boshu/kobo/1399423.html

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 木全)
posted by iCASC2 at 09:58| 補助助成