2021年04月02日

新型コロナウイルス対応支援助成〈2021年度随時募集〉

1.名称
新型コロナウイルス対応支援助成〈2021年度随時募集〉

2.締切期日
3月5日(金)以降随時受付
採択状況ならびに随時公募の終了時期に関する情報は、JANPIAのHPにて告知します

3.事業内容、対象団体、助成額
(1)助成対象事業
コロナ対応支援枠による助成が対象とする事業は、社会課題の解決をめざす民間公益活動を行う団体
(実行団体となる団体)が実施する事業であり、以下「優先的に解決すべき社会の諸課題」の解決につなが
る事業を対象とします。
「優先的に解決すべき社会の諸課題」
1)子ども及び若者の支援に係る活動
@ 経済的困窮など、家庭内に課題を抱える子どもの支援
A 日常生活や成長に困難を抱える子どもと若者の育成支援
B 社会的課題の解決を担う若者の能力開発支援
2)日常生活又は社会生活を営む上での困難を有する者の支援に係る活動
@ 働くことが困難な人への支援
A 社会的孤立や差別の解消に向けた支援
3)地域社会における活力の低下その他の社会的に困難な状況に直面している地域の支援に係る活動
@ 地域の働く場づくりの支援
A 安心・安全に暮らせるコミュニティづくりへの支援

(2)資金分配団体として申請できる資格要件
・実行団体に対して助成を行う団体(法人格の有無や法人の種類は問いません。ただし、事業を適確かつ
公正に実施できるようJANPIAが規定するガバナンス・コンプライアンス体制等を備えていることが必要で
す。)
・団体としてのガバナンス・コンプライアンスの体制面で、特定の企業・団体等から独立をした団体であること
・過去に助成事業(民間公益活動を行う団体への資金的援助)の実績があり、資金分配団体として適切に業
務を遂行できる団体であることが求められます。

(3) 助成額・助成期間
@ コロナ対応支援枠による資金分配団体への助成総額は2021年度を通じて、総額40億円を目途(予定)
とします。
A 1資金分配団体あたりの助成額、および1実行団体あたりの助成額は、過年度採択の資金分配団体や
実行団体の事業規模も参考に、選定申請団体が申請する事業計画・資金計画等の内容や事業実施体
制並びに収支規模等を総合的に勘案し決定します。
B 助成期間(実行団体の事業実施期間)は、1 年間を超えないものとします。

4.問い合わせ先
一般財団法人日本民間公益活動連携機構事業部 (JANPIA)
住所:東京都千代田区内幸町2丁目2番3号 日比谷国際ビル 314 号室
お問い合わせフォームはこちらから(2021 年 3 月 5 日現在)。
https://www.janpia.or.jp/koubo/app/index.php
JANPIA WEBサイト
https://www.janpia.or.jp/
新型コロナウイルス対応支援助成〈2021年度随時募集〉サイト
https://www.janpia.or.jp/koubo/2021/corona.html

--------------------------------------------------------------------
(スタッフ 宇佐美)
posted by iCASC2 at 09:16| 補助助成