2018年07月21日

公益財団法人前川報恩会 2018 年度地域振興助成

1.名称
公益財団法人前川報恩会 2018 年度地域振興助成

2.締切期日
Web 申請のみ 2018 年 8月1日〜2018年8月31日 17:00 まで登録完了のこと

3.事業内容と対象団体と補助・助成
多世代が参与し、高齢層から若年層への伝承が含まれる天然資源及び文化的資産の保全・活用を通じ、当該地域のコミュニティの発展に寄与する継続的事業
例)・地場の自然保護活動、周辺地域の活性化活動
  ・学校法人が課外活動として行う地域交流活動・地域調査活動(域学連携)など
地域に根ざした未利用エネルギーの有効活用、もしくは農と食のイノベーションと地域力アップに繋がる事業
例)・農村部に於いて再生可能なエネルギー資源活用を図り、地域プロジェクトとして新しい農業と地産食料加工の取り組み
  ・地域のイベントを通じた食と地域振興を結び付けたプロジェクト

助成対象および700万円(1件あたり50万円〜限度額100万円)

4.お問合せ先
公益財団法人 前川報恩会
〒135-8482 東京都江東区牡丹3-14-15
TEL:03-3642-1566 FAX:03-3643-7094

5.詳細情報
https://www.mayekawa.org/grant/regional_improvement/regional_youkou_2018.html
http://www.mayekawa.org/wordpress/wp-content/uploads/2018/05/regional_youkou_2018.pdf

--------------------------------------------------------------------
(スタッフ 松嶋)
posted by iCASC2 at 18:00| 補助助成

「地球にやさしいカード」による助成事業

1. 名称
「地球にやさしいカード」による助成事業

2. 締切期日
8月1日〜9月30日必着
(申請書類と必要な添付書類をすべてそろえてお送り下さい)

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
「地球にやさしいカード」とは?
株式会社セディナが発行する「地球にやさしいカード」は、全国のOMC又はVISA加盟店で使用できるクレジットカードです。このカードは「地球温暖化を抑える」、「熱帯林を守り育てる」など、自然環境の保全に関するテーマにより、数種類に分けられています。カード会員は、自分が関心のあるテーマのカードを選んで使用することができます
助成の仕組み
・助成対象に選ばれた団体はその活動内容により、それぞれ該当すると思われるテーマのカードに割り当てられます。
・「地球にやさしいカード」会員によるカード利用額を半期毎に集計。カードショッピング利用額の0.5%にあたる金額が株式会社セディナから当基金に寄付される。
対象となる事業
・各テーマのカード利用額に応じ、当基金より各助成対象団体へ助成金を配分。
「地球温暖化を抑える」「オゾン層を守る」「熱帯林を守り育てる」「マングローブ林を守る」「ブナの原生林を守る」「尾瀬の自然を守る」「立山連峰の自然を守る」「白保のサンゴを守る」「ヒマラヤの自然を守る」「ウミガメを守る」「トンボの保護区を守る」「アフリカ象を守る」の12カードのテーマに沿った調査・研究・実践活動

・助成金額は各テーマのカード会員によるカード利用額をもとに計算されるため、  テーマ、年度ごとに金額が変わります(上・下期合計で50万円〜1千万円以下)。・助成期間は原則1年

4. お問合せ先
公益財団法人 緑の地球防衛基金「地球にやさしいカード」係
〒104-0033 東京都中央区新川2−6−16馬事畜産会館203
  TEL 03(3297)5505, FAX 03(3297)5507、 E-mail:defense@green.email.ne.jp

5. 詳細情報
http://green-earth-japan.net/kikin_zyosei.html#zyosei_dantai

--------------------------------------------------------------------
(スタッフ 松嶋)
posted by iCASC2 at 14:52| 補助助成

ソーシャル・ジャスティス基金 SJF助成事業第七回

1.名称
ソーシャル・ジャスティス基金 SJF助成事業第七回

2.募集期日
2018年9月1日(土)〜9月26日(水)

3.事業内容、対象団体、助成額など
●事業内容
以下のテーマを対象としたアドボカシー(社会提案・政策提言)活動を募集します。
『見逃されがちだが、大切な問題に対する取り組み』
●対象団体
公募テーマに即し、以下の項目を満たした団体または事業であることを応募資格とします。
1)「不公正の是正」「市民社会の形成」を目的とした、アドボカシー事業であること
2)アドボカシーカフェを共催し、多様な市民との対話ができること
3)「助成発表フォーラム」への参加
4)中間期、助成活動終了後の活動報告
●助成額
総額 200 万円
(1 案件の助成上限は 100 万円。ただし、実態に即した堅実な金額を申請すること)
―公益財団法人 庭野平和財団から寄附 100 万円をいただいております―

4.問い合わせ先
〒160-0021新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501 認定NPO法人まちぽっと
TEL 03-5941-7948 FAX 03-3200-9250
メール info@socialjustice.jp ホームページ http://www.socialjustice.jp/

5.詳細情報
http://socialjustice.jp/p/2018fund/
http://socialjustice.jp/p/wp-content/uploads/2018/07/
e636865056411d4bfac67227d50acc66.pdf

--------------------------------------------------------------------
(スタッフ 野田)
posted by iCASC2 at 09:09| 補助助成

2018年07月15日

平成30年度 助成事業【公益財団法人 愛恵福祉支援財団】


平成30年度 助成事業【公益財団法人 愛恵福祉支援財団】

1.名称 平成30年度 助成事業【公益財団法人 愛恵福祉支援財団】

2.募集期日 平成30年7月13日(金)〜9月15日(土)(当日消印有効)

3.事業内容、対象団体、助成金など
●事業内容 本助成事業は、各種社会福祉サービスがよりよく進められるように、施設等事業の活動を
支援することを目的としているものです。

●助成対象 社会福祉法人及び特定非営利法人、任意団体等が実施している福祉事業のうち,比較的小規模
な施設の事業充実のため、また障害者支援等で財政的な裏付けの少ない先駆的な試みや開拓
的な事業活動に対し助成します。

●助成内容 1)助成総額 1000万円
2)1法人当たり20万円を限度とする
3)事業運営に必要な設備備品の購入に対する助成

●応募方法 助成金申請書に必要事項記入、必要資料を添付の上当財団事務局宛に郵送してください。

4.宛先 〒114-0015 東京都北区中里2−6−1 公益財団法人 愛恵福祉支援財団 事務局

5.詳細情報 http://www.aikei-fukushi.org/?p=922
※詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------
(スタッフ 吉田)


>
posted by iCASC2 at 12:13| 補助助成

2018年07月14日

Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs

1.名称
Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs

2.募集期日
2018年7月17日(火)〜2018年8月3日(金) 必着

3.事業内容、対象団体、助成金など
●事業内容
「Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs」は、世界的な社会課題である「貧困の解消」に向けて取り組むNPO/NGOが持続発展的に社会変革に取り組めるよう、その組織基盤強化に助成します。

●対象団体
(海外助成)
新興国・途上国内で貧困の解消、または貧困と関連のある問題の解消に向けて取り組むNGO
(国内助成)
日本国内の貧困の解消、または貧困と関連のある問題の解消に向けて取り組むNPO
(共通)
・団体設立から3年以上であること
・日本国内に事務所があること
・有給常勤スタッフが1名以上であること
※財政規模1000万円以上の団体を想定していますが、要件ではありません。

●対象事業
第三者の多様で客観的な視点を取り入れた「組織診断」または「組織基盤強化」の取り組みを応援します。
組織課題を明らかにしたうえで組織基盤強化に取り組むための「組織診断からはじめるコース」と具体的な組織基盤強化の取り組みを応援する「組織基盤強化コース」の2つのコースがあります。
※第三者とは、応募団体が選定する NPO/NGO 支援機関やNPO/NGO の組織経営の実践者、またはNPO/NGO経営支援の専門家等を指します

●助成金額
「組織診断からはじめるコース」:1団体への上限100万円(1年目)
「組織基盤強化コース」:1団体への上限200万円(毎年)
※助成総額は、2018年度新規募集分として、海外助成1,000万円、国内助成1,000万円。合計2,000万円

4.宛先・問い合わせ
●海外助成 協働事務局
認定特定非営利活動法人 国際協力NGOセンター
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18
アバコビル5階
TEL:03-5292-2911 FAX: 03-5292-2912
担当:松尾・塚原 E-mail:pnsf-sdgs@janic.org

●国内助成 協働事務局
特定非営利活動法人 市民社会創造ファンド
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-4-3
日本橋MIビル1階
TEL:03-5623-5055 FAX: 03-5623-5057
担当:坂本・武藤 E-mail:support-f@civilfund.org

●総合事務局
【パナソニック株式会社 ブランドコミュニケーション本部 CSR・社会文化部】
〒105-8301 東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル
TEL:03-3574-5665 / 担当:東郷

5.詳細情報
https://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/npo_summary/2018_recruit.html

(野田)
posted by iCASC2 at 12:59| 補助助成

2018年07月11日

元気シニア応援団体に対する助成活動

1.名称
元気シニア応援団体に対する助成活動

2.募集期日
2018年7月2日(月)〜8月17日(金)<当日消印有効>

3.事業内容、対象団体・事業について
●事業内容
生命保険協会は、社会公共の福祉増進に努めるとともに、広く国民生活の安定に貢献
したいと考えております。
この活動はその一環として、地域社会において、高齢者を対象にした健康管理・増
進、自立支援、生きがいづくり等の
活動に取り組んでいる民間非営利の団体、ボランティアグループ、特定非営利活動法
人(NPO法人)等(以下「団体」という)
に対し、資金の助成を行うことで、高齢者が健やかで心豊かに生活できる地域社会の
環境整備に寄与し、
地域福祉の一層の推進を図るものです。

●対象団体
日本国内において、高齢者を対象にした健康管理・増進、自立支援、生きがいづくり
等の活動を行っている、
下記の要件をすべて満たす団体とします。
(1)助成申請時点で1年以上の活動実績を有し、少なくとも月1回以上の定例活動
日を定め継続して運営していること
(2)下部組織への支援または物品の貸出し等のみを行う団体でないこと
(3)団体の設立趣旨や活動内容が特定の政党、宗教等に偏っていないこと
※法人格を有する団体は特定非営利活動法人(NPO法人)、一般社団法人および一般
財団法人のみ対象とします。
※団体名が途中で変更されていても、主な活動内容を変更していなければ名称変更前
の活動期間も、
活動実績として含めて構いません。

●対象事業
(1)助成対象団体が行い、次の要件をすべて満たす活動とします。
@高齢者を対象にした健康管理・増進、自立支援、生きがいづくり等を行う活動
A構成員だけでなく、地域の高齢者等の参加が可能な活動
B日本国内で行う活動
※なお、申請いただく活動は、従来から継続している活動(継続活動)、従来から継
続している活動を
発展させて行う活動(発展活動)、新たに開始する活動(新規活動)のいずれでも構
いません。

●助成金額
1団体あたり上限額12万円(助成総額最大500万円)

●助成金の活用期間
2019年4月〜2020年3月

4.宛先・問い合わせ
生命保険協会広報部内「元気シニア応援活動」事務局
〒100-0005
東京都千代田区丸の内3丁目4番1号新国際ビル3階
電話 03―3286―2643
FAX 03―3286―2730

5.詳細情報
http://www.seiho.or.jp/

--------------------------------------------------------------------
(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 13:01| 補助助成

2018年07月09日

YS 市庭コミュニティ―財団 コミュニティー事業

1.名称
YS 市庭コミュニティ―財団 コミュニティー事業

2.締切期日
応募書類受付期間 2018 年 6 月 10 日〜7 月 31 日(当日消印有効)

3.事業内容と対象団体と補助・助成
助成対象の分野は、地域と暮らし・環境・文化・芸術・スポーツなど広く含むこととし、活動内容は、下記の共鳴するコミュニティーづくりを行う NPO 法人、団体等によるコミュニティー活動とします。
1)コミュニティー振興及びまちづくりに関する事業
2)社会教育及び文化・スポーツに関する事業
3)その他この法人の目的を達成するために必要な事業
具体的には上記目的の達成や事業内容にそった地域活動、講座やセミナー開催、体験学習等の助成を行います

●コミュニティー振興及びまちづくりに関する事業
5〜10 件程度 5 百万円程度
●社会教育及び文化・スポーツに関する事業
5〜10 件程度 5 百万円程度
助成総額 1,500 万円程度(原則、継続助成団体を含める)
助成期間 2018 年 10 月 1 日〜2019 年 9 月 30 日

4.お問合せ先
送付先住所:東京都港区北青山 1 丁目 2 番 3 号 青山ビル 12 階 〒:107-0061
宛先:太陽グラントソントン税理士法人
電話:03-5770-8822 FAX:03-5770-8820

5.詳細情報
http://ys-ichiba.org/assisting.html
http://ys-ichiba.org/YSass_file/boshuu/YS2018Oubo.pdf

--------------------------------------------------------------------
(スタッフ 松嶋)
posted by iCASC2 at 08:55| 補助助成

2018年07月07日

東海テレビ国際基金

1.名称
東海テレビ国際基金

2.募集期日
原則として毎年4月1日〜12月20日(対象事業の実施時期:翌年度4月〜3月)

3.事業内容、対象団体・事業について
◎事業内容
国際化時代に対応し、国際文化交流活動への助成を中心として、諸外国との相互理解と国際親善に寄与すること
1.主に東海地方で、営利を追求せず、国際交流を目的として活動している団体に対して助成を行っています。
2.国際交流に貢献するため、東海地方で暮らす外国人のために、この地方の伝統・文化・芸術・経済など生活に役立つ情報をまとめ、英語・中国語・スペイン語・ポルトガル語・韓国語に翻訳して紹介するDVDを制作し、各国領事館・市町村の国際交流協会・大学・名古屋国際センター・公立図書館など約100箇所に寄贈しています。
3.日頃の活動を広くPRすることで、同じ目的を持つ団体と情報交換し、より活発で有意義な活動につなげるよう努めています。
◎対象団体
主に東海地方で、営利を追求せず、国際交流を目的として活動している団体。
◎対象事業
国際理解の促進や国際交流に資する事業

4.宛先・問い合わせ
〒461-8501 名古屋市東区東桜一丁目14番27号 東海テレビ放送株式会社内
TEL 052−954−1104
FAX 052−954−1091

5.詳細情報
http://tokai-tv.com/kikin/gaiyo/index.html

--------------------------------------------------------------------
(スタッフ 野田)
posted by iCASC2 at 16:56| 補助助成

2018年07月02日

第12回未来を強くする子育てプロジェクト(子育て支援活動の表彰)【締切:2018年9月7日必着】

1. 名称
第12回 未来を強くする子育てプロジェクト 【子育て支援活動の表彰】

2.趣旨
より良い子育て環境づくりに取り組む個人・団体を募集します。各地域の参考になる特徴的な子育て支援活動を社会に広く紹介し、他地域への普及を促すことで、子育て環境を整備し、子育て不安を払拭することを目的としています。

3.募集期間
2018年7月9日(月)〜2018年9月7日(金)必着

4.対象
より良い子育て環境づくりに資する活動を行い、成果を上げている個人・団体(規模は問いませんが、次の要件を満たすことが必要)を対象とします。


5.表彰
◎文部科学大臣賞/表彰状 ※スミセイ未来大賞の1組に授与
◎厚生労働大臣賞/表彰状 ※スミセイ未来大賞の1組に授与
◎スミセイ未来大賞/表彰盾、副賞100万円 ※2組程度
◎スミセイ未来賞/表彰盾、副賞50万円 ※10組程度

6.要件
@子育て支援に資する諸活動を継続的に行っていること。
A活動内容が社会に認められ、ロールモデルとなりうるものであること。
B活動の公表を了承していただける個人・団体であること。
C日本国内で活動している個人・団体であること。
D受賞時に、団体名・連絡先、代表者等の氏名(本名)、活動の写真、活動内容等を、新聞・雑誌、インターネット等での公表にご協力いただける方。マスコミなどからの取材にご協力いただける方。

7.宛先・お問合せ先
「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-14-7 光ビル
電話:03-3265-2283(平日10:00〜17:30)

8.詳細情報
http://www.sumitomolife.co.jp/about/csr/community/mirai_child/

※その他、女性研究者への支援もあります。
詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。

CCI20180702.jpg

CCI20180702_0001.jpg

-------------------------------------------------------------------------
「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局よりチラシが届きました。
当センターに配架中です。(スタッフ 安田)
posted by iCASC2 at 14:01| 補助助成

2018年06月30日

2019年度 社会的・文化的諸活動助成

1.名称
2019年度 社会的・文化的諸活動助成

2.締切期日
2018年7月9日(月)〜7月12日(木)(必着)

3.事業内容と対象団体と補助・助成
情報通信を通じて社会や教育等に貢献する各種の非営利団体(NPO)、非政府組織(NGO)、の活動、「草の根」活動、地域社会の国際化(特にアジア太平洋地域)につながる各種の活動、情報通信を通じて社会に貢献する各種の文化事業、通信の普及・発展あるいは国際間相互理解の促進に寄与する活動や事業(たとえばイベント、講習会、ボランティア活動に対する助成。ただし通信事業者等の本来業務に該当するものは対象外。
助成金額および件数
@1件当たり300万円までとし、15件程度(ただし大学院生は100万円まで)
A今年度は、KDDI財団創立10周年記念として、社会変革へのブレイクスルーとなる
チャレンジングな研究に対して「特別調査研究助成」を設けます。
助成件数1件、助成金1,000万円
*「特別枠調査研究助成」に応募し、審査の結果、「調査研究助成」での助成内定となる場合、研究内容、助成金額300万円以内に変更していただきます。(対象者には個別に連絡いたします)
4.お問合せ先
公益財団法人KDDI財団 助成業務部
〒102-8460 東京都千代田区飯田橋3-10-10
ガーデンエアタワー6F
E-mail :grant@kddi-foundation.or.jp
*お問合せはEメールでお受けいたします。
(電話でのお問合せはご遠慮願います。)
U R L :http://www.kddi-foundation.or.jp/

5.詳細情報
http://www.kddi-foundation.or.jp/support/social/
http://www.kddi-foundation.or.jp/support/application_guide2019.pdf

--------------------------------------------------------------------
(スタッフ 松嶋)
posted by iCASC2 at 14:04| 補助助成