2018年04月03日

2018年度 ビジネスパーソンボランティア活動助成

1.名称
2018年度 ビジネスパーソンボランティア活動助成

2.締切期日
2018年4月1日(日)〜2018年5月25日(金)

3.事業内容と対象団体と補助・助成
ビジネスパーソンのボランティア活動を支援することにより、ビジネスパーソンのボランティア活動の振興と社会福祉の向上に寄与することを目的とする。

●テーマ
(1)高齢者福祉に関するボランティア活動
(2) 障がい者福祉に関するボランティア活動
(3) こども(高校生まで)の健全な心を育てる交流ボランティア活動

●対象団体
社会福祉の推進に役立つボランティア活動を行っているか、または行おうとするビジネスパーソン(会社員、団体職員、公務員、経営者・個人事業主)が80%以上のグループ(NPO法人を含む)。

●助成金額 (1件の上限額  200,000円)

4.お問い合わせ先
〒550-0002 大阪市西区江戸堀1丁目2番1号 大同生命大阪本社ビル内
公益財団法人 大同生命厚生事業団 事務局
TEL(06)6447-7101
FAX(06)6447-7102

5.詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.daido-life-welfare.or.jp/subsidize/volunteer/step2.htm

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 安田)
posted by iCASC2 at 10:10| 補助助成

2018年03月28日

平成30年度 子供たちの環境学習活動に対する助成事業

1. 名称
平成30年度 子供たちの環境学習活動に対する助成事業

2. 締切期日
2018年5月11日(金) 必着

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
・地域の子供たちに自然環境について考えてもらうことを目的とした環境学習活動への助成を行います。
・小学生以下の子供を対象に行う緑化や自然体験などの環境保全に関する体験・学習活動

●対象団体
国内の保育園、幼稚園、小学校、およびNPO法人等の地域活動団体

●助成金 (1件の上限50万円)

4. お問い合わせ先
高原環境財団 事務局
TEL 03-3449-8684
E-mail mail@takahara-env.or.jp

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.takahara-env.or.jp/bosyu/

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 木全)
posted by iCASC2 at 13:52| 補助助成

2018年03月22日

2018年度 連合・愛のカンパ「地域助成」

1. 名称
2018年度 連合・愛のカンパ「地域助成」

2. 締切期日
2018年3月31日(土)必着

3. 対象団体と事業内容と補助・助成
対象となる社会貢献活動を実践していること。
法令遵守していること。
株式会社など営利を目的とする団体でないこと。

●事業内容
1.大規模災害などの救援・支援活動
2. 戦争や紛争による難民救済などの活動
3. 人権救済活動
4. 地球環境保全活動
5. ハンディキャップをもった人たちの活動
6. 教育・文化などの子どもの健全育成活動
7. 医療・福祉関係などの活動
8. 地域コミュニティー活動(レクリエーション活動を除く)
9. 生活困窮者の自立支援活動


●助成金額 (1件の上限額 なし)

4. お問合せ先と詳細情報
「申請団体・組織」が所在・活動する「地方連合会」まで

ホームページをご参照ください。
https://www.jtuc-rengo.or.jp/activity/kizuna/campa/2018/chiiki.html

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 木全)
posted by iCASC2 at 09:58| 補助助成

2018年03月20日

平成30年度 カメイ社会教育振興財団「助成事業」

1. 名称
平成30年度 カメイ社会教育振興財団「助成事業」

2. 締切期日
2018年4月22日(日)

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
 「青少年の社会教育活動に対する助成」
●対象団体 社会教育団体、又は青少年を対象とする団体が行う青少年の健全育成のための社会教育活動、又はこれを促進するための事業
●助成金額 1件 30万円

 「文化及び芸術等の振興に対する助成」
●対象団体 団体等が行う文化及び芸術等の社会教育活動又はこれを促進するための事業
●助成金額 1件 30万円

4. お問い合わせ先
〒980‐0022仙台市青葉区五橋 1‐1‐23
公益財団法人 カメイ社会教育振興財団(カメイ美術館内)
(10:00〜17:00 月曜定休)
事務局長 今西 晃一
担 当  岡崎 恵美
TEL 022‐264‐6543
FAX 022‐264‐6544
info@kameimuseum.or.jp
http://www.kameimuseum.or.jp/foundation/

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.kameimuseum.or.jp/foundation/

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 09:48| 補助助成

2018年度 ニッセイ財団 高齢社会助成

1. 名称
2018年度 ニッセイ財団 高齢社会助成

2. 締切期日
2018年5月31日(木) 消印有効

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
「共に生きる地域コミュニティづくり」を基本テーマに 地域福祉チャレンジ活動助成をしています。

●対象団体
助成テーマにチャレンジする意欲があり、かつ他の団体等と協働で活動していく団体。法人格の有無は問わない
●助成金額 (最大400万円)

4. お問い合わせ先
〒541-0042  大阪市中央区今橋3丁目1番7号 日生今橋ビル4階
日本生命財団 高齢社会助成 事務局
TEL 06-6204-4013

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp/kourei/02.html

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 09:46| 補助助成

2018年03月14日

2018年度 毎日新聞大阪社会事業団 配食車贈呈事業

1. 名称
2018年度 毎日新聞大阪社会事業団 配食車贈呈事業

2. 締切期日
2018年5月11日(金) 【必着】

3. 事業内容と対象団体と補助・助成

毎日新聞読者らから寄せられた寄付金や「歳末たすけあい運動」の歳末義援金「チャリティー名士寄贈書画工芸作品入札・即売会」などの収益などを基に
地域で高齢者や障害者らを対象にした配食サービス事業を展開しているボランティアや民間団体、施設などに配食サービス車を贈呈する制度です。

●補助・助成
年間1台の配食サービス車を贈呈。


4. お問い合わせ先

〒530-8251 大阪市北区梅田3-4-5
毎日新聞大阪社会事業団
TEL 06-6346-1180
FAX 06-6346-8681


5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
https://www.mainichi.co.jp/osaka_shakaijigyo/main_enterprise/internal/car/car.html

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 木全)
posted by iCASC2 at 17:13| 補助助成

2018年03月13日

大塚商会ハートフル基金復興応援プロジェクト2018

1. 名称
大塚商会ハートフル基金復興応援プロジェクト2018

2. 締切期日
2018年3月31日(土) 終了

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
間もなく東日本大震災発生から7年を迎えます。しかし、被災地では復興活動や被災者支援の活動は続いており息の長い支援が求められています。
大塚商会では今年も「大塚商会ハートフル基金 復興応援プロジェクト」による支援を実施します。

「大塚商会ハートフル基金 復興応援プロジェクト」は 社員と会社のマッチングギフトとして長年さまざまな支援活動に活用してきた「大塚商会ハートフル基金」から
被災地の復興につながる活動をしている非営利団体に支援金を贈ろうというもので 2014年から継続しています。

●助成金額 (1件の上限額 500,000円)

4. お問い合わせ先
「大塚商会ハートフル基金 復興応援プロジェクト」事務局
E-Mail heartful@otsuka-shokai.co.jp

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
https://www.otsuka-shokai.co.jp/corporate/csr/news/2018/180301.html

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 09:19| 補助助成

平成30年度 富士フイルム・グリーンファンド

1.名称
平成30年度 富士フイルム・グリーンファンド

2.締切期日
2018年5月7日(月)

3.事業内容と対象団体と補助・助成
身近な自然を守るために地域に根づいた活動をしてきた方 この助成によって大きな進展が望める活動を対象としています。
活動助成を申請は 身近な自然の保全や自然とのふれあいを積極的に行っていること。

●助成金額
総額850万円

4.お問い合わせ先
〒130-8606 東京都墨田区江東橋三丁目3番7号
(一財)自然環境研究センター内
公益信託富士フイルム・グリーンファンド事務局
FAX 03-6659-6320
http://www.jwrc.or.jp/

5.詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.jwrc.or.jp/service/shintaku/fgf.htm

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 09:18| 補助助成

2018年03月07日

第48回 毎日社会福祉顕彰

1. 名称
第48回 毎日社会福祉顕彰

2. 締切期日
2018年5月31日(火)

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
1971(昭和46年、毎日新聞社会事業団の創立60周年を記念して設定し 毎年実施しているものです。
全国の社会福祉関係者および団体のなかから とくに優れた功績をあげ 社会福祉の発展向上に貢献している個人あるいは団体を顕彰し 新しい福祉国家の形成と進展に寄与するねらいです。

(1)学 術
社会福祉全般あるいは児童、高齢者、心身障害者などの分野について優れた研究論文・資料を作成した個人または団体。

(2)技 術
社会福祉全般あるいは児童、高齢者、心身障害者などの分野で 独創的な科学技術、プロセスを導入し 効果をあげた個人または団体。

(3)創 意
社会福祉施設の改善、整備、あるいは福祉活動についての指導、育成養護などの実務面において 独創的な発想、創意、工夫を取り入れ、業績をあげた個人または団体。

(4)奉 仕
長年にわたって国際福祉、地域福祉または福祉施設、団体、援護を要する個人などに対し 奉仕活動を続け 将来もこれを継続して行う意志の強い個人または団体。

(5)勤 勉
社会福祉施設等に長年(30年以上)にわたって勤続し、その使命に献身、勉励し、顕著な成績をあげた個人。

(6)その他
新しい福祉の分野、時代のニーズに応える福祉活動をしている個人または団体。その他 上記のどの項目にも該当しないが 社会福祉の分野で顕彰に値する功績をあげ、または貢献をした個人または団体。


●助成金額 (1件の上限額 1,000,000円)


4. お問い合わせ先
〒100-8051 東京都千代田区一ツ橋1の1の1 毎日新聞東京社会事業団
TEL(03)3213-2674
FAX(03)3213-6744

〒530-8251 大阪市北区梅田3の4の5 毎日新聞大阪社会事業団
TEL(06)6346-1180
FAX(06)6346-8681


5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.mainichi.co.jp/shakaijigyo/

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 木全)
posted by iCASC2 at 11:59| 補助助成

2018年度 社会貢献者表彰

1. 名称
2018年度 社会貢献者表彰

2. 締切期日
2018年5月1日(火) 必着
 
3. 事業内容と対象団体と補助・助成
国の内外を問わず 社会と人間の安寧と幸福のために貢献し 顕著な功績を挙げられながら 社会的に報われることの少なかった方々を表彰させて頂き そのご功績に報い感謝することを通じてよりよい社会づくりに資することを目的としています。


(1)社会貢献の功績
精神的・肉体的な著しい労苦、危険、劣悪な状況に耐え、他に尽くされた功績
困難な状況の中で黙々と努力し、社会と人間の安寧・幸福のために尽くされた功績
先駆性、独自性、模範性などを備えた活動により、社会に尽くされた功績
海の安全や環境保全、山や川などの自然環境や絶滅危惧種などの希少動物の保護に尽くされた功績

(2)人命救助の功績
海難、水難、交通事故、遭難等に際し、身命の危険を冒して救助、救援に尽くされた功績
犯罪等の発生に際し、身命の危険を冒してその解決に協力された功績
災害、事故、犯罪の発生を未然に防いだ功績

(3)その他
以上の功労に準ずる顕著な功績


4. お問い合わせ先
〒105-0003 東京都港区西新橋1-18-6 クロスオフィス内幸町801
公益財団法人 社会貢献支援財団 事業部(池田・飯田)
TEL 03-3502-0910
FAX 03-3502-7190
メール fesco@fesco.or.jp


5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
https://www.fesco.or.jp/recommend/index.php

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 木全)
posted by iCASC2 at 11:58| 補助助成