2020年04月27日

【赤い羽根福祉基金 盛和塾】就職活動助成・手に職つけよう応援助成・新型コロナウイルス対策緊急助成

1.名称
赤い羽根福祉基金 盛和塾
【A】「手に職つけよう応援助成」
【B】「就職活動助成」
【C】「新型コロナウイルス対策緊急助成」

2.締切期日
【A】【B】
第1回:2020(令和2)年7月31日(金)
第2回:2020(令和2)年9月30日(水)
第3回:2020(令和2)年12月25日(金)※いずれも当日消印有効
【C】
第1回締切日:2020(令和2)年5月29日(金)※Eメール・郵送いずれも当日必着
第2回締切日:2020(令和2)年6月30日(火)※Eメール・郵送いずれも当日必着

3.事業内容、対象、助成額
●事業内容
中央共同募金会では、2019年末に解散した盛和塾(京セラ株式 会社創業者 稲盛和夫氏主宰の私塾)からのご寄付を財源として、 児童養護施設退所者への支援を目的に赤い羽根福祉基金「盛和塾 社会人定着応援プログラム」を実施しています。
プログラムでは、児童養護施設を退所して大学や専門学校等で学ぶ方を対象に、就職活動に係る費用を助成する「就職活動応援助成」と、国家資格等取得をめざす費用を助成する「手に職つけよう応援助成」を展開します。また、この度の新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、児童養護施設を退所して大学や専門学校等で学ぶ方のうち、アルバイトによる収入が減り経済的な不安を抱えている方を支援する「新型コロナウィルス対策緊急助成」を新たに実施します。

●助成対象
原則、以下の要件のすべてにあてはまる者を対象とします。*1*2
・高等学校卒業時に児童養護施設に在籍していた者で、現在は施設を退所している者
・大学や専門学校に進学し、現に在学している者 *3
・新型コロナウイルス対策のためアルバイト等の収入が減少し、経済的に困難な状況に直面している者
*1 対象であるか判断に迷う場合には、別途事務局までご相談ください。
*2 【A】【B】のみ:当助成プログラムにこれまで応募をし、助成決定をされた者は対象とはしません。
*3 対象は、大学(短期大学を含む)、専門学校(専門課程を置く専修学校)です。各種学校は原則対象とはしません。

●助成金額
【A】国家資格等取得にかかる費用応援助成
(1)助成金額一人あたり10万円を助成します。
(2)助成対象の費用例
国家資格等取得に必要な備品費、教科書・書籍購入費、実習費、国家試験等の受験費(模試受験料や試験対策講座受講費などの受験準備費を含む)、それぞれに係る交通費 等

【B】就職活動応援助成
(1)施設を退所して進学した者の在学中の就職活動にかかる費用として、一人あたり10万円を助成します。
(2)助成対象の費用例
就職活動時の生活費、就職活動に必要なスーツや靴、鞄等購入費・就職活動に要する旅費、就職に必要とされる資格取得費等

【C】新型コロナウイルス対策緊急助成
(1)施設を退所して進学した者で、新型コロナウイルス対策のためアルバイト等の収入が減少し、経済的に困難な状況に直面している者に対し、緊急的に一人あたり10万円を助成します。
(2)助成対象の費用例
学費または生活費

◎留意点(【A】【B】【C】共通)
※既に支払った支出に対しても助成することが可能です。
※他の奨学金と併給が可能です。

4.問い合わせ先
申請にあたっての要件や書類作成等に関するご相談、お問い合わせは中央共同募金会にお願いいたします。
できる限り電子メールでお問い合わせください。
社会福祉法人中央共同募金会 基金事業部「盛和塾プログラム担当」宛
〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル5 階
TEL :03-3581-3846  FAX :03-3581-5755
Mail:ouen @ c.akaihane.or.jp
URL :https://www.akaihane.or.jp/

5.詳細情報
下記URL先をご参照ください。
https://www.akaihane.or.jp/seiwajyuku-2/

---------------------------------------------
(スタッフ大西)
posted by iCASC2 at 14:40| ★新型コロナウィルス関連

新型コロナウイルス感染拡大による特別活動支援金

1.名称
新型コロナウイルス感染拡大による特別活動支援金

2.締切期日
2020年4月13日〜締切無し(ただし、2021年3月31日までに実施される事業であること)

申請条件や応募の詳細は、申請ガイドをご参照ください。
https://wesley.or.jp/program/Covid19Grants_Guideline.pdf

3.事業内容、対象団体、助成額
●事業内容
ウェスレー財団では、新型コロナウイルスの感染拡大により、今回特別に緊急救援ならびに人道支援活動に対して支援金を交付いたします。

●対象
新型コロナウイルスの感染拡大により生じる緊急救援、ならびに人道支援(社会的弱者に対する支援、社会福祉向上、児童又は青少年の健全な育成など)に取り組む活動で、2020年4月1日〜2021年3月31日に国内で実施される事業を支援対象とします。

4.問い合わせ先
本支援金については、下記メールアドレスまでお問い合わせください。
grant@wesley.or.jp   担当者:生原(はいばら)

公益財団法人ウェスレー財団
〒107-0062 東京都港区南青山6-10-11 Wesley Center 301
電話番号:03-6427-4696
オフィスアワー:月-金 9:00-17:00 (昼休憩 12:00-13:00)

5.詳細情報
下記URL先をご参照ください。
https://wesley.or.jp/program/news/post-17.html

---------------------------------------------------------------------
 (スタッフ 大西)
posted by iCASC2 at 11:36| ★新型コロナウィルス関連

2020年04月26日

キッズドア基金

1. 名称
キッズドア基金

2. 締切期日
2020年5月13日(水)

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
2020年度中に新規で学習支援事業を立ち上げる団体にスタートアップのための資金及びハンズオン支援でサポートします。
本助成事業は、新型コロナウイルス感染防止に伴う小中高校の一斉休校や保護者の経済環境の急変により教育格差が拡大し、貧困の連鎖に陥る子どもを生み出さないために、地域の中で新たに学習支援を始める団体を支援します。

●応募対象
日本国内で活動する公益の実現をめざす民間非営利団体

4. お問い合わせ先
特定非営利活動法人キッズドア基金

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
https://kidsdoorfund.com/

---------------------------------------------------------------------
 (スタッフ 大西)
posted by iCASC2 at 11:49| ★新型コロナウィルス関連

2020年04月21日

新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金

1. 名称
新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金

2. 締切期日
2020年4月3日(金)〜2020年7月2日(木)(90日間)
(現在、第1期の助成先が決定し、第2期の助成先を応募中)

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
●基金の目的
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の脅威が日に日に全世界に影響を及ぼしている中、国内においても感染者が増加の一途をたどっています。
新型コロナウイルスの拡大防止に取り組む活動を支援するため、「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金有志の会(代表発起人:小坂健)」が主体となり本基金を設立いたしました。
新型コロナウイルスに対し最前線で取り組まれる医療機関等への直接の支援、または同機関への必要物資・医療用防護具・医療器具などの支援活動、新型コロナウイルスの影響を受ける子どもたち等への支援活動、新型コロナウイルスに関わる研究・開発費用など、今まさに支援を必要とする分野への迅速な支援を行います。

●助成対象
日本における新型コロナウイルス感染症の拡大防止に取り組む、個人・団体・事業者・医療機関・自治体等に対して、下記のような活動費用を助成します。
1.介護施設、障害者施設、保育所、学校、放課後学童保育等へのマスク等必要物資の支援費用
2.医療機関へのマスクや手袋、ガウンなどの医療用防護具、水や毛布などの救援物資、人工呼吸器やベッドなどの医療器具の支援費用
3.医療用防護具、医療器具などを生産するための事業経費
4.保健所、医療機関、介護施設、障がい者施設、保育所、学校、放課後学童保育等の新型コロナウイルス感染症対応に関わる人件費
5.新型コロナウイルス拡大感染症の影響を受け、社会的孤立が懸念される子ども、青少年、保護者、高齢者、低所得者などを支援する個人・団体等の活動費用
6.新型コロナウイルス感染症の予防、診断、治療のための研究・開発費用
7.その他、各個人・団体・事業者・医療機関・自治体などが新型コロナウイルス感染症対応を実施する上で発生する費用

上記に掲げた内容の中から、2020年1月から2020年12月に発生する費用を対象とします(発注・契約等含む)。

●応募資格
・新型コロナウイルス感染症の対応及び拡大防止に取り組む、個人・任意団体・特定非営利活動法人(NPO)・社会福祉法人・事業者・医療機関・自治体など
・日本国内に拠点がある団体
・反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団、その他これらに準ずる者をいう。)に該当しないこと

●助成金額
・助成総額(予定)     :1億円程度を想定
・助成件数(予定)     :30〜50件程度を想定
・助成1件あたり助成額目安 :50万円〜1,000万円程度

4. お問い合わせ先
・本募集要項、申請方法等について
 基金運営事務局(READYFOR株式会社内)
 事務局メールアドレス grant_covid@readyfor.jp
・本基金の設立目的等について
 公益財団法人東京コミュニティー財団
 事務局メールアドレス jimukyoku@tmcf.or.jp

5. 詳細情報
下記URL先をご参照ください
https://readyfor.jp/projects/covid19-relief-fund

-----------------------------------------------------------------------------------------
(スタッフ 魚住)
posted by iCASC2 at 11:27| ★新型コロナウィルス関連

2020年04月18日

みてね基金

1.名称
みてね基金

2.締切期日
第一期の1回目の公募締め切り:2020年4月24日(金)15:00まで
第一期の2回目の公募締め切り:2020年5月15日(金)15:00まで

3.事業内容、対象団体、助成額
<事業内容>
・「みてね基金」は、『すべての子ども、その家族が幸せに暮らせる』ことを目標に、国連サミットで採択されたSDGs(持続可能な開発目標/Sustainable Development Goals)で掲げられた「2030年までに世界が達成すべき17の目標」を参考に、病気・貧困・虐待・出産・教育の5領域を独自に定め助成活動を広げていきます。
・新型コロナウイルスの影響により困りごとが生じている子育て家庭に必要な支援を届け、手助けしていくことが「みてね基金」として必要と考え、新型コロナウイルスの影響を受ける家庭を支援する団体様を対象に実施することを決定いたしました。

<対象団体>
下記領域において、子育ておよび家族への支援活動を行う団体

 1.病気(難病・障害)
 2.教育(児童養護・教育格差)
 3.貧困(経済的貧困)
 4.出産(不妊・妊活・妊娠中および産後)
 5.虐待(虐待防止)

※第一期においては、上記領域にて新型コロナウイルスの影響を受ける子育て家庭に対して支援活動を行う団体を対象といたします

〈助成額〉
基金総額10億円のうち2〜3億円(予定)
(1事業あたり最大1,000万円)
※助成金額は申請時に提出された書類や情報等を審査の上決定します。
※上記総額は本基金全体の助成金総額であり、第一回および第二回での助成対象事業は各回で10〜15件を想定していますが、ご提案の状況によっては変更の可能性があります。
※第二期以降は、中長期的な支援に対する助成を検討してまいります。
※自治体の補助金や他の公共法人等の助成金を活用する事業でも応募できます。但し、同一の費用を重複して計上することはできません。


4.問い合わせ先
みてね基金
fund@mitene.us


5.詳細情報
下記URL先をご覧ください
https://media.mitene.us/archives/1583

--------------------------------------------------------
(スタッフ 川井)
posted by iCASC2 at 13:23| ★新型コロナウィルス関連

【ゴールドマン・サックス緊急子ども支援基金】緊急助成プログラム

1.名称
ゴールドマン・サックス
緊急子ども支援基金


2.締切期日
2020年4月13日(月) 〜 2020年4月21日(火)


3.事業内容、対象団体、助成額
<事業内容>
経済的に困難な環境にある子どもや家庭を対象に、新型コロナウイルス感染症流行への対応として必要となるケアの充実を支援することを目的とする。

<対象団体>
・NPO法人、一般社団法人、社会福祉法人、公益法人などの非営利組織
※国、地方自治体、宗教法人、個人、営利を目的とした株式会社・有限会社、趣旨や活動が政治・宗教・思想・営利などの目的に偏る団体は除きます。
・これまでに経済的に困難な環境にある子どもと家族に対するケアに取り組んでいる団体(学習支援、居場所、学童、子ども食堂など)で、コロナウイルス感染症の流行に対応して事業を継続、拡充しようとする団体

<助成額>
・1件あたり上限200万円(原則として)
・助成金の使途は、申請する事業活動に伴う事業費、人件費、事業遂行にあたってかかるその他の経費


4.問い合わせ先
公益財団法人 パブリックリソース財団内
「ゴールドマン・サックス 緊急子ども支援基金」 
事務局(担当:黒木、岸本)
E-mail:gs.kodomo@public.or.jp
URL:http://www.public.or.jp


5.詳細情報
下記URL先をご覧ください
https://www.info.public.or.jp/gs-kodomo/
-------------------------------------------------------
(スタッフ 川井)
posted by iCASC2 at 13:17| ★新型コロナウィルス関連