2017年06月02日

生き生きチャレンジ2017 福祉作業所助成

1. 名称
生き生きチャレンジ2017 福祉作業所助成

2. 締切期日
2017年4月11日(火)〜6月16日(金)必着

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
『テーマは設けず どんな事業でも ご応募してください』
利用者を雇用して収益をあげ 賃金アップをめざす福祉作業所

●助成金額 1件100万円

4. ご応募先
〒100-8055 読売光と愛の事業団・作業所係
TEL(03-3217-3473)に必要書類を郵送してください。

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.yomiuri-hikari.or.jp/report/post-229.html

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 09:08| 補助助成

2017年06月01日

2017年度 Gakuvo Style Fund

1. 名称
2017年度 Gakuvo Style Fund

2. 締切期日
2017年6月1日〜2017年6月15日

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
『ボランティア活動などの社会貢献活動を通して、成長する学生を応援します』
 単に誰かの役に立つだけでなく 活動を通して成長し 社会へはばたく人材を育成するため 活動を支援するファンドを創設しました。
 そのようにして成長した学生が ひとりでも多く社会へと羽ばたき 社会を変え 世界をよくする確実な一歩となることを確信して設立されたファンドです。

(Aコース)【Colla・vo(こらぼ)】

(1)新たな活動展開を図るため 他の学生ボランティア団体のみならず 既存の枠組みを超えた企業や行政、NPO、更には特定のスキルをもつスポーツ団体やサークルなどと協働してプログラムを  行うことで 今までにない活動が可能となるものが対象です。

(2)ボランティアを主たる目的としていない学生団体が 自ら持ち合わせている技術力や特技を最大限に生かしたボランティア活動も対象とします。

●協力金額は 20万円まで(1万円単位)です。

(Bコース)【Yuru・vo(ゆるぼ)】・書類審査のみ

(1)初めの一歩を踏み出そうとする または踏み出しつつある学生団体が対象です。初めてボランティア活動を行う団体 または活動実績が 2年未満の団体が該当(1回限り)します。
 なお、活動実績は問わないため これから活動を始めようとしている団体も対象となります。

(2)様々なボランティア活動のシーンが考えられますが、各フィールドにて直接使用する資器材等を対象とします。

●協力金額は 1万円から 10万円まで(1万円単位)です。

(Cコース)【Baca・vo(ばかぼ)】

(1)比較的活動経費のかかる海外などでのボランティア活動で その活動を行う地域で発生している課題解決にどっぷりと浸かり 脇目もふらず、 がむしゃら、かつディープに活動している学生  団体を対象とします。徹底的なのめり込み企画ボランティア活動に対して支援します。

(2)海外ボランティアに限らず 国内ボランティアも対象となります。

●協力金額は 30万円まで(1万円単位)です。

●対象団体
「世界をよくする」という大きな目的のもと、具体的な実施計画をもち、実施する力をもつ団体

●応募方法
応募は、Web上からのみとなります。
6/1(月)より本サイト上に開設する応募フォームより行ってください。

4. お問い合わせ先
〒108-8636 東京都港区白金台1-2-37 明治学院大学ボランティアセンター内
『Gakuvo Style Fund』事務局 月〜金 10時〜17時
TEL 03-5421-5131
FAX 03-5421-5144 
Eメール gsfjimu@mguad.meijigakuin.ac.jp


5. 詳細情報
Gakuvo(日本財団学生ボランティアセンター)
ホームページをご参照ください。
http://gakuvo.jp/gakuvostyle2017/


---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 木全)
posted by iCASC2 at 10:05| 補助助成

2017年05月31日

平成29年度あいちモリコロ基金 助成対象活動【初期活動(後期)】

1. 名称
平成29年度あいちモリコロ基金 助成対象活動【初期活動(後期)】

2. 締切期日
2017年6月1日(木)〜6月30日(金)消印有効

3. 対象団体と事業内容と補助・助成
愛知県及び隣接県(岐阜、三重、静岡、長野の4県)の団体又はグループ (5人以上)
(※ 隣接県の団体等は 愛知県の団体等との共催が条件です)

●事業内容
愛・地球博の理念を継承発展させるに相応しい市民の自発的な参加に基づく社会貢献活動で次に掲げる活動。
(1) 保健、医療又は福祉の増進を図る活動
(2) 社会教育の推進を図る活動
(3) まちづくりの推進を図る活動
(4) 観光の振興を図る活動
(5) 農山漁村又は中山間地域の振興を図る活動
(6) 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
(7) 環境の保全を図る活動
(8) 災害救援活動
(9) 地域安全活動
(10) 人権の擁護又は平和の推進を図る活動
(11) 国際協力の活動
(12) 男女共同参画社会の形成の促進を図る活動
(13) 子どもの健全育成を図る活動
(14) 情報化社会の発展を図る活動
(15) 科学技術の振興を図る活動
(16) 経済活動の活性化を図る活動
(17) 職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
(18) 消費者の保護を図る活動
(19) 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動

●助成金額 (上限30万円)

4. お問合せ先
「あいちモリコロ基金相談コーナー」(名古屋市東区上竪杉町1ウィルあいち2階)
「あいちNPO交流プラザ」内に設置されます。
TEL 052(971)7770
FAX 052(971)7789

●モリコロ基金相談コーナー  
■募集期間中のみ、あいちNPO交流プラザにて開設します。
■助成金の対象範囲や申請書の記入方法等の相談に応じます。
■相談方法は電話・FAX・Emailなどのほか、来訪相談も可能です。
■来訪相談は予約の方を優先させていただきます。1件およそ30分です。

【開設場所】 
名古屋市東区上竪杉町1番地 ウィルあいち2階  「あいちNPO交流プラザ内」
【開設時間】
平成29年6月1日(木)から 6月30日(金)まで
火曜日〜土曜日 10時〜17時 (募集期間中のみ開設します。)
(日曜日・祝日・月曜日はお休み)
毎週水曜日は20時まで、夜間窓口を開設します。(6月7日・14日・21日・28日)

【連絡先・問合せ先】
TEL 052-971-7770  FAX 052-971-7789  (募集期間中のみ通じます)
E-mail office@morikorokikin.jp

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.morikorokikin.jp/Bosyu_Youkou/

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 09:11| 補助助成

第24回コカ・コーラ環境教育賞 「活動表彰部門」

1. 名称
第24回コカ・コーラ環境教育賞 「活動表彰部門」

2. 締切期日
6月5日(月)当日消印有効

3. 対象団体と事業内容と補助・助成
下記の1〜3を満たす個人・団体

(1) 小中学生を中心に環境教育に関する活動を行うボランティア団体もしくは学校
(高等学校は本部門の対象外となりますので 次世代支援部門へご応募ください)
(2) 日本国内に拠点を持つボランティア団体もしくは学校(拠点が国内であれば、活動地域は国内外を問いません)
(3) 上記1、2と同視できる活動を行う個人の集まり

●事業内容
1. 地域社会に根ざした環境教育・環境保全活動を行っていること
2. 小中学生を中心とした活動であり、組織化されていること
3. 活動が実践的かつ3年以上継続していること
4. ボランティア活動または学校の授業・課外活動であり、特定の企業・団体による営利的な活動でないこと
5. 自然体験を通して、地域社会に広げる、繋がる活動であること
6. 2017年8月18日(金)〜20日(日)の3日間、北海道夕張郡栗山町で開催を予定している最終選考会に参加できること
(交通および宿泊は主催者側で手配・負担いたします。※指導者1名、小中学生2名まで)

●助成金額
最優秀賞 1組 活動助成金 30万円
優秀賞  9組 活動助成金 10万円

4. お問合せ先
〒106-0032 東京都港区六本木7-1-19-006
「第24回コカ・コーラ環境教育賞」事務局
TEL 03-6447-4954(平日 10:00〜17:00 土・日・祝祭日を除く)
Email kankyo-forum2017@quaras.co.jp

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
https://www.cocacola-zaidan.jp/news-release/170414.html
posted by iCASC2 at 09:09| 補助助成

2017年度 ともにつくる 認知症カフェ開設応援助成

1. 名称
2017年度 ともにつくる 認知症カフェ開設応援助成

2. 締切期日
2017年6月12日(月)必着

3. 対象団体と事業内容と補助・助成
(1) 政治活動、宗教活動又は利用者に対する営業活動を行わない団体・グループ
(2) 法令および公序良俗に反しない団体・グループ
(3) 反社会的な活動にかかわっていない団体・グループ
(4) 飲食の提供等にあたり、衛生面に十分配慮している団体・グループ
(5) 参加者の個人情報およびプライバシーの尊重・保護に万全を期す団体・グループ

●事業内容
(1) 2017年9月から12月まで(贈呈後3か月以内)に新規で開設する「認知症カフェ」
(2) 開設後、運営できるだけの会場、スタッフが確保できていること
(3) 3年以上の継続が見込めること
(4) 地域活動として意義があると思われる運営方針であること
(5) 地域住民が運営の中心メンバーにいること(医療・介護・行政関係者のみでの実施ではないこと。株式会社や事業所などでの開設の場合は、法人単独の開催ではなく多職種、
   様々な立場の人が集まり結成されたグループであること)
(6) 市民ボランティア(地域住民)が力を発揮できる場であること
(7)「認知症カフェ」を通して、地域の中に新しい資源や人的なネットワークを育んでいけること
(8) 認知症カフェを通して実現したいことが明確にあり、その達成にむけ 少なくても月に1度は認知症カフェ、または関連する事業や勉強会などを開催すること
(9) 他の団体から開設のための助成を受けていないこと。ただし 開設後、継続するための他の助成や補助金は問わない
(10) 実施主体の法人格は問わないが「認知症カフェ」での営利を目的としていないこと

※認知症予防カフェやコミュニティーカフェ、ケアラーズカフェは対象になりません

●助成金額 (1団体、最大で 100万円まで)

4. お問合せ先
〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞厚生文化事業団
「認知症カフェ開設応援助成」事務局
TEL 03-5540-7446
FAX 03-5565-1643
E-mail n-cafe@asahi-welfare.or.jp

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.asahi-welfare.or.jp/archives/2017/05/post-229.html

CCI20170606.jpg

CCI20170606_0001.jpg

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 09:07| 補助助成

2017年05月30日

2017年度「市民防災・減災活動公募助成」

1. 名称
2017年度「市民防災・減災活動公募助成」

2. 締切期日
2017年6月9日(金)※消印有効

3. 事業内容と対象団体補助・助成
(1) 水害や大規模地震や今後発生する恐れのある自然災害に備え 地域で自助・共助の活動をされる団体のみなさまに 少しでもお役に立ちたいという願いから 新たな助成金を創設させていただきました。

(2) 防災の基本理念とされる「自らのいのちは自らが守る」「自分たちのまちは自分たちで守る」に沿い 災害に対する備え 相互連携・支援活動をされる皆様への支援を通して 地域の防災力の向上にお役に立てることを願っています。

●対象団体
・全国の市民防災・減災のための活動をする団体
・全国で活動する特定非営利活動法人、学校法人、社会福祉法人、ボランティアグループの市民主体の公益的な団体

●助成金額 (1事業 上限50万円)

4. お問い合わせ先
〒190-0015 東京都立川市泉町935−27
真如苑「Shinjoプロジェクト」市民活動公募助成事務局
TEL 042-538-3892
FAX 042-538-3841
E-mail koubo@shinnyo.org

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://shinjo-project.jp/koubo/bosai.html

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 09:23| 補助助成

2017年05月29日

2017年度 東北3.11基金

1. 名称
2017年度 東北3.11基金

2. 締切期日
2017年5月10日〜2017年6月6日

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
(1) 東日本大震災の被災地では、住宅再建や産業復興が優先され 子どもの日常を回復する活動が後回しになってきました。
(2) 福島、宮城、岩手の子どもたちをめぐる課題を解決し 子どもたちが自らの力で未来を切り開いていく活動を支援します。
(3) 子どもの電話相談、子育ての家庭訪問、子どもの居場所づくり、遊び場づくり、学習支援、広域避難者支援など、岩手、宮城、福島の子どもたちが自らの力を切り開いていく活動

●対象団体
岩手、宮城、福島の被災3県の子どもたちの支援を行っている団体。法人格の有無は問いません。

●助成金額 (1件の上限 400,000円)

4. お問い合わせ先
パブリックリソース財団
「東北3.11基金」 (担当 新井宛)
TEL 03-5540-6256
FAX 03-5540-1030
E-mail arai.toshinobu@public.or.jp

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.public.or.jp/PRF/news/dt_106.html

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ安田)
posted by iCASC2 at 08:54| 補助助成

2017年05月27日

2017年度 三井物産 環境基金 活動助成

1. 名称
2017年度 三井物産 環境基金 活動助成

2. 締切期日
2017年6月10日(土)(消印有効)

3. 対象団体と事業内容と補助・助成
日本国内に拠点をもつ 特定非営利活動法人(NPO法人)、一般社団・財団法人、公益社団・財団法人、大学、高等専門学校

●事業内容
申請者が主体的に取り組む持続可能な社会の実現に貢献する「実践的な環境貢献活動」

(A)地球環境
自然の変化をモニタリングし その結果に基づく必要な警鐘と対応につながる活動

(B)資源循環
 資源の効果的管理および活用につながる活動

(C)生態系・共生社会
 生態系サービスの保全と利用、並びに生態系と人間が共存するための調整につながる活動

(D)人間と社会のつながり
  環境問題を基盤にした 人と社会の関係の再構築に繋がる活動

●助成金額
上限なし(但し 案件の効率的な実施に必要と認められる金額の範囲内)

4. お問い合せ先
〒100-8631東京都千代田区丸の内1-1-3
三井物産株式会社 環境・社会貢献部「環境基金2017年度活動助成」係
TEL 03-6705-6156
E-mail 17MBK-KankyokikinTKVCE@mitsui.com

※ゴールデンウィーク期間(4月29日(土)〜5月7日(日))中 事務局はお休みをいただいております。
(お電話は繋がりませんので予めご了承ください)
(なお メールでのお問合せは随時受け付けております)

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.mitsui.com/jp/ja/csr/contribution/environment/fund/application/1223071_7661.html

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 今福)
posted by iCASC2 at 09:58| 補助助成

2017年05月26日

第11回よみうり子育て応援団大賞

1. 名称
第11回よみうり子育て応援団大賞

2. 締切期日
2017年4月17日〜2017年6月9日

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
(1) よみうり子育て応援団大賞は 民間の子育て支援活動を顕彰し サポートするために2007年に設けました。
(2) 読売新聞大阪本社は、小児医療の権威をはじめ、出産・育児、児童心理、保育行政などの専門家、親子関係や働く女性の問題に詳しい文化人やタレントの方々ら約30人による
「よみうり子育 て応援団」を設立しています。受賞団体には、応援団のメンバーである専門家を派遣してアドバイスしてもらうなど、子育て支援活動を継続的にサポートしています。

●対象団体
子育てに関連した実践活動に取り組んでいる国内の民間グループや団体。活動年数やメンバー数は問わない。

●補助・助成(表彰)
・実績および、活動の独自性を評価する「大賞」(賞金200万円)
・将来性や支援の必要性を重視する「奨励賞」(賞金100万円)2件。
・別に 応募団体の中から選考委員特別賞(賞金20万円)を選ぶ。

4. お問い合わせ先
「よみうり子育て応援団大賞」事務局
TEL 06-6881-7228(平日9:00〜17:00)
FAX 06-6881-7229
〒530・8551(住所不要)読売新聞大阪本社「よみうり子育て応援団大賞」事務局宛。
メールはtaisyo@yomiuri.comへ。

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
https://info.yomiuri.co.jp/contest/lfmd/kosodate.html

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 09:08| 補助助成

2017年05月25日

2017年度 〜Apply  社会起業塾のプレエントリー受付中 〜

1. 名称
2017年度 〜Apply  社会起業塾のプレエントリー受付中 〜

2. 締切期日
2017年5月11日(木)〜6月5日(月)正午12時必着

3. 事業内容と対象団体
社会問題を 根本から解決することに挑戦する若手社会起業家を募集します。


【重点テーマ】 募集団体(予定)

●NEC
NEC社会起業塾 ICTを活用し解決できるような、先駆的な社会課題に取り組む事業 (2団体)

●花王
花王社会起業塾 これからの新しい生活文化をつくる事業 (3団体)

●NTTドコモ
NTTドコモ社会起業塾
モバイル及びインターネットを活用して 社会的弱者やマイノリティが抱える社会的課題を解決する事業(2団体)

●特別メンバー
上記のテーマに限らず、特定の社会課題解決に取り組み プログラムを有効活用できると認められた事業(0団体〜若干名)

(※どの塾生も 同日程・内容のプログラムに参加していただきます)


●対象団体
(1)代表者をはじめ、活動の中心メンバーが35歳以下程度であること
※学生・社会人の区別は問いません
(2)顧客/当事者に対してサービスやプログラムを提供した実績があるなど、すでに事業や活動を開始していること
(3)選考に関連するイベント、期間中に開催されるミーティング・研修、最終報告会やパートナー企業報告会に代表者が参加すること
(4)事業報告書(月1回)および最終報告書を作成・提出すること

4. お問合せ先と詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://kigyojuku.etic.or.jp/apply/

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 木全)
posted by iCASC2 at 11:10| 補助助成

2017年05月24日

第24回コカ・コーラ環境教育賞 「次世代支援部門」

1. 名称
第24回コカ・コーラ環境教育賞 「次世代支援部門」

2. 締切期日
2017年6月5日

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
高校生、高専生および大学生による、環境保全・環境啓発に寄与する新しい企画を具現化することを目的として支援を行います
この支援を通じて 将来的に社会の環境教育に役立つことを目指します。

●対象団体
(下記の1〜3を満たす個人・団体)

1. 現役の高校生、高専生または大学生であること
 (学校の授業や研究課題など学校を拠点にした活動・企画である必要はありません。応募時に高等学校、高等専門学校、または大学に在籍されている方が対象となります)

2. 日本国内に拠点を持つ団体または個人であること(拠点が国内であれば 活動地域は国内外を問いません)

3. 成人以上の責任者を有すること(支援金の受け取りは必ず成人以上の責任者となります)
●補助・助成
最優秀賞 1組  企画支援金 50万円
優秀賞 4組  企画支援金 30万円

4. お問い合わせ先
「第24回コカ・コーラ環境教育賞」事務局
TEL 03-6447-4954(平日10:00〜17:00 土・日・祝祭日を除く)
Email kankyo-forum2017@quaras.co.jp

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
https://www.cocacola-zaidan.jp/news-release/170414.html

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 木全)
posted by iCASC2 at 13:27| 補助助成

2017年05月23日

平成29年度子どもゆめ基金 助成金(二次募集)

1. 名称
平成29年度子どもゆめ基金 助成金(二次募集)

2. 締切期日
郵送申請 2017年5月1日(月)〜2017年6月 6日(火)消印有効
電子申請 2017年5月1日(月)〜2017年6月20日(火)17時締切

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
1. 子どもを対象とする体験活動や読書活動
【体験活動】
(1)自然体験活動 
(2)科学体験活動
(3)交流を目的 とする活動
(4)社会奉仕体験活動
(5)職場体験活動
(6)総合・その他の体験活動

【読書活動】
(7)読書活動 

2. 子どもを対象とする体験活動や読書活動を支援する活動 
【フォーラム等普及活動】
・体験活動の振興方策を研究協議するフォーラム

【指導者養成】
・活動の指導者・ボランティア養成やスキルアップ研修会

●対象団体
(1)公益社団法人、公益財団法人又は一般社団法人、一般財団法人
(2)特定非営利活動法人

●助成金額
1活動 (全国規模300万円) (都道府県規模100万円) (市区町村規模50万円)

4. お問合せ先
〒151−0052東京都渋谷区代々木神園町3−1
(独法)国立青少年教育振興機構 子どもゆめ基金部 助成課
フリーダイヤル:0120−579081(携帯電話も可)
※月〜金(AM9:00〜PM5:45)
E-mail:yume@niye.go.jp

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://yumekikin.niye.go.jp/jyosei/taiken_boshu.html

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 09:13| 補助助成

2017年度「アジア民衆パートナーシップ支援基金」申請事業

1. 名称
2017年度「アジア民衆パートナーシップ支援基金」申請事業

2. 締切期日
2017年6月2日(金)必着

3. 対象団体と事業内容と補助・助成
(1)アジアにおいて教育、社会開発等の公益活動に従事する国内外の民間非営利団体であること。
(2)事業を行うにあたって、責任ある実施体制が整っていること。
(3)団体としての活動実績が3年以上あること。

●事業内容
アジアの開発途上国(DAC援助受取国)とくに日本が第二次世界大戦中に多大な被害を与えた東および東南アジアの国々の民衆と日本の人々が交流し 経験・知見の共有を通して
共に成長・発展しようとする事業を対象とします。

対象事業 (下記のいずれかに該当するもの)
(1)在日外国人(出稼ぎ)労働者と日本人労働者との交流・協力活動
(2)社会的差別を受けている人々同士の交流と協力
(3)民衆技術、地縁技術、伝統技術に携わる小農民や関係者同士の交流・相互研修
(4)民衆による平和運動
(5)民衆同士の交易・オルタートレード・フェアトレード
(6)その他、本基金の趣旨と目的にかなう事業

●助成金額 (1件 25〜50万円)

4. お問合せ先
〒113-8642 東京都文京区本駒込2-12-13 アジア文化会館1階 ACC21内
公益信託アジア・コミュニティ・トラスト事務局
TEL  03-3945-2615
FAX  03-3945-2692
E-mail act-info@acc21.org

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://act-trust.org/info/01.html

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 09:12| 補助助成

2017年05月21日

未来のつばさ プロジェクト支援事業 2017

1. 名称
未来のつばさ プロジェクト支援事業 2017

2. 締切期日
2017年4月3日〜2017年11月30日
【前期 2017年 4月3日(月)〜2017年 5月31日(水)】
【後期 2017年10月2日(月)〜2017年11月30日(木)】

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
(1)プロジェクトで そのテーマや内容が子どもの権利擁護 子どもの最善の利益に資するものであること。
(2)プロジェクトに於いて そのプロジェクトの計画性及び 方法が目的を達成するために適切で かつ支援によりプロジェクトの効果が十分発揮できると認められたものであること。
(3)プロジェクトは 営利を目的としないものであること。

●対象団体
1.法人格を有しないボランティア、任意団体でも2年以上の活動実績がある団体は申請いただけます。
2.団体への助成ではなく、団体の実施するプロジェクトに対する助成として行います。
3. 日本国内における児童養護関連団体で事業計画に従って遂行に足る能力を有する団体であり また それを過去の実績で証明できること。

●助成金額
前期 交付金(上限)30万円  10件 当年度実施プロジェクトに限る
後期 交付金(上限)30万円  10件 当年度または来年度実施プロジェクト

4. お問い合わせ先
公益財団法人 楽天 未来のつばさ
詳細は (当財団ホームページ内)実施要項および よくある質問ページをご確認のうえ
TEL 03-5642-7890までお電話ください。

(お問い合わせフォーム)からもお問い合わせいただけます。
https://mirainotsubasa.or.jp/contact/

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://mirainotsubasa.or.jp/institution/

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 今福)
posted by iCASC2 at 10:46| 補助助成

2017年05月20日

平成29年度 高齢者による地域活性化促進事業

1. 名称
平成29年度 高齢者による地域活性化促進事業

2. 締切期日
2017年3月27日〜2017年5月31日

3.事業内容と対象団体と補助・助成
(1)日本は 人口急減・超高齢化という大きな課題に直面しており 高齢者人口は増大し続けている。この中においては 多くの高齢者がより一層元気に 豊かな知識・技術・経験を十分に生か  しながら 地域の様々な課題解決のために自主的かつ継続的に活躍できる環境を整備することが必要である。

(2)そのために 高齢者施策に関わる地方公共団体の担当者、高齢者の学習・社会参加に関わる団体関係者並びに大学及び企業の関係者の参画による「長寿社会における生涯学習政策フォーラム  を開催し 高齢者の主体的な地域参画に関する事例及び関係者やアクティブシニアのネットワークづくりに関するノウハウを共有し 地域参画に意欲を持つ高齢者と活動の場を結びつける環  境整備を促進する。

●事業内容
上記の趣旨を踏まえたフォーラムの企画・運営業務全般を委託する。フォーラムでは以下の内容を実施することとする。
 高齢者の主体的な地域参画に関する先導的な取組事例の紹介
 高齢者の学習環境及びネットワークづくりについての研究討議
 その他、高齢者教育に関する取組の先駆者や専門家からの講演 

●対象団体
任意団体は下記1〜4を全て満たすものとする。
1.定款、寄付行為又はこれらに類する規約等を有すること
2.団体等の意思を決定し 執行する組織が確立されていること
3.自ら経理し 監査する等会計組織を有すること
4.団体活動の本拠としての事務所を有すること

●助成金額
1件の上限額  1,200,000円

4.お問い合わせ先
〒100-8959 東京都千代田区霞ヶ関3−2−2
文部科学省生涯学習政策局社会教育課図書館振興係 (担当 村上)
TEL 03-5253-4111(代)(内線2970)
FAX 03-6734-3718
E-mail syakai@mext.go.jp

5.詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www-gpo3.mext.go.jp/MextKoboHP/list/kpdispDT.asp?id=KK0007456

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 09:37| 補助助成

2017年05月19日

2017年度 東海ろうきん傍楽ファンド

1. 名称
2017年度 東海ろうきん傍楽ファンド

2. 締切期日
2017年5月10日〜2017年6月23日

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
『今年度も「働く人を応援する」取り組みを応援します』

(1)「東海ろうきん傍楽(はたらく)ファンド」は 東海労働金庫の「働く人の夢と共感を創造する」という経営理念から 働く人を応援する市民公益活動団体(NPO)をサポートするしくみとして設置されました。「働く」の語源のひとつとされる「傍楽」(身近な人を楽(らく)にする)という基金名に 誰もが喜びを持って共生できる社会の実現に向けた思いが込められています。

(2) また、本ファンドは 東海労働金庫の役職員による助成事業への参加を促し、実際に助成先へ関わる機会をつくることも目的としています。
助成事業を通して東海ろうきんの役職員を巻き込み 自団体の組織基盤強化につなげることで ひとりでも多くの働く人の夢と共感を創造したい助成先を募集します。
ふるってご応募ください。

●対象団体
(1)愛知県内に事務所を置く市民公益活動団体(NPO法人・社団法人・財団法人・社会福祉法人・任意団体など、法人格の有無は不問)
(2)「募集説明会」もしくは「個別相談会」に参加している団体
(3)「働く人を応援する」事業を継続的に実施している団体
(4)以下のいずれにも該当しない団体
・個人的な活動や趣味的なサークルなどの団体
・政治活動や宗教活動を主たる目的とする団体
・暴力団、その他法令、公序良俗等に違反する団体
(5)公益コミュニティサイト「CANPAN」に団体登録し、情報開示レベル★5つを取得している団体
(6)採択決定後、東海労働金庫に助成金の受取口座を開設できる団体
(7)情報公開、取り組みへの取材、報告書の提出・公表、事業報告会への参加に同意する団体

●助成金額 (1件の上限額 なし)

●募集説明会
(1) 半田と一宮の2会場で「募集説明会」を開催します。当日は昨年度の助成先2団体をゲストにお招きし 助成事業で行った「東海労働金庫との協働」や「協働した結果どうなったか?」に
   ついてお話いただきます。
(2)「東海ろうきん傍楽ファンド」への応募を検討している方も 企業との協働について興味がある方も どなたでも大歓迎です。みなさんのご参加をお待ちしています!
(3) 本ファンドに申請するには「募集説明会」もしくは「個別相談会」への参加が必須となります。ただし 過去に開催した本ファンドの「募集説明会」「個別相談会」に参加した団体は
  今年度の参加を免除します。

4. お問い合わせ先
〒461-0002 愛知県名古屋市東区代官町39-18
日本陶磁器センタービル5F 5-D号室
NPO法人中部リサイクル運動市民の会内

公益財団法人あいちコミュニティ財団 事務局 (担当 佐藤、長谷川)
TEL 052-936-5101
FAX 052-982-9089
E-mail office@aichi-community.jp
  
5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://aichi-community.jp/news/21704

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 09:44| 補助助成

平成29年度 施設整備等助成事業

1. 名称
平成29年度 施設整備等助成事業

2. 締切期日
2017年5月31日(水)

3. 対象団体と事業内容と補助・助成
社会福祉法人、特定非営利活動(NPO)法人が運営する社会福祉施設等に対する施設整備等の助成事業を行っています。

●事業内容
主な対象事業は 福祉車両、送迎用車両、特殊浴槽等備品の購入又は施設の設置、増改築及び各種修繕工事等で 各種施設の運営に必要なものとなっています。

4. お問合せ先    
中央競馬馬主社会福祉財団
TEL 03(5472)5581 
FAX 03(5472)5584

5. 詳細情報
この事業の助成金の申請は 各地の日本中央競馬会の競馬場にある馬主協会又は各都道府県共同募金会で受付けていますので
応募等の詳細については 本ホームページを一読のうえ 各馬主協会・共同募金会又は本財団に問合せ下さい。

http://www.jra-umanushi-hukushi.or.jp/29-jyosei/29-jyosei-2

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 09:41| 補助助成

2017年05月18日

第2回 平成29年度 芸術文化振興基金(映画製作への支援)

1. 名称
第2回 平成29年度 芸術文化振興基金(映画製作への支援)

2. 締切期日
2017年5月25日(木)〜5月31日(水) 消印有効

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
我が国の優れた映画の製作活動を奨励し その振興を図るため 日本映画の製作活動を助成します。

●対象団体
(1)法人格を有する団体
(2)法人格を有しないが 定款の要件を全て充たしている団体

4.お問合せ先と詳細情報
(独)日本芸術文化振興会
ホームページをご参照ください。
http://www.ntj.jac.go.jp/kikin/grant/applicant/download04.html

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 木全)
posted by iCASC2 at 09:02| 補助助成

2017年度 社会福祉助成事業

1. 名称
2017年度 社会福祉助成事業

2. 締切期日
2017年5月1日〜2017年6月30日

3. 対象団体と事業内容と補助・助成
社会福祉法人、特定非営利活動法人の非営利法人及び任意団体又グループ
(5人以上で構成)とし 営利法人と個人は除きます。

●事業内容
障害児者に関する事業で 先駆的・開拓的な事業を優先します。

●助成金額
1件の上限額  1,000,000円


4. お問い合わせ先
〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-1-5 みずほ銀行内幸町本部ビル
公益財団法人 みずほ福祉助成財団
TEL (03) 3596-5633
FAX (03) 3597-2137
E-mail BOL00683@nifty.com


5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://mizuhofukushi.la.coocan.jp/bosyu/bosyu01.html

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 木全)
posted by iCASC2 at 09:01| 補助助成

2017年05月16日

2017年度「第1回 日本女性学習財団 未来大賞」レポート 募集

1. 名称
あなたの未来をひらく
2017年度「第1回 日本女性学習財団 未来大賞」レポート 募集

2. 締切期日
2017年8月31日(木)【当日消印有効】

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
●テーマは「出発・再出発」

(1)男女協働参画社会 多様な人々が生きやすい社会の実現に向けて 次の一歩を踏みだしたい/踏みだした人(踏みだす人を支援する人・グループでも可)の思いや
その過程などをまとめたレポートを募集し 優秀作を表彰します。

(2)レポートの内容は 家庭、仕事、学校生活、地域活動。女性運動、NPOおよびNGO活動、社会教育・生涯学習活動、震災経験や復興に向けた営みなど、はば広い領域を対象とします。

●対象団体
趣旨に関心をお持ちの個人およびグループ。性別・国籍を問いません。
未発表のものに限ります。

●補助・助成
大賞 1篇(奨励金 10万円)

4. お問い合わせ先
〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-8 日本女子会館5階
公益財団法人日本女性学習財団 第1回未来大賞係
E-mail jawe@nifty.com
http://www.jawe2011.jp/

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.jawe2011.jp/nii_awards/index2017.html

●応募のための説明会
募集の趣旨や応募規定、選考基準など、応募に関するご質問にお答えします。お気軽にご参加ください。

日時 2017年5月25日(木)13:30〜14:30
会場 日本女子会館5階 スペースWe learn(ウィラーン)
(最寄駅 JR浜松町、都営浅草線/都営大江戸線大門、都営三田線芝公園)
資料代 350円
定員 20人(先着順)

申込:ホームページからお申し込みください。
メール(jawe@nifty.com)またはお電話(03-3434-7575)でもお申し込みいただけます。
参加が選考に関係することは一切ありません。

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 09:24| 補助助成