2018年02月26日

子ども思いの森 生きるちからファンド2018募集

1. 名称
子ども思いの森 生きるちからファンド2018募集

2. 締切期日
2018年4月20日(金) 必着

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
地域に根ざしてアクティブに、子どもたちの生きるちから(考えるちから、伝えるちから、繋がるちから)を育む市民活動団体(NPO)や個人の活動を支援するために設立した公募型の基金です。

●対象団体
・子どもたちを対象に私たちが考える生きるちから(考えるちから、伝えるちから、繋がるちから)を育む活動を続けている市民活動団体(NPO)及び個人

●助成金
1事業30万円以下(単年度補助)
○代表者が学生の場合、1事業に対して10万円以下(単年度補助)

4. 応募先
〒420-0031 静岡県静岡市葵区呉服町1-3-14 YS静岡呉服町ビル7F
池田屋 子ども思いの森事業部
「子ども思いの森 生きるちからファンド」受付係

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://kodomoomoinomori.jp/

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 13:53| 補助助成

2018年02月24日

2018年度(第16回)ドコモ市民活動団体への助成

1. 名称
2018年度(第16回)ドコモ市民活動団体への助成

2. 締切期日
2018年03月31日(土)

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
子どもの健全な育成を支援する活動
1.不登校・ひきこもりの子どもや保護者に対する精神的・物理的な支援、復学・社会的自立支援活動(フリースクール、カウンセリングなど)
2.児童虐待やドメスティック・バイオレンス(DV)、性暴力などの被害児童・生徒や社会的擁護を必要とする子どもの支援、及び虐待防止啓発活動
3.非行や犯罪から子どもを守り、立ち直りを支援する活動
4.子どもの居場所づくり(安心安全な居場所の提供、子どもの不安や悩みに対する相談活動など)
5.障がい(身体障がい・発達障がいなど)のある子どもや難病の子どもの支援活動(療育活動、保護者のピアサポート活動など)
6.マイノリティ(外国にルーツを持つ、LGBTなど)の子どもを支援する活動
7.地震・台風などの自然災害で被災した子どもたちへ支援する活動
8.上記1〜7以外で「子どもの健全な育成」を目的とした支援活動 
経済的困難を抱える子どもを支援する活動
1.学習支援活動
2.生活支援活動
3.就労支援活動
4.上記1〜3以外で「経済的困難を抱える子どもを支援」を目的とした活動
●対象団体
(1)日本国内に活動拠点を有する民間の非営利活動団体でNPO法人などの法人格を有するもの または取得申請中の団体で6月末までに法人登記が完了見込みの団体。なお、活動実績が2年以上であること(法人格を有する以前の活動実績を含みます)
(2)複数の団体が連携した協働事業の場合は 代表申請団体が上記(1)の要件を満たしていることを条件とします。
(3)任意団体については、5人以上のメンバーで構成され、かつ2年以上の活動実績があること、また、ホームページ、SNS(フェイスブック等)による定期的な情報発信を行っており、会則、規定またはそれに相当する文書を有している団体としています。なお、応募にあたっては、活動する地域の中間支援組織(NPO支援センターなど)からの推薦があることを条件とします。
(4)助成決定後、申請事業の活動計画に基づいた目標設定、四半期ごとの経過報告、効果検証、活動成果の作成・公表等について、実施いただける団体。
(5)申請事業の活動状況について、ホームページ、SNS(フェイスブック等)による定期的な情報発信に了承いただける団体。
●助成金額
助成総額 3,500万円(上限)
子どもの健全な育成を支援する活動上限額は70万円、経済的困難を抱える子どもを支援する活動上限額は100万円。

4. お問合せ先
NPO法人 モバイル・コミュニケーション・ファンド(MCF)事務局
〒100-6150 東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー41F
TEL:03-3509-7651(平日10時〜18時)
E-mail:info@mcfund.or.jp

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.mcfund.or.jp/
※詳細については、必ず主催者発表のものをご確認ください。


CCI20180224_0000.jpg

CCI20180224_0001.jpg

---------------------------------------------------------------------
スタッフ松嶋
posted by iCASC2 at 09:56| 補助助成

2018年02月16日

第30回 地域福祉を支援する「わかば基金」

1. 名称
第30回 地域福祉を支援する「わかば基金」

2. 締切期日
2018年2月1日(木)〜2018年3月30日(金)

3. 事業内容と対象団体と詳細情報
〜3つの方法で ボランティアグループやNPOの活動を応援します〜
地域に根ざした福祉活動を展開しているグループが活動の幅を広げるための支援をしています。
福祉にとって厳しい時代だからこそ「わかば基金」は地域に芽吹いた活動をもっと応援していきます。

●部門
1.支援金部門
2.リサイクルパソコン部門
3.災害復興支援部門

●対象団体
地域に根ざした福祉活動を行っているグループ
任意のボランティアグループまたはNPO法人

●助成金額 (1件の上限額 なし)

4. お問い合わせ先
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-4-1
NHK厚生文化事業団「わかば基金」係
TEL 03-3476-5955
E-メール info@npwo.or.jp

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
https://www.npwo.or.jp/info/7341

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 木全)
posted by iCASC2 at 09:07| 補助助成

2018年02月15日

平成30年度 子どもゆめ基金助成金【二次募集】

1. 名称
平成30年度 子どもゆめ基金助成金【二次募集】

2. 締切期日
(1)郵送受付 2018年5月1日(火)〜2018年6月 5日(火)
(2)電子受付 2018年5月1日(火)〜2018年6月19日(火)

3. 対象団体と事業内容と補助・助成
公益・一般財団法人、公益・一般社団法人、NPO法人など青少年教育に関する事業を行う民間の団体
●助成金額 (ホームページをご参照ください)

4. お問い合わせ先と詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://yumekikin.niye.go.jp/jyosei/index.html

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 木全)
posted by iCASC2 at 09:09| 補助助成

2018年02月08日

平成30年度 タカラ・ハーモニストファンド助成事業

1. 名称
平成30年度 タカラ・ハーモニストファンド助成事業

2. 締切期日
2018年2月1日(木)〜2018年4月6日(金)必着

3. 事業内容と対象団体と詳細情報
(1)〜(3)の内容に関する実践的な活動に対して 助成を行います。

(1)日本国内の森林・草原、木竹等の緑を保護、育成するための活動
(2)日本国内の海、湖沼、河川等の水辺の良好な自然環境を整備するための活動。
(3)日本国内の緑と水に恵まれた良好な自然環境の保全および創出に資するための活動。


●対象団体

●任意団体
助成金の使途が助成の目的に沿って適確であり 代表者または管理者の定めのある団体で 役員その他機関の構成 選任方法 その他事業の運営に重要な事項が 特定の者 あるいは特別の関係者等の意志に従わずに 運営されている団体。また 特定の者等に特別の利益を与えていない団体。

●個人
助成金の使途が助成の目的に沿って適確であり、当該事業に係わる施設の利用や助成金の使途等の面で本人あるいは親族など特別な関係のある者に特別の利益を与えない者。

※より多くの研究・活動に幅広く助成するため、過去にタカラ・ハ−モニストファンドの助成を受けていない応募者(個人・団体)を優先する。

●助成金額 (1件の上限額 なし)

4. お問い合わせ先
〒600-8008 京都市下京区四条通烏丸東入長刀鉾町20
公益信託 タカラ・ハーモニストファンド事務局
みずほ信託銀行株式会社 京都支店 営業第2課 (大木、古儀、梶間)
TEL 075-211-6231
FAX 075-212-4915

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
https://www.takarashuzo.co.jp/environment/fund/yoko.htm

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 木全)
posted by iCASC2 at 14:58| 補助助成

2018年02月04日

平成30年度 中部地域づくり協会NPO助成

1. 名称
平成30年度 中部地域づくり協会NPO助成

2. 締切期日
平成30年2月1日(水)〜平成30年2月22日(木)
平成30年2月22日の消印のあるものまでを有効とします。
持参の場合の受付時間は 9:15〜18:00 とします。

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
特定非営利活動促進法(以下「NPO法」という)に規定する次の各条項全てに適合する団体で、
かつ本要領に規定する「NPO団体の協力事項」を遵守できる団体を助成対象とします。

(1) NPO法第13条に基づき設立登記された団体
(2) NPO法第29条に基づく事業報告書等を所轄庁に提出する等の法人義務を果たしている
団体
(3) 岐阜県、静岡県、愛知県、三重県及び長野県の上伊那・飯伊・木曽地域にNPO法第11条
第1項第4号に基づく事務所等が所在する団体

4. お問合せ先
〒460−8575
名古屋市中区丸の内3−5−10 名古屋丸の内ビル8F
一般社団法人中部地域づくり協会 業務部管理部業務課 NPO助成募集係
TEL 052−962−9455 / FAX 052−950−1178
受付時間 : 9:15〜18:00(土日祝を除く)

5. 詳細情報
http://www.ckknet.jp/chiiki/chiiki/shien/npo/index.html
posted by iCASC2 at 09:32| 補助助成

平成30年度女性のチャレンジ賞候補者の公募

1. 名称
平成30年度女性のチャレンジ賞候補者の公募

2. 締切期日
平成30年2月23日(金)まで(必着)

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
男女共同参画社会の形成の促進にあたっては、誰もが自らの意欲と能力によって自分の未来を切り開いていくこと、夢や志を実現することが可能であると信じられるような、柔軟で活力ある社会にしていくことが大切です。
しかし、現状では、女性が、変化に応じ、様々な分野でチャレンジし、豊かさを感じられる生活を送るために、多様な選択肢がある中から、自分にとって適切な選択を行うための具体的イメージを描くことが難しい状況です。
そこで、起業、NPO法人での活動、地域活動等にチャレンジすることで輝いている女性個人、女性団体・グループ及びそのようなチャレンジの支援等を行う個人、団体・グループを顕彰し、チャレンジの身近なモデル等を示すことによって、男女共同参画社会の実現のための機運をさらに高めていきます。

4. お問合せ先
内閣府男女共同参画局総務課 女性のチャレンジ賞担当
〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話 03-5253-2111(代表)
FAX 03-3581-9566

5. 詳細情報
http://www.gender.go.jp/public/commendation/women_challenge/boshu.html
posted by iCASC2 at 09:32| 補助助成

タケダ・赤い羽根 広域避難者支援プログラム

1. 名称
タケダ・赤い羽根 広域避難者支援プログラム

2. 締切期日
応募受付期間:2018年1月27日(土)〜2018年2月12日(月・祝)※当日必着

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
中央共同募金会は、東日本大震災をきっかけに被災3県外に避難された広域避難者の方々の暮らしを支え
るため、2018年度までの5年間にわたり、武田薬品工業株式会社からのご寄付をもとに、支援事業を展開する
団体への助成を実施しています。
これまで、本プログラムは事業の資金援助とともに、個別研修、報告会の開催、訪問支援等の実施を通して、
各地域の支援団体による、避難者のニーズに添った支援を継続・発展させてきました。一方、広域避難者を取り
巻く状況は、避難指示区域の解除や住宅支援の打ち切り等によって新たな課題が生じ、さらなる支援が必要と
されています。
そこで、本プログラムの最終助成となる2018年度は、避難先の地域に支援を根付かせるための事業や、地域
のさまざまな機関・団体とのネットワークを築いていく事業などを募集いたします。
なお、助成団体は公募のうえ、中央共同募金会に設置する審査委員会の選定により決定します

4. お問合せ先
社会福祉法人 中央共同募金会 (担当:戸石)
〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル5階
TEL:03-3581-3846
メール:takeda-p@c.akaihane.or.jp
【プログラムチーム構成団体】
[事業強化・研修担当]
特定非営利活動法人日本NPOセンター (担当:山本)
http://www.jnpoc.ne.jp/
メール:shinsai01@jnpoc.ne.jp
[助成団体サポート担当]
東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN) (担当:橋本・津賀)
http://www.jpn-civil.net/
メール:kouiki@jpn-civil.net

5. 詳細情報
http://akaihane.or.jp/kouikihinan/subsidy/dantai.html
posted by iCASC2 at 09:31| 補助助成

2018年01月29日

第7回 杉浦地域医療振興助成(活動分野)

1. 名称
第7回 杉浦地域医療振興助成(活動分野)

2. 締切期日
2018年2月28日(水)

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
人類未曾有の超高齢社会を迎えて「地域包括ケアの実現」とともに「健康寿命の延伸」が課題となっています。
そこで 医師、薬剤師、看護師等の医療従事者及び介護福祉従事者等の多職種が連携して「地域包括ケアの実現」「健康寿命の延伸」の推進に寄与する活動を助成します。

●対象分野
「地域包括ケアの実現」「健康寿命の延伸」に関する住民参加型の活動で、既に行っている、またはこれから行おうとしているもの

●対象団体
日本国内で活動する個人、団体

●助成金額 (活動分野 1件 50万円)

4. お問合せ先
〒474-0011 愛知県大府市横根町新江62番地の1
公益財団法人杉浦記念財団
TEL 0562-45-2731
FAX 0562-45-2732

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://sugi-zaidan.jp/assist_decoration/boshuyoko.html

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 13:27| 補助助成

2018年01月23日

第3回 日本全国! 地方創生ビジネスプランコンテスト「カンガルー」

1. 名称
第3回 日本全国! 地方創生ビジネスプランコンテスト「カンガルー」

2. 締切期日
2018年1月9日(火)〜2018年2月9日(金)

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
・地方創生をテーマとしたビジネスプランを募集します。
・皆さんと地方創生に関する熱い思いを共有しあう「場」を設けたいというのが開催の最大の目的です。まったくのアイデア段階という方もOKです。
・あなたの地方創生のアイデアを思い切りぶつけてください。

●対象団体
・起業・地方創生に興味のある学生、若手社会人(29歳以下)
・全くのアイデア段階の方でもOK(個人・チームともに可)
・全国どの地域を対象にしたプランでもOK(日本全国共通のテーマもOK)

●助成金額 (1件の上限額  1,000,000円)

4. お問い合わせ先
ビジネスプランコンテスト事務局
(セイノーホールディングス株式会社 渡邉 小原)
TEL 0584-82-5091
メール seino-bpc@seino.co.jp

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
https://www.seino-bizcon.com/

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 安田)
posted by iCASC2 at 08:53| 補助助成

2018年01月18日

第19回 社会貢献基金助成公募のお知らせ

1. 名称
第19回 社会貢献基金助成公募のお知らせ

2. 締切期日
2018年2月28日(水) 必着

3. 事業内容と対象団体と詳細情報

〜様々な社会貢献活動を応援します〜

地域の種々の災害の救済、社会福祉事業、環境保全事業、地域つながり事業、冠婚葬祭継承など社会貢献活動を行う各種団体等への助成をしています、
以て日本の生活文化と地域社会の発展に寄与することを目的としています。


(1)高齢者福祉事業

心身の機能が低下した高齢者などを対象に、一般的な在宅福祉対策で対応困難な分野や従来の施策等では十分福祉の推進が図られていない分野での支援活動。または、ニーズの高さ等地域の実情に照らし必要と認められる高齢者の自己実現・自己表現を図るための支援活動や福祉活動。


(2)障害者福祉事業

重複障害、難病に起因する障害を持った障害児・者を対象に 一般的な在宅福祉対策では対応困難な分野や従来の諸施策等では十分福祉の推進が図られていない分野での支援活動。またはニーズの高さ等地域の実情に照らし必要と認められる障害児・者の自己表現・自己実現を図るための支援活動や福祉活動。


(3)児童福祉事業

保護者等が死亡又は著しい後遺障害のため働けなくなった家庭の児童、引きこもり、不登校の児童を対象とした支援・慰問活動、その他児童の健全育成等に関するボランティア活動。


(4)環境・文化財保全事業

日本国内における植林、野生生物保護、公害防止等の活動、地域の住民の参加を経て行う文化財保護活動、リサイクル活動その他地域住民にとって重要な意義を有する実践活動。


(5)地域つながり事業(新設)

地域の様々なプレイヤーが連携して行う地域活力を高めるための事業。


(6)冠婚葬祭継承事業(新設)

我が国の伝統文化、伝統儀式である冠婚葬祭文化を振興し次世代に繋いでいくための事業。

●対象団体
非営利組織(財団法人、社団法人、社会福祉法人、NPO法人、その他任意団体、市民ボランティアグループも対象となります)


●助成金(1件当たりの助成額上限は200万円とします)


4. お問い合わせ先
(一財)冠婚葬祭財団 事務局 助成金担当
(受付時間 月〜金・午前10時〜午後5時)
TEL 03-3500-4211


5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.ceremony-culture.jp/social/fund/content01/#bosyuyoko

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 木全)
posted by iCASC2 at 16:11| 補助助成

2018年01月17日

平成30年度 子どもたちの未来により良い社会を「つなぐ助成金」 助成先募集

1. 名称
平成30年度 子どもたちの未来により良い社会を「つなぐ助成金」 助成先募集

2. 締切期日
2018年1月22日(月) 必着

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
 児童の社会的養護施設、又は養護施設に入居する児童や社会的ハンディキャップを抱える子供たちを支援する団体や事業プロジェクトに助成を行うことにより児童の心身の健全な育成に貢献することを目的としています。この目的に合致した 優れた活動及び これを推進する団体機関を支援するための助成先募集を行います。

1. 恵まれない子供たちが地域社会などと関わりを持ちながら、より人間らしく健全に成長できるための直接支援活動
2. 単発的レクリエーション活動ではなく、社会的ハンデを抱えた子どもたちの中長期的な生育環境改善に資する活動
3. 助成によりどのように点が充実、発展するのかが明確である活動


●対象団体
(1) 社会福祉法人、NPO法人、任意団体等 (NGOやボランティア団体等)
(2) 設立後1年以上の活動実績を有する団体 (基準日 平成30年1月31日)


●助成金額(1件あたり20万円を基準)


4. お問い合わせ先
公益財団法人つなぐいのち基金
お問合せフォーム
http://tsunagu-inochi.org/contactus/

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://tsunagu-inochi.org/notice/application-for-grants/

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 木全)
posted by iCASC2 at 16:15| 補助助成

平成30年度 社会福祉振興助成事業(WAM助成)

1. 名称
平成30年度 社会福祉振興助成事業(WAM助成)

2. 締切期日
2018年1月29日(月)書類必着

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
政策動向や国民ニーズを踏まえ、民間の創意工夫ある活動や地域に密着したきめ細かな活動等に対して助成を行い 高齢者・障害者が自立した生活を送れるように
また 子どもたちが健やかに安心して成長できるよう必要な支援を行うことを目的とします。


(1)地域連携活動支援事業(助成金額 50万円〜700万円)

地域の多様な社会資源を活用し 複数の団体が連携やネットワーク化を図り 社会福祉諸制度の対象外のニーズ その他地域の様々な福祉ニーズに対応した地域に密着した事業(同一都道府県内)

(2)全国的・広域的ネットワーク活動支援事業(助成金額 50万円〜900万円)

全国又は広域的な普及・充実等を図るため、複数の団体が連携やネットワーク化を図り 相互にノウハウを共有し 社会福祉の振興に資する創意工夫ある事業又は社会福祉施策等を補完若しくは
充実させる事業

●対象団体
社会福祉の振興に寄与する事業を行う営利を目的としない次の法人又は団体
社会福祉法人、医療法人、公益法人(公益社団法人又は公益財団法人)NPO法人(特定非営利活動法人)一般法人(法人税法上の非営利型法人の要件を満たす一般社団法人又は一般財団法人)
その他社会福祉の振興に寄与する事業を行う法人。


4. お問い合わせ先
独立行政法人福祉医療機構 NPOリソースセンター NPO支援課
〒105-8486 東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル9階
TEL 03-3438-4756
FAX 03-3438-0218


5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://hp.wam.go.jp/guide/jyosei/H30boshu/tabid/2684/Default.aspx

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 木全)
posted by iCASC2 at 11:48| 補助助成

2018年01月11日

平成30年度 中央共同募金会「赤い羽根福祉基金」助成

1. 名称
平成30年度 中央共同募金会「赤い羽根福祉基金」助成

2. 締切期日
2018年1月24日(水)

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
〜本基金では全国で共通する生活課題や福祉課題の解決に向けて取り組む事業に対して 平成30年度助成募集をいたします〜


(1)現在、さまざまな生活課題を抱え 支援を必要としている人々が増加しています。

(2)社会的孤立や生活困窮の状態にある人々への支援、認知症高齢者や障がい児・者への生活支援、児童虐待防止などは喫緊の課題であり 公的制度やサービスの充実とともに 住民による支え合いをはじめ ボランティア・NPO団体等による多様な事業や 地域のさまざまな団体間によるプラットフォームを形成し 連携した活動が期待されています。


●部門
1.子ども家庭支援部門
2.高齢者支援部門
3.障がい児・者支援部門
4.災害関連部門
5.地域福祉部門

●対象団体
社会福祉・地域福祉の推進に寄与する団体で、法人格の有無は問いません。

●助成金額 (1件の上限額 10,000,000円)

4. お問い合わせ先
〒100-0013 東京都千代田区霞が関 3-3-2 新霞が関ビル 5 階
社会福祉法人中央共同募金会 基金事業部(担当 小田・土橋・丁・戸石)
TEL 03-3581-3846
FAX 03-3581-5755

応募書類送信用 E メール kikin-oubo@c.akaihane.or.jp
(お問い合わせ用Eメール kikin@c.akaihane.or.jp)


5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.akaihane.or.jp/hukushikikin/

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 木全)
posted by iCASC2 at 12:05| 補助助成

平成30年度 戦略的芸術文化創造推進事業(一次募集)

1. 名称
平成30年度 戦略的芸術文化創造推進事業(一次募集)

2. 締切期日
2018年1月9日(火)〜2018年1月17日(水)

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
(1)2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会は「スポーツの祭典」であると同時に,「文化の祭典」である。
「文化芸術の振興に関する基本的な方針(第4次基本方針)」においても 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を我が国の文化財や伝統等の価値観を世界に発信するとともに文化芸術が生み出す社会への波及効果を生かして諸課題を乗り越え 成熟社会に適合した新たな社会モデルの構築につなげていくまたとない機会ととらえている。

(2)本事業は この機会を活かし,2020年以降へレガシーを創出するため 国が文化芸術の振興における課題を示し それを解決するための取組を公募,実施することにより 我が国の文化芸術の水準向上と鑑賞機会の充実を図るとともに 文化による国家ブランドの構築と社会的・経済的価値の創出に貢献することを目的とする。


●事業企画
本事業では,我が国の芸術文化の振興における以下の(i)から(iii)に示す課題について,それを解決するための取組を募集します。(詳細は,公募要領を参照してください。)

(i) 我が国の文化芸術による国家ブランドの構築と社会的・経済的価値の創出や国際発信力を高めるための新たな展開に関する取組
(ii) 地方や離島・へき地において,優れた文化芸術活動を鑑賞・参画する機会を創出する取組
(iii)我が国の有形・無形の文化資源を発掘・活用し,観光,産業,教育,国際交流などにおける施策との有機的な連携により,新たな価値を創出する取組


●対象団体

文化芸術に関して相当の知識を有する団体で,下記(1)から(4)の要件を全て満たす法人格を有する団体又は法人格を持つ団体を中核とする実行委員会。
(1)定款,寄附行為又はこれらに類する規約等を有すること
(2)団体等の意思を決定し,執行する組織が確立されていること
(3)自ら経理し,監査する等会計組織を有すること
(4)団体等の活動の本拠としての事務所を有すること

●助成金額 (1件あたりの上限額 なし)

4. お問い合わせ先

○課題(@)(A)
〒105-8335 東京都港区芝3−23−1 セレスティン芝三井ビルディング
株式会社 JTB コミュニケーションデザイン
戦略的芸術文化創造推進事業事務局
TEL 080−5908−3241(10時から18時)

○課題(B)
〒100−8959 東京都千代田区霞が関3−2−2
文化庁長官官房政策課文化プログラム推進室
TEL 03−5253−4111(内線3108)(10時から18時)


5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.bunka.go.jp/shinsei_boshu/kobo/1399423.html

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 木全)
posted by iCASC2 at 09:58| 補助助成

2018年01月09日

第19回北川奨励賞

1. 名称
第19回北川奨励賞

2. 締切期日
2018年1月12日(金)

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
(1)難病や障がいを持つ子どもへの支援の輪は年々広がりをみせておりますが、社会への理解を含めてまだまだ十分とは言い切れません。
そして そのための医療・保健・福祉の社会的活動をしている方々も、活動に対する資金調達に日々苦労されているという現状があります。

(2)本賞は「難病や障がいのある子どもおよびその家族を支援する団体等」を対象としており「受賞によって、一層の活動が期待でき、かつ各方面の助成を受け難い立場の応募者を優先する」とともに、「地道な活動に対して継続した支援を行っていける」ことを期待するものです。
各支援された団体等を通じて当協会の社会貢献活動の内容を広く公開することにより支援活動の輪をさらに広げ、一層の公益の増進に寄与しようとするものです。

●対象団体
難病や障がいをもつ子ども達とその家族に対して社会医学的な実践、セルフヘルプ活動、又はボランティア活動を進めており、すでに何らかの実践を行っている個人、
または比較的規模の小さなグループ等。

●助成金額(1件の上限額 500,000円)

4. お問い合わせ先
〒231-0006 神奈川県横浜市中区南仲通3丁目30番地
スギヤマビル3階 堤税理士事務所内
特定非営利活動法人 コーポレートガバナンス協会
北川賞事務局(橋)
TEL(代表) 045-263-6965
FAX     045-263-6966
E-MAIL info@teamcg.or.jp
URL http://www.teamcg.or.jp/

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.teamcg.or.jp/kaward/guide19.htm

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 09:45| 補助助成

2017年12月27日

第49回(平成30年度)社会福祉事業

1. 名称
第49回(平成30年度)社会福祉事業

2. 締切期日
2017年12月19日(火)〜2018年1月16日(火)

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
現行制度上、公の援助を受け難い、開拓的ないし実験的な社会福祉を目的とする民間の事業(原則として法人に限る)

●対象団体
日本国内において事業の継続的拠点を有するもの(国籍等は不問)

●助成金額 (1件の上限額  なし)

4. お問い合わせ先
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2丁目3番1号(三菱商事ビル21階)
公益財団法人三菱財団事務局
TEL 03-3214-5754
FAX 03-3215-7168
E-mail info@mitsubishi-zaidan.jp


5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.mitsubishi-zaidan.jp/support/welfare.html

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 木全)
posted by iCASC2 at 13:20| 補助助成

2017年12月26日

2017年度「連合・愛のカンパ」助成

1. 名称
2017年度「連合・愛のカンパ」助成

2. 締切期日
2018年1月31日(水) 【必着】

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
新たに始める、地域における「ふれあい・助け合い活動」
高齢者・子ども・障がい児(者)を含めた地域ぐるみの助け合い・支え合い活動

●対象団体
ふれあい・助け合い活動団体・グループに限定
助け合い活動を主たる目的とする任意団体、NPO法人、グループ、サークル。

●助成金
上限15万円まで (19団体を目途に助成)

4. お問い合わせ先
〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-8 日本女子会館7階
公益財団法人さわやか福祉財団(立ち上げ支援プロジェクト)
TEL03−5470−7751

5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
https://www.sawayakazaidan.or.jp/news/2017/20171208.html

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 長尾)
posted by iCASC2 at 12:18| 補助助成

2017年12月20日

2018年度「未来につなぐふるさと基金」募集

1. 名称
2018年度「未来につなぐふるさと基金」募集

2. 締切期日
2018年1月10日(水) 【当日消印有効】

3. 事業内容と対象団体と補助・助成
〜生物多様性の大切さを伝える活動を応援します〜

(1)生物多様性の保全
協働団体が実施する市民参加型プログラムを通じて、生物多様性の保全を目指します。

(2)プログラム参加者に向けた啓発
市民参加型プログラムを通じて、参加者に向けた啓発に取り組みます。

(3)社会に向けた啓発
協働団体から提供される生物多様性に関する情報発信用コンテンツ(写真・動画・解説文など)をキヤノンホームページ内の生物多様性サイトに掲載します。
また、様々な情報発信媒体を通じて、社会に向け生物多様性の啓発に取り組みます。


●対象プログラム
1.【たべる】地域で生産された農産物を、その地域で飲食することを通じて、農産物そのものやそれを取り巻く気候・風土への関心を広げる活動
 (例)米や野菜の生育環境の学習

2.【ふれる】自然や動植物とのふれあいを通じて、生物のつながりを体験する活動
 (例)自然探検ツアー、昆虫の観察

3.【つたえる】自然や動植物を観察し、記録・表現する活動
 (例)生き物観察マップづくり、生き物フォトコンテストや写真展の開催

4.【まもる】自然や生きものを調査・保全・再生する活動
 (例)里山の保全や干潟の清掃


●助成金額 (1団体あたり50万円)


4. お問い合わせ先
〒104-0043 東京都中央区湊2-16-25-202
公益財団法人 パブリックリソース財団
未来につなぐふるさと基金 事務局(担当 新井)
TEL 03-5540-6256 (月〜金 10:00〜17:00)
FAX 03-5540-1030

5. 詳細情報
ホームページをご参照をください。
http://www.public.or.jp/PRF/fund/fund_03/

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 木全)
posted by iCASC2 at 16:21| 補助助成

2017年12月14日

2018年度 全日本社会貢献団体機構 助成事業

1. 名称
2018年度 全日本社会貢献団体機構 助成事業

2. 締切期日
2017年12月15日(金) 17:00 【原本及びデータ必着】

3. 事業内容と対象団体と補助・助成

●子どもの健全育成支援

少子高齢化が進む中で 21世紀の社会が活力ある豊かな社会となることを目的に 次代を担う子どもたちがたくましく健やかに成長することを願う。

(1) 子どもの情操発達支援
(2) 子どもの体力向上支援
(3) 子どもの国際交流
(4) 子どもと異年齢・異世代の交流
(5) 子どもの伝統文化継承
(6) 子どもの療育支援
(7) 障がい児と健常児の交流
(8) 親と子の絆を育む
(9) 母親の育児支援
(10) その他子どもの健やかな成長を支援する


●災害復興コミュニティ支援 (地震・水害などの大規模災害等)

東日本大震災、熊本地震や 九州北部豪雨による大規模災害被災地で 安定した生活を取り戻すことを願う。

1. 地域の人々と共に取り組むコミュニティの復興・再生・活性化
2. 被災者の生きがいを支援するコミュニティの復興・再生・活性化
3. 被災した子どもたちを元気にするコミュニティの復興・再生・活性化
4. その他被災者を支援するコミュニティ復興・再生・活性化

●対象団体
・民間の非営利組織であること(法人格の有無や種類を問いません)
・日本国内に事務所・連絡先があること

●助成限度額 (1件300万円)

4. お問い合わせ先
〒162-0844 東京都新宿区市谷八幡町16 市ヶ谷見附ハイム103
全日本社会貢献団体機構 事務局
TEL 03-5227-1047
FAX 03-5227-1049
E-Mail josei-jigyo@ajosc.org

(※受付時間 平日月〜金 10:15〜17:30)


5. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://www.ajosc.org/subsidy/application.html

---------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。(スタッフ 木全)
posted by iCASC2 at 13:05| 補助助成